エンタメ

絶品裸体にも注目!? 「攻殻機動隊」ハリウッド版が日本上陸

映画評論家・秋本鉄次のシネマ道『ゴースト・イン・ザ・シェル』 東宝東和配給/4月7日よりTOHOシネマズ新宿ほかで公開 監督/ルパート・サンダース 出演/スカーレット・ヨハンソン、ビートたけしほか 原作は士郎正宗のコミックスで、押井守監督のアニメでも世界的に知られる『攻殻機動隊 GHOST IN THE SHELL』。…

つづきを見る

ミステリーサークルを20年研究した科学者が明かす「真実」

いまでは、人の手によって作られたという説が濃厚になっている『ミステリーサークル』だが、最近になって科学者が「未来のエイリアンによって作られた、地球人への秘密のメッセージだ」と発表し、騒動になっている。 ここ数年、イギリスでもっとも多くできるパターンのミステリーサークルを、ホレス・ドリュー化学博士が研究した結果、「エイリ…

つづきを見る

渡瀬恒彦を偲ぶなら「鉄砲玉の美学」がイチバン!

映画評論家・秋本鉄次が往年の名作傑作を探る『昔の映画が出ています』 作品目『鉄砲玉の美学』 ATG/1972年 監督/中島貞夫 出演/渡瀬恒彦、小池朝雄、杉本美樹ほか 今年に入り、松方弘樹に続いて渡瀬恒彦も斃(たお)れた。ともに70代前半、まだ若い。これで『仁義なき戦い』シリーズ(1973年~)の主要俳優がまたひとり……

つづきを見る

猥談に欠かせなかったタバコとおバカな小道具

「元祖クールジャパン」再検証 ~ファイル16【ヌードマッチ】~ 街を歩けばどこもかしこも禁煙。愛煙家には肩身の狭い世の中になったもんです。規制が強化される2000年頃までは、喫煙はごく当たり前のものでした。1960~70年代はまさに“喫煙天国”で、喫茶店も食堂もタバコの煙でもうもうとしてました。ピークだった1966年、…

つづきを見る

総理大臣には「資質」よりも「家系」が大事という歴史的事実

現在の内閣総理大臣の安倍晋三首相は、かつて総理大臣だった麻生太郎元首相と、ちょっと遠いが親戚であることは有名だ。厳密には、安倍首相の祖父である岸信介、そのいとこの吉田寛の奥方の甥が麻生金融担当大臣となる。 さかのぼること150年前、朝廷の権威を掲げ、264年間続いた徳川幕府の権限を天皇に移譲した大政奉還を、長州藩(山口…

つづきを見る

恐ろしげな袋に入ったモノの正体は!?

「元祖クールジャパン」再検証 ~ファイル15【東南アジア特産 コブラの卵】~ 昭和40年代半ば、『日本猛毒研究会/日本貿易』という会社から『東南アジア特産 コブラの卵』、『アフリカ特産 トカゲの卵』、『沖縄列島特産 ガラガラ蛇の卵』が発売されました。 《暖かい所に置くと卵がすぐに孵化する》というので評判になり、大ヒット…

つづきを見る

「枕営業」で役を獲得!? シャロン・ストーンの傑作映画

映画評論家・秋本鉄次が往年の名作傑作を探る『昔の映画が出ています』 作品目『氷の微笑』 アメリカ/1992年 監督/ポール・バーホーベン 出演/シャロン・ストーンほか 芸能界、映画界で“枕営業”伝説というのは、洋の東西、今昔を問わずあるもので、最近、出家騒動で揺れた清水富美加についても噂が出たほどだ。それで思い出すのが…

つづきを見る

ウクライナにタイムトラベラーが出現!?

ウクライナの犯罪者、セルゲイ・ポノマレンコ氏が、タイムトラベラーではないかと注目を集めている。 2006年にウクライナの首都キエフの通りで、記憶を失った若い男性がさまよっていた。男性は50年ほど時代遅れの服装だった。そして、持っていた数十年前に発行された身分証明によると、名前はセルゲイ・ポノマレンコ。ソ連からウクライナ…

つづきを見る

出家した清水富美加が主演・腹黒JK描く問題作映画「暗黒女子」

映画評論家・秋本鉄次のシネマ道『暗黒女子』 東映配給/4月1日より丸の内TOEIほかで公開 監督/耶雲哉治 出演/清水富美加、飯豊まりえ、玉城ティナ、清野菜名ほか この映画の知名度が急に増したのは、何と言っても主演格が前代未聞の“突然の出家騒動”で芸能界を騒然とさせたあの清水富美加だからだろう。かつて宗教団体に入信して…

つづきを見る

スナイパーが標的を狙う凄みに注目!傑作映画「ジャッカルの日」

映画評論家・秋本鉄次が往年の名作傑作を探る『昔の映画が出ています』 作品目『ジャッカルの日』 イギリス=フランス/1973年 監督/フレッド・ジンネマン 出演/エドワード・フォックスほか 新作でも“JFK暗殺もの”のバリエーションであるナタリー・ポートマン主演の『ジャッキー ファーストレディ 最後の使命』もあることだし…

つづきを見る