スポーツ

センバツ甲子園で「ダークホース」となる兵庫・長田高の右腕

第88回選抜高校野球大会(3月20日開幕/以下=センバツ)に先駆け、3月8日から高校野球の対外試合が解禁された。 そして、解禁後にプロ野球スカウトが熱い視線を送っていた選手が居る。ただし、強豪校の投手ではない。 その選手とは、国公立大の理系への高い進学率を誇る、長田高校の右腕の園田涼輔(新3年)だった。 長田高校は昨年…

つづきを見る

リオ五輪出場を逃した「なでしこジャパン」はチームとして立て直しはできるか

リオデジャネイロ五輪出場を逃したサッカー女子日本代表の『なでしこジャパン』に、新たな難題が発覚した。不協和音である。 「もともと、仲のいいチームではありませんでした。勝っていたときは、周囲もさほど気にしていませんでしたが」(テレビ局員) 内部の衝突が明らかになったのは、5大会連続出場が絶望的となった中国戦後(第2戦)に…

つづきを見る

場所前稽古で絶好調だった稀勢の里が春場所の本命か

大相撲春場所が3月13日から大阪市のエディオンアリーナ大阪で始まっている。 注目は、先場所に10年ぶりの日本出身力士優勝を果たした琴奨菊(32)の綱取りだ。しかし、優勝賜杯を虎視眈々と狙い、余念のない準備をしてきた男がいる。稀勢の里(29)だ。 琴奨菊は先場所後からテレビ出演やイベントに大忙しで、睡眠時間も思うように取…

つづきを見る

The Winner.

JRA16年ぶりの女性騎手の順調なデビューとこれからの課題

いま競馬界で一番の話題といえば、初々しいデビューを飾ったJRAで16年ぶりの女性騎手である藤田菜七子(18)に関するニュースだろう。 JRAではこれまでに6名の女性騎手がデビューしているが、成績はあまり芳しくなく、活躍したとしても引退までに15勝程度がやっとと言われる。 しかし、藤田騎手には各方面から期待の声が多く挙が…

つづきを見る

【吉見健明のダッグアウト取材メモ】長嶋茂雄リハビリ視察4000日目前!

プロ野球の巨人の宮崎キャンプでは、清原容疑者の逮捕について、「ウン~」と渋い顔をするだけで多くを語らなかった“ミスター”こと長嶋茂雄(80)。 キャンプ視察から帰京した翌日(2月15日)からリハビリは休まず行われた。 昨年10月から1月末まで、多摩川台公園は改修工事があり、入園できなかった。ミスターは毎週月曜日はいつも…

つづきを見る

リオ五輪予選敗退「なでしこジャパン」に急務の世代交代

サッカー女子日本代表『なでしこジャパン』がリオデジャネイロ五輪のアジア最終予選を突破できず、4大会連続の五輪出場を逃した。 3月7日に行われたアジア最終予選4戦目で日本は初勝利を挙げたが、予選リーグ順位のトップを争っていたオーストラリアと中国が共に勝利したため、なでしこジャパンの予選敗退が決定した。 五輪出場を逃した結…

つづきを見る

清原和博VS朝青龍の「世紀の悪役格闘マッチ」計画

覚醒剤で逮捕された清原和博容疑者(48)の今後ついて、一気に注目が集まり出した。 裁判の初公判が5月17日に決まったということだけではなく、それ以降のことについてだ。 清原はまもなく保釈される予定だが、まだ確定はしていない。 「身元引受人がいないということですが、それが一番の理由ではないでしょう。保釈されたらマスコミの…

つづきを見る

新国立競技場「聖火台」問題で責任のなすりあい

東京五輪・パラリンピックでまたもや問題が浮上した。 メーンスタジアムとなる新国立競技場に聖火台の置き場がないことが発覚したのだ。 「建築家の隈研吾氏の設計では木材がふんだんに使われています。屋根に聖火台をのせるとなれば、消防法上の問題があり、競技場の外に置くとなると、国際オリンピック(IOC)のルールに反します」(JO…

つづきを見る

清原和博が「恩人」仰木彬氏にとった非礼の数々

「清原さんに注意してくださいよ!」 関西を拠点とするプロ野球解説者たちは、各方面からそんな訴えをされていた。 スポーツ選手は挨拶と同時に握手を交わすことが多い。だが、清原和博容疑者(48)の握手は“暴力”だった。過剰な力で相手の手を握り潰しにくるのだ。 肉体を鍛えているプロ野球選手の仲間なら「痛い。何するんですか!?」…

つづきを見る

北島康介が現役集大成の日本選手権へ向け「秘密特訓」

競泳関係の間で、「北島が不気味…」と囁かれている。 北島康介(33)は現在、5大会連続の五輪出場を目指し、スペインで“秘密特訓”を行っている。平井伯昌・代表強化コーチの作った特別高地トレーニングメニューをこなしているのだが、北島の33歳という年齢を考えれば、「リオデジャネイロ五輪出場は難しいのでは?」と思うのが一般的で…

つづきを見る