エンタメ

総理大臣には「資質」よりも「家系」が大事という歴史的事実

現在の内閣総理大臣の安倍晋三首相は、かつて総理大臣だった麻生太郎元首相と、ちょっと遠いが親戚であることは有名だ。厳密には、安倍首相の祖父である岸信介、そのいとこの吉田寛の奥方の甥が麻生金融担当大臣となる。 さかのぼること150年前、朝廷の権威を掲げ、264年間続いた徳川幕府の権限を天皇に移譲した大政奉還を、長州藩(山口…

つづきを見る

恐ろしげな袋に入ったモノの正体は!?

「元祖クールジャパン」再検証 ~ファイル15【東南アジア特産 コブラの卵】~ 昭和40年代半ば、『日本猛毒研究会/日本貿易』という会社から『東南アジア特産 コブラの卵』、『アフリカ特産 トカゲの卵』、『沖縄列島特産 ガラガラ蛇の卵』が発売されました。 《暖かい所に置くと卵がすぐに孵化する》というので評判になり、大ヒット…

つづきを見る

「枕営業」で役を獲得!? シャロン・ストーンの傑作映画

映画評論家・秋本鉄次が往年の名作傑作を探る『昔の映画が出ています』 作品目『氷の微笑』 アメリカ/1992年 監督/ポール・バーホーベン 出演/シャロン・ストーンほか 芸能界、映画界で“枕営業”伝説というのは、洋の東西、今昔を問わずあるもので、最近、出家騒動で揺れた清水富美加についても噂が出たほどだ。それで思い出すのが…

つづきを見る

ウクライナにタイムトラベラーが出現!?

ウクライナの犯罪者、セルゲイ・ポノマレンコ氏が、タイムトラベラーではないかと注目を集めている。 2006年にウクライナの首都キエフの通りで、記憶を失った若い男性がさまよっていた。男性は50年ほど時代遅れの服装だった。そして、持っていた数十年前に発行された身分証明によると、名前はセルゲイ・ポノマレンコ。ソ連からウクライナ…

つづきを見る

出家した清水富美加が主演・腹黒JK描く問題作映画「暗黒女子」

映画評論家・秋本鉄次のシネマ道『暗黒女子』 東映配給/4月1日より丸の内TOEIほかで公開 監督/耶雲哉治 出演/清水富美加、飯豊まりえ、玉城ティナ、清野菜名ほか この映画の知名度が急に増したのは、何と言っても主演格が前代未聞の“突然の出家騒動”で芸能界を騒然とさせたあの清水富美加だからだろう。かつて宗教団体に入信して…

つづきを見る

スナイパーが標的を狙う凄みに注目!傑作映画「ジャッカルの日」

映画評論家・秋本鉄次が往年の名作傑作を探る『昔の映画が出ています』 作品目『ジャッカルの日』 イギリス=フランス/1973年 監督/フレッド・ジンネマン 出演/エドワード・フォックスほか 新作でも“JFK暗殺もの”のバリエーションであるナタリー・ポートマン主演の『ジャッキー ファーストレディ 最後の使命』もあることだし…

つづきを見る

見世物小屋のような「いかがわしさ」溢れる昭和の児童書

「元祖クールジャパン」再検証 ~ファイル14【中岡俊哉の児童書】~ 4月まであと1週間。フレッシュな気持ちで迎えたいものですが、4月1日は『エイプリルフール』です。最近は手の込んだウソをつくサイトが増えてきたので騙されないようお気を付け下さい。 騙される、といえば、私のような昭和40年代に幼少時代を過ごした人は、『中岡…

つづきを見る

暗殺のJFK未亡人をN・ポートマンが好演する映画「ジャッキー」

映画評論家・秋本鉄次のシネマ道『ジャッキー ファーストレディ 最後の使命』 キノフィルムズ配給/3月31日より新宿ピカデリーほかで全国公開 監督/パブロ・ラライン 出演/ナタリー・ポートマン、ピーター・サースガードほか “ジャッキー”と言っても、ジャッキー・チェンの映画ではないのでお間違いなく、とボケかましてすみません…

つづきを見る

中坊らしい「恥ずかしさ」が詰まった手帳

「元祖クールジャパン」再検証 ~ファイル13【中一コース手帳】~ 小学生から中学生に上がるときは、もう子供じゃないんだという自覚が芽生える時期です。それまで遊んでいた幼稚な玩具などは捨て、“大人”として新たな人生の一歩を踏み出す準備をするのが、小学6年生の春休みでしょう。 そのころの小学生にとって憧れの“大人”に変身す…

つづきを見る

tattoo girl

惜しまれつつ消えるヤクザ専門雑誌と芸能人のつながり

1983年の創刊から34年の歴史を数えるヤクザ専門雑誌『月刊実話ドキュメント』(マイウェイ出版)が、3月29日発売の号で幕を閉じる。 「この雑誌は毎月、逮捕された暴力団組員の情報が掲載される『今月の逮捕』のコーナーがあり、暴力団と交際していたタレントなら欠かさず読むところでしょう」(アウトロー専門ライター) 一般人には…

つづきを見る