エンタメ

蒼井優史上「最も嫌な女」を堪能できる映画

映画評論家・秋本鉄次のシネマ道『彼女がその名を知らない鳥たち』 配給/クロックワークス 新宿バルト9ほかで全国公開中 監督/白石和彌 出演/蒼井優、阿部サダヲ、松坂桃李、竹野内豊、村川絵梨ほか 『凶悪』、『日本で一番悪い奴ら』など、近年、反モラルな映画を撮らせたら当代一で、ご贔屓の白石和彌監督が、蒼井優、阿部サダヲ、松…

つづきを見る

二宮和也が天才料理人を演じる「アンチ・グルメ」なミステリー映画

映画評論家・秋本鉄次のシネマ道『ラストレシピ~麒麟の舌の記憶~』 配給/東宝 TOHOシネマズ新宿ほかにて全国公開中 監督/滝田洋二郎 出演/二宮和也、西島秀俊、綾野剛、宮﨑あおいほか “伝説の料理”とか“究極のグルメ”とかにあまり興味がなく、ありふれた料理を普通においしく食べられればそれでオッケー、と思うボクである。…

つづきを見る

宮崎駿監督の新作映画の原作がじわじわヒット中

アニメ映画監督の宮崎駿氏が10月28日、早稲田大学で開催された新宿区立漱石山房記念館の開館記念イベント『漱石と日本、そして子どもたちへ』で講演し、1000人近くの来場者の前で、すでに新作の制作に取り掛かっていることを発表した。タイトルは『君たちはどう生きるか』。来場者はまさかのサプライズに一斉に驚きの声を上げ、その後、…

つづきを見る

ハロウィングッズがぬるく見える昭和の超絶ドッキリ玩具

今年もコスプレをした若者たちがハメをはずしてバカ騒ぎする光景が、あちこちの繁華街で見られました。 日本ですっかり定着した感のある『ハロウィン』ですが、いまの子供たちは100 円ショップで売られているハロウィングッズで大人たちを脅かす楽しみを知るのでしょう。 そういうことなら昭和の子供たちも負けてはいませんでした。駄菓子…

つづきを見る

共感と郷愁を呼ぶ映画「ポンチョに夜明けの風を受けて」

映画評論家・秋本鉄次のシネマ道『ポンチョに夜明けの風を受けて』 配給/ショウゲート 10月28日より新宿武蔵野館ほかにて全国公開 監督/廣原暁 出演/大賀、中村蒼、矢本悠馬、染谷将太、佐津川愛美ほか 青春とは恥多きもの、それでいいのだ、というような作品で、何だか愛着が涌くなあ。ここに描かれる高校最後の旅となるバカ旅行、…

つづきを見る

アラスカ沖に出現した超巨大UFOと秘密基地の「恐るべき目的」

先日、南極の海中に沈む謎のUFOについてお伝えしたが、今度は北極に近いアラスカ沖の海底で、直径4kmにも及ぶ“超巨大なUFO”が『Google Earth』上で発見されたというのだ! このニュースは、イギリスのタブロイド紙『Daily Mail』のオンライン版でも大きく取り上げられ、いま世界中のUFOマニアが注目し、大…

つづきを見る

超古代文明と大量絶滅!? 南極で発見された「巨大UFO」の謎

近年、地球の衛星写真を閲覧できるサービス『Google Earth』から、謎の物体の発見報告が相次いでいる。今回は、なんと南極大陸近くの水中から”謎の巨大UFO”が発見されたというのだ! このニュースは世界中で大きく報じられ、いまマニアの間で注目を集めている。   拡大画像を見てみよう。やはり、水の中にハッキリと円盤の…

つづきを見る

男の欲望が炸裂!洋物メンズマガジンの世界

日本のファッション関係の雑誌の表紙や広告には、西洋人が起用される率が圧倒的に高い。そこには日本人の容姿へのコンプレックスが如実に現れていると言っていいだろう。 ここに『Men’s Adventure Magazines』(Taschen)という1冊の本がある。1950~1970年代のアメリカで発売された男性向きパルプマ…

つづきを見る

死を賭してブームを巻き起こした「エリマキトカゲ」

先日、今年の6月12日に上野動物園で生まれたジャイアントパンダのメスの赤ちゃんの名前が『シャンシャン』(香香)に決まり、久々に明るい話題となりました。 1972年に初めて日本で公開されてから、多少の浮き沈みはあったものの、パンダは動物界の人気者として活躍し続けています。 パンダを最も幸福な珍獣とするならば、最も不幸な珍…

つづきを見る

映画「女になる」性同一障害から性別適応手術へ歩む姿を軽やかに描く

映画評論家・秋本鉄次のシネマ道『女になる』 配給/オリオフィルムズ 10月28日より新宿K’s cinemaにて単館公開 監督/田中幸夫 出演/未悠、みむ、Naoほか たまにはドキュメンタリー映画もどうだろうか。いまの世の中で語るべき、知るべきことをナマの姿で捉えている作品も多い。これは子供のころから女性になることを夢…

つづきを見る