エンタメ

2365年で技術研究をしてきた「公務員」タイムトラベラー

今年はタイムトラベラーが大量出現し、“タイムトラベル元年”と言えるほどの盛り上がりとなっている。今回はイギリス政府で働いていたと主張する男性が「政府の極秘の仕事で2365年にタイムトラベルした」と明かした。 この男性は「私は公務員でした。2006年のあるとき、ホワイトホール(イギリス政府)から、『2500万円を出すから…

つづきを見る

先ごろ亡くなった名脇役・名和宏を偲ぶ映画『色情大名』

作品目『徳川セックス禁止令 色情大名』 東映/1972年 監督/鈴木則文 出演/サンドラ・ジュリアン、名和宏、三原葉子、山城新伍ほか 東映やくざ映画などで活躍した俳優の名和宏(なわ・ひろし、本名/与縄章=よなわ・あきら)さんが6月26日、急性肝不全のため都内の病院で死去、享年85歳、熊本県出身、と新聞報道されていた。 …

つづきを見る

Artificial insemination. Needle puncture the cell membrane

行き着く先は闇か?いま静かに進行する「地球のメス化」問題

いま「メス化」が進んでいるらしい。といっても男性がスカートを履いて女装するという意味ではない。今回ぶった斬るのはあらゆる生物のオスが「知らぬ間にメス化していく」という、かなりシビアなお話なのである。   劣化するY染色体の恐怖! 人間を含めた大部分の哺乳類の性別は『性染色体』で性別を決定する。例えばメスはXX、オスはX…

つづきを見る

「クレヨンしんちゃん」声優交代で春日部市民が抱える不安

  アニメ『クレヨンしんちゃん』(テレビ朝日系)で約27年にわたり、主人公の野原しんのすけの声を務めた声優の矢島晶子が、6月29日の放送回で“ラストしんちゃん”を演じた。矢島は先ごろ「しんのすけの声を保ち続けることが難しくなった」との理由で降板を発表していた。後任は声優の小林由美子に決まっている。 最後の放送日となった…

つづきを見る

5億年前の「奇跡」なのか?意図的に仕組まれた古代生物「カンブリア爆発」の謎に迫る

先日、25億年前の地球で起きた『大酸化イベント』と嫌気性宇宙人の関係についてお伝えしたが、のちのち地球に与えた影響を考えると、それ以上の歴史的大事件といえる『カンブリア爆発』による新生物種の大発生が約5億4000万年前に起きている。今回はこのカンブリア爆発の謎を、独自の視点で解明したいと思う。   なぜか停滞する地球の…

つづきを見る

「女子更衣室」のドアを開けたら!?昭和の呆れたジョーク玩具

これまでいろいなジョークグッズを紹介してきましたが、今回ほどバカバカしくも素晴らしい出来のものはそうないでしょう。 こちらが1969年、『東洋スパッツ商会』という会社が香港から輸入して販売していた『Hippie Out-House』(日本商品名『ヒッピー小便』/360円)というジョークグッズになります。“out-hou…

つづきを見る

なぜ地球には酸素があるのか?25億年前の「大酸化イベント」の謎を斬る!

我々は植物が大気中の『二酸化炭素』を取り込み『光合成』で生み出す『酸素』を吸って生きている。地球ではごく当たり前のことだが、全宇宙規模で考えれば、地球のように豊富な酸素がある惑星は非常に珍しいのだ。 ではなぜ地球にだけ豊富な酸素が生まれたのか?これは未だにはっきりとは解明されておらず、地球物理学上、最大の謎の1つとされ…

つづきを見る

人類は自ら滅ぶのか?……想像以上に深刻な「マイクロプラスチック汚染」の恐怖

いま全世界的にマイクロプラスチック汚染が大きな注目を集めている。マイクロプラスチックは川や海に投棄されたポリ袋やペットボトルが日光で劣化しボロボロになり、水中を漂い揉まれるうち「5ミリ以下になったもの」の総称だ。最終的にはナノレベルまで小さくなるらしい。 実は市販の洗顔ソープや歯磨き粉にもマイクロプラスチックとほぼ同様…

つづきを見る

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

むやみに「パワースポット」を訪れるべきではない理由

ここ数年、全国各地のパワースポットを巡る旅が流行している。特に、三重県の伊勢神宮や島根県の出雲大社などは“聖域”の最上位に位置することから、多くの観光客が足を運んでいる。 しかし、これらの聖域は神仏のパワーが強いだけに、安易な気持ちで訪れると、逆にとてつもない弊害に見舞われることがあるという。 そもそも神社とは、宗教で…

つづきを見る

46年かけた連載が終了「ドカベン」実写映画化のうわさ

1972年に始まった水島新司氏の野球漫画『ドカベン』が、6月28日発売の『週刊少年チャンピオン』(秋田書店)31号で最終回を迎え、46年の歴史に幕を下ろした。奇しくもサッカーのワールドカップ・ロシア大会が盛り上がっているさなかの出来事に、寂しさを覚える往年のファンは多いようだ。 『ドカベン』は強肩強打のキャッチャー、主…

つづきを見る