ライフ

いまどきのビール売り子はアイドル級 プロ野球観戦へ出掛けてみては…

東京・練馬の会社員Aさん(38)は大の野球好き。年間最低20試合は球場に駆けつけるという。 「家が西武線沿線なので、子どものころからライオンズファン。清原(和博)選手や工藤さん(現ソフトバンク監督)に、サインをもらったこともあります。ほんと、あのころのライオンズは無敵でしたよ。大学生のときには神宮球場に一本で行ける地下…

つづきを見る

Happy big family in a bed

米国・中国でトレンドの「超能力塾」我が子に試してみる8つの診断

親は子供の可能性を引き出すために英会話教室、ピアノ教室、バレエ教室、水泳教室などなど、さまざまなお稽古をさせてみる。 アメリカでは本気で子供の超能力や霊能力を引き出す「超能力塾」があるという。 日本では「超能力は存在しない」と懐疑的な見方をしなければ、「あの人は頭がおかしい」と言われてしまうが、海外では超能力の存在は当…

つづきを見る

SF映画さながら「頭部切断移植手術計画」は成功するのか

今年6月、イタリアの医師が、体は動かないが脳は正常に機能している患者の頭部を切り離し、脳死判定を受けた他人の体に移植する手術を行うことを発表し、SF映画さながらの内容に世界が騒然となった。 当時、世界中の医療関係者が「無理だ」「やめろ」と注意したが、現在どうなっているのか。 6月、イタリアのセルジオ・カンナバロ博士は、…

つづきを見る