エンタメ

死を賭してブームを巻き起こした「エリマキトカゲ」

先日、今年の6月12日に上野動物園で生まれたジャイアントパンダのメスの赤ちゃんの名前が『シャンシャン』(香香)に決まり、久々に明るい話題となりました。 1972年に初めて日本で公開されてから、多少の浮き沈みはあったものの、パンダは動物界の人気者として活躍し続けています。 パンダを最も幸福な珍獣とするならば、最も不幸な珍…

つづきを見る

映画「女になる」性同一障害から性別適応手術へ歩む姿を軽やかに描く

映画評論家・秋本鉄次のシネマ道『女になる』 配給/オリオフィルムズ 10月28日より新宿K’s cinemaにて単館公開 監督/田中幸夫 出演/未悠、みむ、Naoほか たまにはドキュメンタリー映画もどうだろうか。いまの世の中で語るべき、知るべきことをナマの姿で捉えている作品も多い。これは子供のころから女性になることを夢…

つづきを見る

青春タイムスリップ・コメディー映画「リンキング・ラブ」

映画評論家・秋本鉄次のシネマ道『リンキング・ラブ』 配給/BS-TBS 10月28日より丸の内TOEIほかにて全国公開 監督/金子修介 出演/田野優花(AKB48)、石橋杏奈、渡辺徹、浅田美代子、西村まさ彦ほか 青春コメディー・タッチのタイムスリップものと言えば、洋画では『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズ(19…

つづきを見る

波紋呼ぶ「アメリカ副大統領」に近い人物のUFO発言

アメリカのマイク・ペンス副大統領に近い、ベティナ・ロドリゲス・アギレラ氏が以前、「わたしはアダクション(エイリアンによる誘拐・監禁)の被害者です。スペースシップに乗せられました」と明かしたことが話題になっている。同氏は来年、次期下院議員選挙で出馬することが決定しているからだ。 アギレラ氏はエイリアンとテレパシーでコミュ…

つづきを見る

実は外国由来の神様が多い「七福神」

“苦しいときの神頼み”という言葉があるが、なかでも経営者や自営業者が頼みにするのが『七福神』だ。 七福神がなぜ“7つの神様”なのかについては諸説ある。《七難即滅、七福即生》いう室町時代の句に基づくという説や、中国で尊敬を集めた老子思考の文人たち『竹林の七賢人』に基づいているなどの説だ。 とはいえ“7”という数字は、国や…

つづきを見る

2048年からやってきた「タイムトラベラー」が逮捕

アメリカのワイオミング州キャスパーの街中で「おれは未来からやってきたんだ」と叫び、通行人に迷惑をかけたとして、ブライアント・ジョンソン容疑者が逮捕された。取調べでジョンソン容疑者は「おれは2048年からタイムトラベルしてきた。使命は来年(2018年)にキャスパー市に悪のエイリアンがやってくることを市民たちに警告すること…

つづきを見る

視聴率に代わる指標「視聴熱」「視聴質」とは?

ハードディスクレコーダーなどの普及で、テレビ番組は録画視聴が日常的になった。しかしながら、人気ドラマやスポーツなど、話題のコンテンツがどれだけ視聴されていたかを表す“視聴率”は、基本的にテレビで番組を見ている状態を計測結果として数字で表しているにすぎず、ワンセグや録画での視聴は反映されていない・このことはかねてより指摘…

つづきを見る

いまでは絶対タブーの「ビックリ人間」大博覧会

戦後、瞬く間に高度経済成長を果たした日本。世界に目を向ける余裕ができたためか、あるいは工業化が進み、人間性が阻害されたことへの反動だったのか、メディアは世界の珍奇な風習や風俗を盛んに取り上げた。それはメディアの商魂と大衆のえげつないまでの好奇心が合致した結果だったのだろう。 そういったもののなかに、世界中に存在する特異…

つづきを見る

「51年ぶりに地球へ」エイリアン拘束男性の証言

エイリアンにさらわれた男性が51年ぶりに地球に戻ってきた。 アメリカのミズーリ州スプリングフィールドに在住していた男性のウォルター・クロムウェルさんは、20歳だった1966年4月に行方不明となった。そのウォルターさんが今年8月、かつて両親とともに住んでいた家にふらりと現れた。両親は死亡しており、現在はウォルターさんの姉…

つづきを見る

実は廃棄リサイクル品!? SFチックな謎玩具「デンシンテープ」

10月23日は電信電話記念日です。1869年のこの日に、東京~横浜間の電信線架設工事に着手したことにちなんでいるそうです。 電信といえば、1960年代のSFアニメ・特撮番組創成期から1970年代初頭の第2次怪獣ブームあたりまでは、コンピューターが電信テープをカタカタと打ち出しているシーンがよく描かれていました。あの穴の…

つづきを見る