ライフ

子供のスマホ使用がもたらす3つのデメリット

子供が何歳になったらスマートフォンを持たせるかということが、世界中で議論されている。スマホは子供に心身両面で悪影響を与える可能性があるためだ。 発明者のスティーブ・ジョブズ氏は、自分の子供にiPadを持たせなかったという。過去のインタビューでは「自宅にiPadは持ち込まない。中毒性が強くて、危険すぎる」と話していた。実…

つづきを見る

甘酒は「夏の飲み物」だと知っていましたか?

甘酒というと、あたたかい冬の飲みものというイメージがあるが、実は俳句では甘酒は夏の季語なのだ。江戸時代に、天秤棒をかついで甘酒を売り歩く甘酒屋は、夏の風物詩だったそうだ。 甘酒には、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、葉酸、食物繊維、オリゴ糖、システイン、アルギニン、グルタミンなどのアミノ酸や、ブドウ糖が含まれて…

つづきを見る

SONY DSC

今が旬!みずみずしい「新玉ねぎ」のおすすめ調理法

この春から夏にかけての梅雨入り前の季節は、野菜売り場でよく“新玉ねぎ”を見掛けるはずだ。 普通の玉ねぎは収穫してから1カ月ほど乾燥させて貯蔵しているので、薄皮が茶色くなり長期間の保存が可能になる。だが、新玉ねぎは、早めに収穫してすぐに出荷している。そのため、肉厚なのはもちろんのこと、乾燥前なので水分豊富でやわらかく、辛…

つづきを見る

個人事業主が開業時に知っておきたいこと3選

自営業として頑張っていこうと考えても、どうすれば良いかわからないという方も多いだろう。そこで今回は、自営業をこれから始める人や始めたばかりの方へ知っておいた方がい良いことをご紹介しよう。これから自営業として頑張っていく方には是非参考に頑張って活動していっていただきたい。   自営業を始めるための手続きと青色申告のメリッ…

つづきを見る

脱オバサン!派手すぎずアラフォーからの「ヘアカラー」選び

若くはないけれど、「おばさん」と言われるのには抵抗がある。でも、若作りをするのも何か違う…という、微妙な年代がアラフォー世代。白髪が急に目立ち始めて「いつものヘアカラーで大丈夫?」というお悩みもあるのでは? “白髪染め”という言葉に抵抗がある人も多いかもしれないが、最近の白髪染めは、“グレイカラー”と呼ばれており、色も…

つづきを見る

「わずかな違い」で大きな差!汗のイヤ~なにおい対策のコツ

暑くなってくると汗をかく。特に5月は急激に気温が上がることも多いので、汗っかきの人には悩ましい季節だ。その場合は、やはり汗のにおいが気になる人は多いはず。 汗には2種類あり、ひとつは全身の肌にある汗腺『エクリン腺』から出る『エクリン汗』。これは99%が水分で、残りは塩分などが含まれている。もうひとつは、わきの下、耳、陰…

つづきを見る

大人女子は至近距離に注意?印象が変わる「顔の産毛」処理法

女性のなかで、わきの下やTゾーンのお手入れ、手や足のムダ毛には敏感なのに、お顔は産毛を生やしっぱなし…なんて人も意外に多いのでは? 顔に産毛があると、化粧のノリが悪くなったり、肌の色が1トーン暗くなったりする。そして、何よりものデメリットは、素敵な男性といい雰囲気になったとき、至近距離では意外と口元の産毛が目立ってしま…

つづきを見る

明日葉

「日本のハーブ」しょうが、わさび、大葉などの良さを見直そう!

イタリアンバジルやミントを家で育てたり、ローズマリーを自家製フォカッチャに入れたりと、ハーブを生活に取り入れている女性が増えている。しかし、“日本のハーブ”のことを見過ごしてはいないだろうか。 ハーブというと、睡眠を促すラベンダーやカモミール、肉のくさみ消しに使うローズマリーやタイムなどを思い浮かべる人も多いだろうが、…

つづきを見る

人気の「パクチー」を使ったアレンジレシピはいかが?

去年に引き続き、ブームが続いているパクチー。パクチー味のポテトチップスやパクチー味のおせんべい、スナック菓子など、いろいろな商品が発売されている。 そのまま食べるのもおいしいが、パクチーならではの“ちょい足しアレンジ”もおすすめだ。 まずはスナック菓子と相性がいいのが、スイートチリソース。小皿にスイートチリを少々出して…

つづきを見る

1泊2日でも長期でも…旅の小物は「100円ショップ」で揃えよう!

国内旅行で「しまった、あれがない!」というときは、たいがいコンビニなどへ行けば事足りる。ところが、生活事情が違う海外では、地理感覚も全く分からず、言葉もなかなか通じないなど、すぐに買い物に行ったりすることは難しい。 そこで、旅に持っていくと便利な100円ショップのグッズを紹介しよう。 まずは定番の、ファスナー付きビニー…

つづきを見る