エンタメ

暗黒の未来『宅配ドローン』は重さ15kg!墜落よりもっと怖いのは…

以前「自動車の完全自動運転にまつわる危険性」をお伝えしたが、今度はネット通販大手のAmazonジャパンが「ドローン宅配」の実用化を急いでいるらしい。既にイギリスではドローン宅配の試験運用が始まり、日本でも限定的な試験飛行を経て、一説によれば「解禁は目前」とも言われているが、やはり安全性には相当問題があるようだ。 例えば…

つづきを見る

Chronic liver disease viral hepatitis infection, Hepatitis viruses in infected organism. 3d illustration

細菌が突然変異?「20万頭のウシ大量死」に隠された驚愕の真実は

日本ではほとんど報道されなかったが、2015年に中央アジアのカザフスタンで『サイガ』というウシ科の動物が「謎の大量死」を遂げたそうだ。現地カザフスタンの大草原に転がっていたサイガの死体は少なくとも「20万頭」を超えており、当時は死因が不明だったため、様々な憶測が流れ、世界中の注目を集めていた。 そして最近になってようや…

つづきを見る

二宮和也と吉高由里子の“濡れ場”に期待『検察側の罪人』

映画評論家・秋本鉄次のシネマ道『検察側の罪人』 配給/東宝 TOHOシネマズ日比谷ほかにて全国公開中 監督/原田眞人 出演/木村拓哉、二宮和也、吉高由里子、松重豊、酒匂芳ほか 木村拓哉と二宮和也というジャニーズ系の中でも人気を誇る2人の豪華共演だけに、各々のファン狂喜乱舞となるのだろうが、オジサン観客は多分そこまで興奮…

つづきを見る

リアル人類補完計画?「ジョージア・ガイドストーン」の究極目的とは

【画像】 アメリカのジョージア州エルバート郡には『ジョージア・ガイドストーン』と呼ばれる「奇妙な記念碑」が立っている。何が奇妙なのかといえば、記念碑に書かれているメッセージが極めて奇妙なのだ。 その1部を抜粋すると以下のようになる。 ・大自然と永遠に共存し、人類は5億人以下を維持する ・新しい生きた言葉で人類を団結させ…

つづきを見る

Sign

人類の暗黒面を暴くドキュメンタリー『世界の“現実”旅行』のエゲつなさ

ここ最近、「ダークツーリズム」が世界的な人気になっている。ダークツーリズムとは、人類の悲劇を生んだ土地に足を運んで観光すること。いわゆる“負の遺産”巡りというわけだ。ネガティブな部分に目を背けることなく、辛く悲しい出来事も継承していこうという考え方である。 そんなダークツーリズムを家にいながらにして体験できるのが、Ne…

つづきを見る

お化け屋敷の「恐怖体験」を味わえた昭和マンガ雑誌の図解記事

昭和40年~50年代、夏にはテレビや雑誌で“怪奇特集”がよく組まれた。 しかし、インターネットの普及に伴う情報の過剰供給により、全世界がフラットになり、“闇”を感じられなくなったせいだろうか、最近ではあまりはやらないようだ。 夏祭りでは、近所の神社の境内に「お化け屋敷」の屋台が出現し、怖いもの見たさの好奇心を満足させて…

つづきを見る

恐怖!米国企業による「遺伝子ビジネス」が日本の農業を破壊する?

今年(2018年)の4月に日本の「種子法」(正式名称は『主要農作物種子法』)が全面廃止された。種子法は主にコメや大豆小麦など主要穀物の種や苗の安定供給と、継続的な品種改良を行い、日本固有の在来種を後世に伝えていくという重要な役割を担う法律だった。これが廃止されるとどうなるか?   グローバル化の影で暗躍するアメリカの意…

つづきを見る

古代ロマン「土偶=宇宙人説」をこの目で確かめる大チャンス!

東京・上野の東京国立博物館で、特別展『縄文―1万年の美の鼓動』が9月2日まで開催されている。夏休みも残りわずかということもあり、連日、親子連れで大いににぎわっているようだ。 今回の展示では縄文時代草創期から晩期まで、日本列島の多様な地域で育まれた土器や土偶などを展示しているが、土偶と聞いてまず思い浮かべるのが、青森県つ…

つづきを見る

恐怖の残虐雪山ミステリ「ディアトロフ峠事件」の背後にある闇

1952年2月2日に旧ソ連のウラル山脈北部で起きた『ディアトロフ峠事件』は、いまだその真相が明らかにされていない“怪奇事件”として、60年たった今でも、登山者の間で語り継がれている。 現在のウラル工科大学の在学生、および卒業生の男女9人がスノートレッキング中に不可解な死を遂げた。パーティーはマイナス30℃という極寒の中…

つづきを見る

おせっかいな改変で「ファンが激怒!」リメイクで大失敗した映画3選

過去に制作された映画を、新しい技術でより魅力的に作り直したリメイク作品。しかし、中にはオリジナルよりも劣化し、大失敗してしまったケースもある。 そんな「残念な評判」の映画を3つ紹介しよう。 『GODZILLA』(1998年)は、言わずと知れた日本の名作映画シリーズ「ゴジラ」を、ハリウッドでリメイクした作品。興行収入こそ…

つづきを見る