ライフ

ストレス解消のおやつは甘いものより「ナッツ」が効果的!

仕事や友人関係など、日々のストレスを解消するため、ついつい甘いものを間食に摂ってしまうことはないだろうか? 夜にコンビニでスイーツやポテトチップスを買ってきて、気が付いたら全部食べていた…なんていうことも…。 ケーキや甘いお菓子、ジャンクフードは、もちろんダイエットの大敵だ。食べている最中は幸せいっぱいだが、すぐに「な…

つづきを見る

台湾でポピュラーな果物「竜眼(りゅうがん)」とは?

『竜眼(りゅうがん)』という果物をご存じだろうか。 竜眼は東南アジア一帯や台湾などでよく食べられているフルーツで、日本では沖縄の一部で栽培されている。しかし、そのほかの地域ではほとんどなじみがない。同じムクロジ科のライチに似ていて、小枝にたくさんの実をつける。皮はライチと違って薄茶色で、皮をむくと白い半透明のつるんとし…

つづきを見る

目指せ脱クレーマー!効果的な「クレーム」の方法とは

チェーン店の居酒屋やファミレスに入って、店員が運んできた料理をうっかりこぼしてしまい「すみません~」。で、それだけ? とりあえず、急いでおしぼり持って来い! クリーニング代は? とイライラしてしまうことはないでしょうか? モヤモヤした思いを抱えたままで過ごすよりも、言いたいことを言っておきたいと思い、クレームの電話を掛…

つづきを見る

サプリメントで聞くようになった「ミドリムシ」とは?

健康食品やダイエット系のショップ、あるいは雑誌などで何となく目にした覚えのある『ミドリムシ』。実際、その正体は何者? と、知らない人も多いのでは。 中学生のときに、理科の授業でミドリムシを顕微鏡で覗いて見た覚えのある人もいるだろう。植物と生物の中間のような特徴を持ち、ワカメやコンブのような“藻”の仲間だ。学名は『ユーグ…

つづきを見る

冷房の冷え性には「ショウガ」を使って対策を

これから夏に向けて暑さが厳しくなっていく季節。しかし、クーラーによる“冷え性”に悩まされるという人も出てくる。そうでない人も、この時期には冷房で体が冷えることで、体調を崩しやすくなるもの。電車や商業施設、オフィスと、冷房の効いている屋内で長時間過ごしていれば、やはり体は冷えてくる。 一時期、どんな料理や飲み物にもショウ…

つづきを見る

Portrait of smiling young woman showing shopping bag

アウトレットで賢く買い物をするコツ

季節の変わり目には、着る服をアウトレットでまとめ買いする、という人も多いだろう。しかしながら、家に帰ってから着てみると、意外と使えるものがなかった…なんて失敗をした経験はないでしょうか。 アウトレットでの買い物で、失敗しないためのコツは何だろうか? そもそも、ひと言でアウトレットと言っても、売られている商品はさまざま。…

つづきを見る

Beautiful couple drinking rose wine

フランスで「ロゼワイン」が定番になりつつある理由

白でも赤でもないロゼワインに対して、日本人が持つイメージは“ワインビギナー向け”、“甘ったるい”というものが多い。ところが、フランスでは、いまやロゼワインの消費量が白ワインを抜くほどの人気だ。席に着き、最初の1本(1杯)にはロゼを頼むのが定番になっているという。どうしてロゼが人気になのか? フランスだけでなく世界のワイ…

つづきを見る

トリートメントや美容オイルに!「ツバキ油」活用術

昔から髪を艶やかにさせると重宝されてきた『ツバキ油』。母親のドレッサーに置いてあったのを見たことがあるという人も多いのではないだろうか。 ツバキ油は、頭皮に栄養を与え、髪を保護するので、日焼けなどのダメージから守る効果もある。そのため、ツバキ油は髪の手入れというイメージが強いが、顔や体の手入れにも使える万能アイテムでも…

つづきを見る

初夏の野菜「ゴーヤ」を使ったおいしい料理

これから夏にかけて旬を迎えるゴーヤ(ニガウリ)。いまではどこのスーパーでも売っている定番の野菜になった。トマトの5倍のビタミンCが含まれており、ほかにもビタミンB、葉酸、鉄分、カリウムなどのミネラルが豊富だ。むくみ解消や疲労回復にぴったりの食材である。 ゴーヤは苦味が特徴だが、それが苦手な人はゴーヤの苦味を感じなくさせ…

つづきを見る

Beautiful female eyes with bright blue make-up and brush

アラフォー女性のための「キラキラ系」使いこなし術

キラキラ系メイクは10代20代の女性だけのものだと思っている人もいるのでは? 確かに40代50代でキラキラ系のメイクをしていると、痛いおばさんのように見られてしまうことも…。 しかし、それは若いときと同じような商品を同じように使っているから。それではただの若作りになってしまうが、使う量や使う場所をアラフォー仕様にすれば…

つづきを見る