エンタメ

火星で「不可解な墜落物」発見!NASAの極秘作戦か

またも火星表面の衛星写真を公開している『Google Mars』からビックニュースが飛び込んできた! なんと、火星表面で飛行物体がクラッシュし、地中深くめり込んだと思われる“墜落跡”が発見されたというのだ。このニュースはイギリスのタブロイド紙『Daily Mail』でも取り上げられ、マニアを中心に大きな話題となっている…

つづきを見る

【辛気臭すぎる…】思わず笑ってしまう昭和のかるた

お正月に欠かせない遊びのひとつ『かるた』。特に古典的な『百人一首かるた』や『いろはかるた』は“ああ、日本のお正月だな~”と思わせてくれて、なかなかいいもんです。 テレビでアニメが放映され始めた1963年以降は、マスコミキャラクターを使用したカルタが全盛となります。玩具メーカーオリジナルの読み札の文句や絵札には、味わい深…

つづきを見る

あまりに優美だった昭和の「おせち料理」

毎年、年末になるとスーパーにおせち料理のレトルトパックが大量に並ぶ光景を目にする。料亭やデパートなどは高級なおせち料理の予約販売に必死だ。 なぜ、日本人は正月におせちを食べずにはいられないのだろう。 おせちは、“正月の三が日は水仕事を避ける”という建前から、大みそかまでに作っておく保存料理だ。保存食がおいしいわけがない…

つづきを見る

超古代文明の痕跡?南極で発見された「巨大階段」の謎に迫る

また『Google Earth』から大きなスクープが飛び込んできた! 今回はなんとフェイクと思われていた南極の“巨大な階段”が実際に発見され、マニアの間では陰謀論も含め、いま様々な憶測が飛び交っているのだ。 こちらが問題の地点(68°54’57.4″S 88°01’49.9″E)を拡大した画像だ。計測してみると長さ2….

つづきを見る

エイリアンを妊娠させた!? 74歳の老人の記憶

「わしは17歳のとき、エイリアンに童貞を奪われたんじゃ。そのエイリアンは妊娠し、エイリアンと人間のハイブリッドの子供が生まれたんじゃ」 アメリカのニュージャージー州ホーボーケン在住の自称芸術家、デビッド・ハギンス氏が、衝撃的な告白をしている。同氏はエイリアンと数多く遭遇し、その体験を絵にする芸術家だ。イギリスのドキュメ…

つづきを見る

干支の「戌」はなぜ「犬」ではないのか

2018年の干支は『戌(いぬ)』。なぜ“犬”の漢字ではないのだろうか。新たな一年を迎えるにあたり、新年の干支である戌について理解を深めてみよう。 まず、干支とは古代中国で年や日などを表すために使われていた『干支(かんし)』が由来。日本では『干支(えと)』として十二支の動物を指すことが一般的だ。 子・丑・寅・卯……と続く…

つづきを見る

昭和の「パチもの」駄玩具で初笑い

“笑う角には福来る”というわけで、お正月にみんなで初笑いできるお手軽なゲームとして『福笑い』が親しまれてきました。 こちらは古典的なお多福の福わらいです。 プレイヤーは目隠しをしてお多福の輪郭の上に目や鼻や口などのパーツを置いていくのですが、目隠しをしているためにうまく配置できません。出来上がった顔を見てみんなで笑い楽…

つづきを見る

「宝くじ」という名のボッタくりシステム ~その4~

(その3からの続き) ここまで日本ハーデスが“みずほ色”をひた隠すのはなぜか。実は宝くじ販売再委託業者の審査は、宝くじ事務協議会でなく、すべてみずほ銀行が握っており、こうした利権の表面化を怖れているからだ。 次に日本ハーデスが、みずほ銀行から承認を受けた再委託業者ではないという点に言及しよう。ここに宝くじ販売再委託の“…

つづきを見る

新年大人気の「福袋」今年の狙いはこれ!

年初め恒例の福袋。毎年その中身を楽しみに、元旦から街に出掛ける人も多いのではないだろうか。ここでは毎年人気の福袋をチェックしてみよう。 例年、長蛇の列ができるのが『スターバックスコーヒー』の福袋。スタバのコーヒーを楽しめるアイテムの詰まった福袋として大人気なのだが、そのなかでも特に商品の袋になっているオリジナルデザイン…

つづきを見る

月面で発見された「高さ5600メートル」巨大塔の目的は…

またしても『Google Moon』からビックニュースが飛び込んできた。今回はなんと月面に高さが5600メートルにも及ぶ巨大な塔がそびえ立っていたというのだ! 月では、過去にも様々な形をした塔が発見されているが、全長5キロを超える物は前代未聞であり、いま天文マニアを中心に大きな注目を集めている。 こちらが問題の地点(2…

つづきを見る