スポーツ

復帰した貴ノ岩の「問題行動」と貴乃花親方の「告発状」の行方

3月11日に大相撲の春場所が初日を迎え、元横綱の日馬富士に暴行を受けて頭部を負傷した影響で2場所連続全休していた西十両12枚目の貴ノ岩が、3場所ぶりに復帰を果たした。 一方で、日本相撲協会を告発するという行動を起こした師匠の貴乃花親方は、この日に姿を見せずに無断欠勤を疑われるなど、まがまがしい雰囲気の初日となった。 貴…

つづきを見る

2位でも赤字!? カーリング界の「シビアすぎる」マネー事情

平昌五輪で銅メダルを獲得して一躍、人気者となったカーリング女子の『LS北見』。だが、彼女たちをめぐるマネー事情は厳しいようだ。 日本オリンピック委員会(JOC)がメダリストに支払う報奨金は金メダルの場合が500万円、銀メダルは200万円、銅メダルが100万円。団体競技の場合はひとりにつき、前述の金額が支給されるため、L…

つづきを見る

中日・松坂大輔「グッズ売り上げ」が開幕前で年俸以上に

今シーズンから中日ドラゴンズに入団した松坂大輔が“絶好調”だ。2月におこなわれていた沖縄県の北谷キャンプでのグッズ販売の収支が確定したところ、松坂のグッズはほかの選手よりも売り上げが高かったという。 具体的な内容は非公開だが、沖縄限定サポーターズユニホーム(6000円)や応援タオル(2000円)などが再販に次ぐ再販とい…

つづきを見る

平昌五輪メダル数「対人口比」で比べると…

平昌冬季五輪における日本勢の獲得メダル数は13個と、前回のソチ冬季五輪の8個を上回ったばかりか、これまで最も多かった長野五輪の10個を3割も上回り、史上最多となった。 今回のメダル獲得数について、マスコミは《メダル量産》と表現して絶賛しているが、本当に獲得メダル数は増えたのか。増えたのは事実だからそれに水を差すわけでは…

つづきを見る

羽生結弦「世界選手権欠場」を残念がるアリーナ・ザギトワ

平昌五輪のフィギュアスケート女子シングルの金メダリスト、アリーナ・ザギトワがかなり落ち込んでいるという。 その理由には、羽生結弦が3月21日からイタリアのミラノで開催されるフィギュアスケートの世界選手権を欠場すると発表したことが影響しているという。 「日本スケート連盟によると、羽生は右足関節、外側靱帯損傷などと診断され…

つづきを見る

元巨人・村田修一の寂しい独立リーグ入団会見

昨シーズンまで読売ジャイアンツに所属し、シーズン後に戦力外となって所属先を探していた村田修一内野手が、ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスに入団し、3月9日に栃木県小山市内のホテルで入団会見を行った。 多くの報道陣が集まるなか、村田は引き締まった表情で「10月の戦力外を受けて、長いあいだ考えることがあった。野…

つづきを見る

高梨沙羅が羽生結弦より「持ってる」と思わせた出来事

五輪のフィギュアスケート男子シングルで2連覇を果たした羽生結弦をはじめ、日本のメダリストたちが帰国し、平昌冬季五輪中の舞台裏が明かされ始めた。 「スケート競技の選手と、スキーやスノーボードの選手は、正反対の感想を述べていました。高梨沙羅は『食事もおいしかった』と、現地スタッフの気配りなどを話していましたが、スケート競技…

つづきを見る

カーリング世界選手権に「LS北見」不出場で韓国代表肩すかし

韓国の女子カーリングチームは日本代表として平昌五輪に出場した『LS北見』よりも上の銀メダルに輝いたのだが、リベンジの機会を窺っているという。 「平昌五輪閉幕後、日本のメダリストたちは出身地や縁のある市町村に出向き、メダル獲得の報告と応援のお礼を伝えています。どの選手も各地で熱狂的な出迎えを受けていますが、何と言っても注…

つづきを見る

高梨沙羅や小平奈緒も使った「エアウィーブ」ってどんなもの?

平昌五輪では日本勢が史上最多の13個のメダルを獲得した。この大会で選手たちを陰で支えたのが寝具メーカーのマットレス『エアウィーヴ』だ。 フィギュアスケートの浅田真央やテニスの錦織圭の使用で有名になったエアウィーヴは、平昌五輪で日本選手たちの体重や体形に合わせた6種類の携行型マットレス約200人分などが提供された。 「開…

つづきを見る

羽生結弦の金メダルで起きた思わぬ経済効果

フィギュアスケート男子シングルで66年ぶりの五輪連覇を果たした羽生結弦。先日、帰国したが、彼の活躍による“羽生特需”はすごかったようだ。 「金メダルを取った直後に発行された新聞各紙の号外(無料)がフリマサイトやオークションサイトで転売され、1紙1000円を超える出品もありました。全国紙2紙とスポーツ紙1紙で6500円、…

つづきを見る