ライフ

領収書と電卓

経費で落とす!「領収書」で失敗しない秘訣

個人事業主や会社員が経費を申請するのに必要なのが領収書。飲食店などでレシートの代わりにもらう機会も多いが、提出した領収書に不備があり、申請が認められなかった経験のある人はいないだろうか。 領収書は提出すれば何でも大丈夫というわけではなく、きちんとした書式に基づいていないと却下される場合があるのだ。 まず、一番やりがちな…

つづきを見る

SNS離れを加速させる「におわせSNS」の破壊力

日ごろからフェイスブックやインスタグラムなどで、友達の投稿を読んでいる人は多いだろう。しかし、その投稿を読んで「なんだかイライラする」「これってさり気なく自慢してる」などと感じたことはないだろうか。実はこれ“におわせSNS”と呼ばれ、最近、批判が高まっているのだ。 「そもそもSNSに投稿すること自体が、一種の“自慢”な…

つづきを見る

Wooden table with hammer, money

「1回きりの不倫」と「継続的な不倫」慰謝料の相場は?

女優の斉藤由貴と医師、山尾志桜里衆議院議員と弁護士など、ただの不倫と比較してダブル不倫は解決までに長引く印象があるが、実際はそうでもないという。 東京都内に住む会社員Aさん(47歳)は、1年前から取引先の既婚女性B子さん(35歳)と不倫関係になった。最近それがB子さんの夫にばれてしまい、B子さんの夫から慰謝料を請求され…

つづきを見る

時効は2年!「過去の残業代」を取り戻すためにやること

安倍晋三政権が今国会の最重要法案と位置付ける『働き方改革関連法案』だが、6月20日の会期末までの成立は日程的にもギリギリの状況だ。もし、成立すれば、サラリーマンの残業が規制される喜ばしい面がある一方で、残業代の減収による年収減も起こるかもしれない。 さて、国の法整備とは関係なく、労働組合のない中小企業やベンチャー企業の…

つづきを見る

隣の部屋が事故物件だった!慰謝料請求はできる?

新入生や新社会人は、そろそろ新居にも慣れてきたころだろうか。快適ならいいが、逆に「このアパート何か変」と感じた人がいるかもしれない。東京都内に住み始めた大学生のK君(19歳)はこう言う。 「住み始めて1カ月。隣室は空き部屋だけど、特に不審には思っていませんでした。でも先日、近所のコンビニの店員さんから、その部屋は1年前…

つづきを見る

学校でイジメ!相手の親と担任教師を訴えたらどうなる?

新入学の1年生も1カ月が経ち、新しい友だちもできて学校に慣れてきたころだ。しかし、ゴールデンウィーク後に不登校、なんてこともあるので要注意。そんなときは、“いじめ”の可能性も考えなければならない。また、新入学の子供だけでなく、いじめによって既に引きこもりになってしまった子供を持つ親は、できるだけ早く解決策を見つけなけれ…

つづきを見る

ゴールデンウィークは「自動車購入」最大のチャンス!?

日本の自動車保有台数は約8100万台(2017年度)。都市部でこそ車を持たない人が増えているが、地方に行けばまだまだひとり1台という家庭も珍しくない。 車を購入する際に一番気になるのが価格だろう。決して安い買い物ではないだけに、なるべくリーズナブルにお気に入りの車を見つけるには、それなりの苦労が伴うはずだ。だが、4~5…

つづきを見る

Frightened fired employee holding the box in the office

「セクハラ行為で会社から処分」その後の人生を弁護士が解説

財務省の福田淳一事務次官が女性記者へのセクハラ報道で辞任に追い込まれた。 「アメリカでは『Me Too』運動を喚起したセクハラ報道がピュリツァー賞を受賞するなど、女性へのセクハラは全世界的に厳しく糾弾される時代になりました」(社会系ジャーナリスト) しかしながら、日本の企業や組織ではセクハラをもみ消そうという隠蔽体質が…

つづきを見る

「不倫がバレて脅迫された!」賠償金はいくらに?

4月2日、多くの企業が新入社員を迎え入れた。若い新人が新たな部下に加わった人も多いだろう。だが、社内での“火遊び”にはくれぐれも注意だ。不倫が社内にバレると立場を危うくしかねないのはもちろんのこと、最近は特にSNSなどでの誹謗中傷、あるいは脅迫なども少なくないという。 都内の商社に勤務するAさんはこう話す。 「20代の…

つづきを見る

医療費 薬代

知らないと損!?「国民健康保険」が制度開始以来の大改革

国民健康保険が発足以来の大改革を行った。 現在、日本は少子高齢化が進み、医療費制度も改革を迫られている。少子化のため、集められる保険料には限りがある一方、病気や怪我で医療費を使う人が増えているからだ。 そんななか、国民健康保険は4月1日から“都道府県単位化”に変更された。今後は都道府県が運営の責任主体となり、制度の安定…

つづきを見る