ライフ

雑煮だけじゃない「お餅アレンジレシピ」ベスト3

お正月の定番といえば、やっぱりおもち。もちろんお雑煮もいいけれど、軽食やおやつ向けにちょっと変わったアレンジで食べてみるのもおすすめだ。そこで独断と偏見で選んだアレンジレシピのベスト3をご紹介!   3位――生チョコ風餅チョコ 耐熱容器に角切りにした切り餅1個、牛乳大さじ2杯、砂糖大さじ1/2杯、細かく割った板チョコ1…

つづきを見る

大流行の兆しを見せるノロウイルスの効果的な予防策は?

ノロウイルスがここ近年では最大に近い猛威を振るっている。例年より1カ月ほど早い11月中旬から、ノロウイルスなどによる感染性胃腸炎の患者が急増し、最近で最も流行した2012年の感染者数をしのぐ勢いだ。感染を防ごうと、各地の自治体が餅つき大会を中止する騒ぎにまで発展している。 ノロウイルスの歴史は、半世紀前にさかのぼる。1…

つづきを見る

古民家暮らしを始める人への鎌倉エリア案内⑤「実践編」

鎌倉在住で都内に通勤している人が、よく聞かれることに次のようなものがあるという。 「鎌倉で古民家に住みながら東京に通勤するのは大変でしょう。実際はどんな感じなの?」 今回は古都鎌倉で古民家暮らしをしようと考えている人に役立つエリア案内の番外編として、そのあたりの答えをまとめてみた。ぜひとも参考にしていただきたい。   …

つづきを見る

古民家暮らしを始める人への鎌倉エリア案内④「山際後編」

  古都鎌倉で古民家暮らしをしようと考えている人に役立つ、旧鎌倉地区(大船・北鎌倉・七里ガ浜以西を除く鎌倉市東部)のエリア案内。今回は山ぎわエリアの後編。JR鎌倉駅から一番遠い十二所や江ノ電沿線の極楽寺、稲村ガ崎、さらには旧鎌倉地区を外れるが、一部で非常に人気が高い鎌倉山エリアもあわせてご紹介しよう。   十二所 鎌倉…

つづきを見る

古民家暮らしを始める人への鎌倉エリア案内③「山際前編」

古都鎌倉で古民家暮らしをしようと考えている人に役立つ、旧鎌倉地区(大船・北鎌倉・七里ガ浜以西を除く鎌倉市東部)のエリア案内。海近エリア、街中エリアときたので、今回は山ぎわエリア紹介の第1弾。鎌倉は山に沿った住宅地の方が多いので、山ぎわは2回に分けてご案内する。   扇ガ谷 横須賀線の鎌倉駅と北鎌倉駅のあいだの線路をまた…

つづきを見る

古民家暮らしを始める人への鎌倉エリア案内②「街中編」

古都鎌倉で古民家暮らしをしようと考えている人に役立つ、旧鎌倉地区(大船・北鎌倉・七里ガ浜以西を除く鎌倉市東部)のエリア案内。前回の海辺編に続く今回は鎌倉駅を囲む街中エリアをご案内しよう。   小町 JR鎌倉駅や小町通り、若宮大路の段葛を含む商業地だ。一歩路地を入ると静かな住宅地になるのは、いかにも鎌倉らしい。そんな好立…

つづきを見る

古民家暮らしを始める人への鎌倉エリア案内①「海近編」

古都鎌倉で古民家暮らしをしようと考えている人が増えている。ざっくりと鎌倉といっても、そのエリアはけっこう広い。古民家の不動産物件の数も、住みやすさも、交通の便もエリアごとに違う。 『旧鎌倉地区』という言葉も、覚えておいた方がいい。旧鎌倉地区は、明治から昭和の初めまで存在していた鎌倉郡鎌倉町に当たる地域だ。大船や北鎌倉は…

つづきを見る

あなたは「捗る」を読める!? 読めないとバカにされる日常漢字8選

検索すれば即時に情報を仕入れられるパソコンやスマホなど便利な機器が増えた。その一方で、日常的に使うような漢字が読めない人が増えている。 どんな漢字が読めなくなっているのかご紹介しよう。 ■捗る “捗る”と言う字を読めるだろうか?“はかどる”と読むのだが、読めない人からすると誤読すらできないレベルにわからないようだ。使い…

つづきを見る

干支の酉は「ニワトリ」なのになぜ漢字が「鶏」ではないのか

2017年の干支は“酉(とり)”。干支の酉はニワトリと決められている。しかし、ニワトリなのに、なぜ“鶏”の漢字ではないのだろうか。新たな一年を迎えるにあたり、今年の干支である酉について理解を深めてみよう。 まず干支とは、古代中国で年や日などを表すために使われていた『干支(かんし)』が由来だ。日本では『干支(えと)』とし…

つづきを見る

2分で分かる正月行事の由来と過ごし方

“一年の計は元旦にあり”と言われるように、正月は日本人にとって大切な行事になっている。同時にさまざまな決まりごともある。いまさら聞けない正月にまつわる習わしについて学んでみよう。 正月は年神様が各家庭に降りてくると考えられ、その幸運を授けてもらうために、さまざまな習慣が定着したといわれる。年神様は豊穣と幸せをもたらす神…

つづきを見る