スポーツ

プロ野球12球団の1位指名が噂される創価大・田中正義投手を「あえて回避」しようとしている球団

プロ野球12球団の各スカウトは例年以上に多忙な日々を送っているようだ。 「今年は即戦力系の選手が少ない。ひょっとしたら、創価大の田中正義投手(4年=創価)に12球団が入札する事態になるかもしれない。どの球団が田中指名から下りるかが話題になっているくらいだ」(在京球団スカウト) 田中は最速156km/hを誇る即戦力投手。…

つづきを見る

Two new badminton shuttlecock with rackets on green mat court

闇カジノ賭博でバドミントン・桃田賢斗に「温情処分」が下された本当の理由

日本バドミントン協会は、闇カジノで賭博行為をしていた田児賢一(26=NTT東日本)と桃田賢斗(21=同)らに対する処分を発表した。 田児は無期限で協会への登録を抹消、桃田は日本代表の強化指定を外し、無期限の試合出場停止処分を科した。 「4月10日に協会が臨時理事会を招集し、対象8選手への処分を協議しました。出席理事には…

つづきを見る

【吉見健明のダッグアウト取材メモ】プロ野球評論家で一番現場取材する江本孟紀

今シーズンから四国アイランドリーグに所属するチーム『ファイティングドッグス』総監督に就任した江本孟紀(68)は、4月2日の開幕式でバイクのハーレーダビットソンを運転しながら登場。さらに、後部座席に駒田徳広監督(53)を乗せて会場を盛り上げた。 江本といえば、「ベンチがアホ」発言、『プロ野球を10倍楽しく見る方法』出版、…

つづきを見る

理事長選で惨敗した貴乃花親方の周囲が再び騒がしくなってきた

3月末に行われたの日本相撲協会理事長選挙で、前任の八角理事長に敗れた貴乃花親方(43)は、その2日後に巡業部長に任命された。 選挙後に貴乃花親方は、「(これからは)理事長から与えられた役割を全うする。礼に始まり、礼に終わる土俵の精神と同じ。今日で決着がついた」と素直に敗戦を認めた。そして、4月4日の三重県伊賀市巡業から…

つづきを見る

世界選手権で負傷した羽生結弦がカナダ・トロントで治療と休養する理由

アメリカのボストンで行われた、フィギュアスケート世界選手権で、男子シングルに出場した羽生結弦(21)は、惜しくも2位に終わった。 この大会は、羽生にとって本当に不本意だったことだろう。試合前の公式練習ではカザフスタンのデニス・テンとあわや激突寸前になり、羽生が「わざとだ」と声を荒げるシーンもあった。 「羽生は2014年…

つづきを見る

八角VS貴乃花「理事長選」でシコリを残した派閥争いは第2Rへ

大相撲春場所が終わったばかりの3月28日、注目の日本相撲協会理事長改選が行われた。 予想通り、八角理事長(52=元横綱北勝海)と貴乃花親方(43=元横綱)の一騎打ちとなり、勝負はたったの5分で決着がついた。 当事者2名を除く8名(定員10人)の挙手による投票の結果、6対2で八角理事長が圧勝し、続投が決まったのだ。 「貴…

つづきを見る

ラグビー五郎丸歩が世界最高峰の舞台で苦戦している理由

昨年のラグビーワールドカップ(W杯)で日本代表の中心選手として大活躍した五郎丸歩(30)は、今年から世界最高峰リーグのスーパーラグビーに所属するレッズへ移籍した。 スーパーリーグには今季より、日本を本拠地とするサンウルブスが新加入し、スポーツニュースにも取り上げられる機会が多くなった。 しかし、五郎丸の近況はあまりメデ…

つづきを見る

センバツで準優勝した高松商の長尾監督が断行した「練習改革」とは

第88回選抜高校野球大会(以下=センバツ)は名門の智弁学園(奈良)の優勝で幕を閉じた。 高松商をセンバツ準優勝に導いた長尾健司監督(45)は、就任3年目。赴任は現3年生たちと同じ、2014年4月だ。 それまでは地元屈指の進学中学校である、香川大教育学部付属坂出中の軟式野球部顧問を務めていた。長尾監督は、17時完全下校で…

つづきを見る

フィギュア世界選手権で見えた日本女子と「世界との差」はどこにある?

アメリカのボストンで行われたフィギュアスケート世界選手権で、日本の女子が11年ぶりに表彰台に立てないという結果に終わった。 日本人選手の順位は宮原知子(18=関西大)の5位が最高で、過去に同大会を3回制している浅田真央(25=中京大)は7位だった。 宮原の最終成績であるショートプログラム(以下SP)とフリー演技の合計点…

つづきを見る

センバツ甲子園で巨人スカウトが「ドラフト1位」候補にした選手は?

第88回選抜高校野球大会(以下=センバツ)の大会5日目(3月24日)に、巨人が“異例の複数体制”で視察を行った。 その中には山下哲治スカウト部長の姿も見受けられたため、他球団は驚きを隠せなかったという。 「スカウト部門のトップクラスが直接視察に出向くのは、基本的には夏の甲子園大会以降です。その理由は、各地区担当から挙が…

つづきを見る