ライフ

「わずかな違い」で大きな差!汗のイヤ~なにおい対策のコツ

暑くなってくると汗をかく。特に5月は急激に気温が上がることも多いので、汗っかきの人には悩ましい季節だ。その場合は、やはり汗のにおいが気になる人は多いはず。 汗には2種類あり、ひとつは全身の肌にある汗腺『エクリン腺』から出る『エクリン汗』。これは99%が水分で、残りは塩分などが含まれている。もうひとつは、わきの下、耳、陰…

つづきを見る

大人女子は至近距離に注意?印象が変わる「顔の産毛」処理法

女性のなかで、わきの下やTゾーンのお手入れ、手や足のムダ毛には敏感なのに、お顔は産毛を生やしっぱなし…なんて人も意外に多いのでは? 顔に産毛があると、化粧のノリが悪くなったり、肌の色が1トーン暗くなったりする。そして、何よりものデメリットは、素敵な男性といい雰囲気になったとき、至近距離では意外と口元の産毛が目立ってしま…

つづきを見る

明日葉

「日本のハーブ」しょうが、わさび、大葉などの良さを見直そう!

イタリアンバジルやミントを家で育てたり、ローズマリーを自家製フォカッチャに入れたりと、ハーブを生活に取り入れている女性が増えている。しかし、“日本のハーブ”のことを見過ごしてはいないだろうか。 ハーブというと、睡眠を促すラベンダーやカモミール、肉のくさみ消しに使うローズマリーやタイムなどを思い浮かべる人も多いだろうが、…

つづきを見る

人気の「パクチー」を使ったアレンジレシピはいかが?

去年に引き続き、ブームが続いているパクチー。パクチー味のポテトチップスやパクチー味のおせんべい、スナック菓子など、いろいろな商品が発売されている。 そのまま食べるのもおいしいが、パクチーならではの“ちょい足しアレンジ”もおすすめだ。 まずはスナック菓子と相性がいいのが、スイートチリソース。小皿にスイートチリを少々出して…

つづきを見る

1泊2日でも長期でも…旅の小物は「100円ショップ」で揃えよう!

国内旅行で「しまった、あれがない!」というときは、たいがいコンビニなどへ行けば事足りる。ところが、生活事情が違う海外では、地理感覚も全く分からず、言葉もなかなか通じないなど、すぐに買い物に行ったりすることは難しい。 そこで、旅に持っていくと便利な100円ショップのグッズを紹介しよう。 まずは定番の、ファスナー付きビニー…

つづきを見る

1日1時間!大型連休に実践できる「トータル大掃除術」

ゴールデンウィークのような大型連休のときこそ、おすすめなのが“大掃除”だ。 年末年始に大掃除ができなかった人や、断捨離に挑戦してはみたものの、途中で諦めてしまい、いつのまにか部屋がごちゃごちゃになってきた人も多いのでは。大掃除は、1日や2日で終わらせてしまおうと思うから挫折してしまいがちなので、長期休みのときに、“1日…

つづきを見る

Beautiful young girls drinking water from boutle on the beach

夏直前になる前に必読!最新「日焼け対策」と「ダイエット法」

気温が一気に高くなり、夏が近いことを感じさせる季節になってきた。この時期に気になり始めるのが、“日焼け対策”と“ボディーライン”だろう。薄着になることで、肌のダメージを受けやすくなったり、プロポーションが気になり始める。 日焼け止め対策のアイテムといえば、UV(紫外線)を防ぐクリームやスプレーが主流。でも、汗をかいたり…

つづきを見る

「事務職の腰痛持ち90%超」時代に大事なストレッチ習慣

女性に多い悩みと言えば、冷え性、肩こり、腰痛など。腰痛というと、立ちっぱなしの職業や重いものを持ったり運んだりするような仕事の人がなりやすいイメージがある。 しかし、骨盤を科学するブランド『ラボネッツ』が実施した『腰痛調査2017』によれば、何と事務職やデスクワークの人の腰痛疾患率も92.4%だとか! これは営業外回り…

つづきを見る

モデル愛飲の「コールドプレス」と「スムージー」の違いは?

朝食に、ほうれん草や小松菜などの野菜と果物をミキサーにかけて作る『グリーンスムージー』にはまっている人たちがいる。 このように、食事代わりにグリーンスムージーを飲むことでダイエットをする方法を『クレンズダイエット』と言い、ハリウッドセレブや日本のモデルにも人気の方法だ。そしてここ数年は、その進化版として“コールドプレス…

つづきを見る

40歳を過ぎたら受けた方がいい乳がん&子宮がん検診

最近20~30代にも増え始めているのが、乳がんや子宮がんだ。年齢が高くなるにつれ、発症率も高くなる。そのため、40歳を過ぎたら四の五の言わずに毎年必ず検診を受けたほうがいい。どちらも、早期に発見できれば治せる確率が高くなる病気だからだ。 乳がんは40代後半から50代にかけてが発症のピーク。しかも、がんのなかでも自分で発…

つづきを見る