スポーツ

錦織圭「CM剥奪の危機」全仏オープンに望みをかける

テニスの全仏オープン初戦を突破した錦織圭が、5月30日の2回戦で世界ランキング51位の地元選手であるブノワ・ペール(フランス)と対戦する。その錦織は、何度か「眠い」という言葉を口にしていた。 大会初日、第2試合という巡り合わせとなったため、試合開始は午前11時だった。しかし、「眠い」という発言が繰り返された理由は、時間…

つづきを見る

「平成怪物対決」松坂大輔VS清宮孝太郎が実現か

今年のプロ野球オールスターゲームの投票が始まった。そこで期待されているのが37歳の松坂大輔と18歳の清宮幸太郎が対峙する瞬間だ。 今年のプロ野球はベテラン選手に注目が集まる傾向にある。12年ぶりに日本プロ野球で勝利を挙げた松坂をはじめ、MLBから戻ってきた読売ジャイアンツの上原浩治と東京ヤクルトスワローズの青木宣親、福…

つづきを見る

羽生結弦が告白した「弱点」が思わぬ展開に

フィギュアスケート選手の羽生結弦が4月26日にJOC杯を受賞した際、スピードスケート女子500メートル金メダリストの小平奈緒など他の表彰選手とともにインタビューに応じた。このとき話題になったのが自転車を使ったトレーニングについてだった。 「羽生自身もスピードスケート選手が自転車トレーニングを取り入れている理由を質問する…

つづきを見る

羽生結弦と「同じマンション」メドベージェワが転居

ロシアの女子フィギュアスケート選手のエフゲニア・メドベージェワが、羽生結弦と同じコーチから指導を受けることになった。練習の拠点も羽生と同じカナダのトロントに移すのだという。 メドベージェワは現在、世界ランク2位。平昌五輪では女子シングルで金メダルの大本命といわれながら、同じロシアの16歳のアリーナ・ザギトワの後塵を拝し…

つづきを見る

悪質タックル「日大アメフト部」監督が炎上に油注ぐ

日本大学と関西学院大学のアメリカンフットボール定期戦で、日大選手の悪質な反則行為によって関学大選手が負傷した問題で、日大の内田正人監督が5月19日、当該の選手や保護者に謝罪し、監督を辞任する意向を表明した。 このときの内田監督の装いや言葉使いが、インターネット上で大いに話題になった。 《ピンクのネクタイで謝罪…》 《え…

つづきを見る

本田圭佑「意味不明発言連発」ネット上で批判される

サッカー日本代表の本田圭佑が出演した『プロフェッショナル 仕事の流儀』(NHK総合)の5月14日の放送が物議を醸している。その原因は、番組内で本田が「ハリルのやるサッカーにすべてを服従して選ばれていく、そのことの方が僕は恥ずかしいと思っている」と語ったためだ。 番組公式ツイッターが番組放送前にこの本田の発言を投稿したと…

つづきを見る

羽生結弦のコーチに「熱意の直訴」したメドベージェワ

ロシアのフィギュアスケート選手であるエフゲニア・メドベージェワがコーチを変更することを明らかにした。今後は、羽生結弦と同じブライアン・オーサー氏の指導を受けるという。 メドベージェワといえば、ジュニア時代から“天才スケーター”の名を欲しいままにした選手だが、平昌冬季五輪では同じロシアのアリーナ・ザギトワに敗れ、銀メダル…

つづきを見る

大谷翔平「野茂がとれなかった」国民栄誉賞の可能性

ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平がMLB1年目で偉大な記録を破る可能性が出てきた。1918年にベーブ・ルースが打ち立てた同一シーズン13勝、11本塁打という記録。MLBで同じ年に10勝以上、ふた桁本塁打を記録したのはルースしかいない。 「大谷は5月15日までに5本塁打を放ち、このままのペースで打ち続ければ12本塁打以…

つづきを見る

日本最速の男・桐生祥秀「社会人デビュー戦惨敗」の理由

“日本最速の男”桐生祥秀の社会人デビュー戦は、ほろ苦いものとなってしまった。 「桐生は、5月3日に開催された静岡国際陸上の男子200メートル決勝に出場しましたが、5位に沈んでしまいました。タイムも21秒13と奮っていません。その後、上海での陸上大会の100メートルに出場していますが、こちらも9位で決勝の最下位でした」(…

つづきを見る

悪質反則発覚の日大アメフト部が見るべき映画「コンカッション」

5月6日に行われたアメリカンフットボール(アメフト)の関西学院大学と日本大学の定期戦で、先発出場した関学大のクオーターバック(QB)が、日大のディフェンスラインの選手による悪質なタックルを受け、負傷退場した件について、スポーツ庁の鈴木大地長官がツイッターで怒りを表す投稿をした。 このタックルは如何なものか??💢💢 悪質…

つづきを見る