芸能

条件はすべて整った!? 小泉今日子「五十路再婚」Xデー秒読み

10月25日に出版した書評集が、文芸評論家の間でも高い評価を受けている“キョンキョン”こと小泉今日子(49)。 集大成となるような書籍を仕上げ一区切りつけたからか、来年2月の50歳誕生日を前に、今度は人生の“区切り”となる再婚を決意したという。 小泉が出した本は『小泉今日子書評集』(中央公論新社)。読売新聞紙上で彼女が…

つづきを見る

内村光良とバナナマンのバトルで始まった「お笑い界戦国時代」

お笑い界は世代交代の“戦国時代”に突入した。大物、中堅、若手を問わずテレビ各局がシャッフルに取り組んでいるのだ。 そんな中、口火を切ったのが、大物コンビ『ウッチャンナンチャン』の内村光良(51)と中堅コンビ『バナナマン』のバトルだ。 戦場になったのは日本テレビ。同局で『世界の果てまでイッテQ!』、『トリックハンター』、…

つづきを見る

Couple holding two halves of broken heart against parchment

中居正広が「結婚したくないジャニーズ」ダントツ1位の意外な理由

以前、本サイト(9月26日配信)で『SMAP』中居正広(43)の堅実な人間性を紹介したが、どうもファンにそれが不評なようだ。彼は“結婚したくないジャニーズ”のダントツ1位だという結果も出ている。 これは一部サイトがアンケートを実施したもので、『SMAP』、『TOKIO』、『V6』の独身メンバー限定。20~40代の女性2…

つづきを見る

キスマイ・玉森裕太が顔に火傷を負った「因縁の名古屋」

10月末、人気ジャニーズグループ『Kis-My-Ft2』(略称キスマイ)の追加公演ライブで、メンバーの玉森裕太(25)が顔に火傷を負う事件が起こった。 それは、アルバム『KIS MY WORLD』を引っ提げた全国ドームツアーの追加公演で、ナゴヤドームで行われたコンサートでのことだった。 「キスマイのコンサでは、“特効”…

つづきを見る

加藤綾子アナの顔を映さなかった…ダル弟逮捕ニュース裏真相とは

去る10月27日、ダルビッシュ翔(26)が、賭博開帳図利などの疑いで大阪府警に逮捕された。 この名前ですぐ分かるだろうが、翔はテキサス・レンジャーズの投手であるダルビッシュ有(29)の弟だ。今年5月に大リーグと日本のプロ野球の試合を対象に、客から1850万円分の申し込みを受けた疑いがあるとして逮捕された。 「当局は昨年…

つづきを見る

4年連続「紅白」当落線上の和田アキ子が綾瀬はるか司会でバーター当確

11月下旬に発表される予定の『第66回NHK紅白歌合戦』出場者選考が山場を迎えている。 水面下で歌手陣営がシノギを削っている最中、紅組の和田アキ子(65)が当落を巡り、猛プッシュを繰り広げていることが紅白関係者への取材で明らかになった。 そもそも、“芸能界のご意見番”の和田には、2006年に再リリースされた『あの鐘を鳴…

つづきを見る

“金持ちキラー”紗栄子 VS “共演者キラー”石原さとみ冷戦の一部始終

ダルビッシュ有の前妻で、お騒がせバツイチ女優の紗栄子(28)に超大物新恋人が発覚した。10月19日、一部スポーツ紙が、大手ファッション通販サイト『ZOZOTOWN』を運営する前澤友作社長(39)との熱愛を報じたのだ。 この前澤社長、ただものではない。なんと資産約2000億円と報じられる世界でも屈指の億万長者なのだ。 「…

つづきを見る

綾瀬はるかの清楚キャラ崩壊!? 松坂桃李との「結婚反対圧力」に猛反発!

女優の綾瀬はるか(30)が嫁入り目前なのか、お色気を全開にしている。あわや“放送事故”に発展しそうなハプニングも引き起こし、視聴者や関係者を騒然とさせたのだ。 「綾瀬が“ハプニング”を起こしたのは、10月22日放送のフジテレビ系特番『スター千一夜』ですよ。綾瀬出演映画の『ギャラクシー街道』公開記念番組で、同作品の三谷幸…

つづきを見る

まだ全然カワイイぞ!ほしのあき「四十路グラドル」で復活の予感

「ほしのあき久しぶりにみたー」 「キレ~」 「すげー、四十路前じゃねぇぞこりゃ」 「スッキリして、むしろ20歳前後のころの感じに戻ってる感じさえする」 モデルの内田新菜が投稿したインスタグラムの画像にほしのあき(38)が写っていたことで、「まだ全然カワイイ!」と話題なっている。 ほしのは2012年12月に、自身のブログ…

つづきを見る

“メガ幸子”復活か?NHK紅白「演歌歌手枠」の行方

NHK『紅白歌合戦』の出場メンバーが決まるのは11月ごろの選考会で…、というのは表向きの話だ。 実際にはそれよりはるかに早い段階で“内定”が決まるというのが業界の常識。高年層の割合が大きくなっている現在では、『紅白』の曲目としても演歌を決して無視することはできない。 いま、その『第66回NHK紅白歌合戦』の出場枠を巡り…

つづきを見る