スポーツ

問題山積みの東京五輪組織委員会の切り札は王貞治氏

東京五輪の施設会場の建設費は、そのほとんどが立候補した当初と比べて高騰しており、特にボートの競技会場が連日ニュースでも問題になっている。 競技各団体からは「どうやって決着をつけるんだ?」といった不安の声も出始めている。 「世間は小池百合子東京都知事によって明るみになった、競技施設の高額な建設費に驚いています。経費削減の…

つづきを見る

今季のフィギュアスケート女子で注目すべきは本郷理華

フィギュアスケートの2016~2017シーズンが開幕した。今季の成績は、2018年に韓国で開催される平昌冬季五輪出場権に直結するだけに、レベルの高い演技が見られそうだ。 そんななかで、ある若手女子選手に注目が集まっている。 フィギュアスケート女子の本郷理華(20)が、シャンプーのCMに起用された。フィギュアスケートの女…

つづきを見る

大谷翔平は2~3年のうちにポスティング移籍でMLB移籍

アメリカの野球専門誌『ベースボールアメリカ』で、北海道日本ハムファイターズの大谷翔平(22)が大きく取り上げられている。 この時期のアメリカの野球の話題は、MLBのサイヤング賞やシーズンMVPを予想する記事が多くなるのだが、《日本のプロ野球でとても魅力的なことが起こった》とし、大谷が日本最速かつ自己最速を更新する球速1…

つづきを見る

サッカー日本代表の正念場に協会技術委員長緊急帯同!万が一には監督交代準備も

サッカー日本代表が、ロシアワールドカップ(W杯)のアジア最終予選でオーストラリアと戦い、アウェーで引き分けた。これでここまでの成績は2勝1敗1分けになり、B組で3位となっている。 オーストラリアには、日本サッカー協会(JFA)の西野朗技術委員長が、予定を変更して同行している。西野はU-19アジア選手権が行われるバーレー…

つづきを見る

ミスター赤ヘル・山本浩二の憧れの存在だった山本一義氏

吉見健明のダッグアウト取材メモ 広島東洋カープが25年ぶりの優勝を決めた1週間後の9月17日、かつてカープの四番打者であり、ロッテ監督も務めた山本一義氏が、広島市内の病院で尿管がんのため死去していたことが分かった。78歳だった。 山本氏は、兼任コーチとして1975年の広島初優勝を見届けて現役を引退。指導者としても、阪神…

つづきを見る

福原愛が世間一般だけではなくメディアにも評判がいい理由とは

  先ごろ、台湾の卓球男子代表選手の江宏傑(27)と結婚した福原愛(27)。 小さいころから天才卓球少女として有名だった彼女の結婚を、自分の娘のように喜んだ人も多いはずだ。だが福原は、世間からの評判だけではなく、メディアにもすごく愛されているという。 「例えば昨年7月、韓国オープン女子シングルスで優勝し、羽田空港へ帰国…

つづきを見る

錦織圭を脅かしそうな日本人選手が来年からプロに挑戦

最新の世界ランキングでは5位になったプロテニスプレーヤーの錦織圭は、12月の誕生日で27歳になる。最近の世界ランキングでは30歳以上の上位ランカー選手も増えてきているが、東京五輪はベテランとして挑む大会になることは間違いない。 そこで、いま18歳の新星に注目が集まっている。 「錦織がベスト4入りした全米オープンのジュニ…

つづきを見る

阪神タイガース「超変革」第2章は正捕手問題の解決から

阪神タイガースの金本知憲監督(48)の監督初年度は64勝76敗3分けで終了した。最終戦(甲子園)の試合後に、選手とコーチがマウンド付近に整列し、代表して金本監督が大観衆の前でスピーチした。 「今シーズンは私の監督としての力が足りず、チームの低迷を招いてしまいました。本当に申し訳ありませんでした」 今季のスローガンに掲げ…

つづきを見る

唯一優勝経験のない大関になった稀勢の里の「横綱にする会」がひっそりと解散

大相撲秋場所は、大関の豪栄道(30)が角番からの奇跡的な全勝優勝を果たし、幕を閉じた。 この、日本中の相撲ファンを熱くした熱狂はまだ当分収まりそうもない。 豪栄道は、9月29日に出身地の大阪に凱旋した。松井一郎大阪府知事を表敬訪問し、府民栄誉賞に当たる『感動大阪大賞』を受賞。このときはテレビカメラが7台、報道陣は50名…

つづきを見る

福原愛の結婚相手の江宏傑はどんな人?

卓球日本代表選手の福原愛(27)が、9月21日に結婚を発表した。 リオデジャネイロ五輪直後の9月1日に入籍したそうで、福原は国籍も姓も変えないという。結婚相手で台湾の卓球選手の江宏傑(ジャン・ホンジエ=27)ともども、4年後の東京五輪出場を目指して卓球を続けていくという。 日本のマスコミは“年収が25倍差の格差婚”と報…

つづきを見る