エンタメ

恐竜の先祖か?火星で「コモドドラゴン似の化石」発見される

アメリカ航空宇宙局(NASA)の火星探査ローバー『キュリオシティ』からまたまた衝撃の写真が送信されてきた。それは火星表面をとらえた画像だが、上記の画像を御覧いただきたい。どう考えてもただの石ではなく、動物の化石のようにみえるではないか! この化石らしき物体には、背骨のような凹凸が無数にあり、上部には大きな頭蓋骨まで見て…

つづきを見る

最高に男を咲かせた「ギャング映画」の逸品!

映画評論家・秋本鉄次が往年の名作傑作を探る『昔の映画が出ています』 作品目『デリンジャー』 アメリカ/1974年 監督/ジョン・ミリアス 出演/ウォーレン・オーツほか アラン・アーキン、モーガン・フリーマン、マイケル・ケインという、いずれも80代、全員オスカー受賞者が“シルバー・ギャング”トリオを結成して銀行を襲う『ジ…

つづきを見る

カート・ラッセルの目撃発言で「フェニックスの光」UFO騒動再び

俳優のカート・ラッセルが、有名なUFO事件『フェニックスの光』が起きていたとき、自家用飛行機を運転中にUFOを目撃し、通報していたことを明かした。 フェニックスの光というのは、1997年3月13日夜に、アメリカのアリゾナ州フェニックスの上空で、約1万人が長時間、7つの謎の発光体を目撃した事件のことだ。発光体のひとつひと…

つづきを見る

「セーラー服」の発祥地は福岡か京都かで論争が勃発!

昔のアニメ『ハレンチ学園』(1970年10月~1971年4月)や、映画『セーラー服と機関銃』などで“大活躍”していたのがセーラー服だ。最近ではクイズ番組などで、タレントが着用していることもある。 そのセーラー服を日本で初めて制服として採用したのは、福岡か京都かで論争が起きている。 福岡市にある旧福岡女学校(現:福岡女学…

つづきを見る

北朝鮮の「偉大なる指導者」も真っ青になる過激な駄玩具

「元祖クールジャパン」再検証 ~ファイル40【ロケット弾】~ 最近、また北朝鮮が頻繁にミサイル発射実験を行っています。政権寄りな新聞社、テレビ局ほど盛んに煽っているようですが、国民はもはや思考停止状態といったところでしょうか。失態続きの安倍政権としては、もうちょっと騒いでほしいところでしょうが、まぁ、毎度のことですから…

つづきを見る

世界で高評価を得ている日本の「甲州ワイン」

ワインの本場といえばフランスだが、最近になって世界中から注目されているワインの品種がある。それは、日本の『甲州ワイン』だ。 甲州(Koshu)は、2010年に欧州連合(EU)でブドウの品種として登録され、それ以来、着々と世界中に甲州ワインのファンを増やしている。甲州で作ったワインは、穏やかで爽やかな味わい。成分的には欧…

つづきを見る

冒険気分を高めてくれた夢の「探険セット」

「元祖クールジャパン」再検証 ~ファイル39【サンスター 探険セット】~ “探検”、“冒険”…日ごろよく耳にする言葉ですが、日常の枠を飛び越えて「探検」しようなどと考える大人は、おそらく少数派でしょう。 では、その子供時代に考えていた探検とは、一体どんなものだったでしょうか? それを思い出せてくれる玩具がサンスターの『…

つづきを見る

SMをテーマにした第2弾映画「フィフティ・シェイズ・ダーカー」

映画評論家・秋本鉄次のシネマ道『フィフティ・シェイズ・ダーカー』 東宝東和配給/6月23日よりTOHOシネマズ新宿ほかで公開 監督/ジェームズ・フォーリー 出演/ダコタ・ジョンソン、ジェーミー・ドーナンほか “栃木のプリンス”と呼ばれた観光ホテル専属歌手や人気イケメン俳優が、未成年売春(敢えて援交とは呼ばない)疑惑で、…

つづきを見る

豚の大群が基地の街・横須賀を大暴走する今村昌平監督の会心作

映画評論家・秋本鉄次が往年の名作傑作を探る『昔の映画が出ています』 作品目『豚と軍艦』 日活/1960年 監督/今村昌平 出演/長門裕之、芳村実子、丹波哲郎ほか “アメリカに追従、寄生”する日本、日本政府という構図は、何もいまに始まったことじゃない。アメリカに寄生すると滅びるよ、みたいなテーマで鋭いのが、もう50年以上…

つづきを見る

アナクロさがカッコイイ!昭和臭プンプンの「秘密兵器」

「元祖クールジャパン」再検証 ~ファイル38【マルイ 国際秘密警察シークレット兵器 トランシーバーナイフガン】~ テロ事件が頻発しています。何とも物騒な世の中になったもんです。不謹慎ではありますが子供のころ、私が見ていた映画やテレビドラマのなかでは国際的難事件が起きると、国際秘密警察の諜報員が颯爽と登場し、どんな難事件…

つづきを見る