スポーツ

札束イメージ

【吉見健明のダッグアウト取材メモ】今年で最後? ポスティング制度の「功罪」

「ポスティングシステムは人身売買」 情報番組『サンデーモーニング』(TBS系)で野球解説者の張本勲氏は強く批判していた。 そして、同制度を利用する広島・前田健太投手(27)のメジャー挑戦にお馴染みの「喝」を入れた。 「FAならともかく、日本の優秀な選手が獲られていくのは忍びない」 張本氏はそう付け加えていた。 しかし、…

つづきを見る

ラグビー女子日本代表は極貧生活! 収入ゼロの美女戦士たち

日本の女子サッカーを牽引する、なでしこの選手たちの年俸はおよそ300万円前後。ところが、収入が低い日本代表選手たちがいる。 それが、来夏のリオデジャネイロ五輪出場を決めた、女子7人制ラグビー代表の『サクラセブンズ』だ。だが、彼女たちの生活は五輪選手とは思えないほどのものだった。 11月28日にジャパンラグビートップリー…

つづきを見る

【吉見健明のダッグアウト取材メモ】長嶋野球に舵を切る・高橋監督の決断

高橋由伸監督(40)が誕生して長嶋茂雄さんのリハビリに活気が増してきた。 12月7日月曜日午前6時55分。自宅近くの多摩川台公園。気温6℃の寒さにもかかわらず、いつになく力強い足取りだ。 目の錯覚ではない。一般の人への「おはようございます!」という甲高い声に、熱いものが感じられた。さらに、ここを訪れたファンにミスターは…

つづきを見る

「次の次の理事長」をめぐり貴乃花親方が警戒する・人気急上昇のあの力士

次の次のリーダーを巡って壮絶な戦いが始まっている。 北の湖理事長(享年62)が11月20日に急逝した。日本相撲協会は翌日に臨時の理事会を開き、来年3月末までNo.2の八角事業部長(52=元横綱北勝海)が理事長代行を務めることを決定した。 4月の新体制発足に合わせて、外部理事を含む12人の理事の互選で新理事長を選出するこ…

つづきを見る

【吉見健明のダッグアウト取材メモ】野茂、松井… メジャー挑戦で負う「十字架」

12月4日、広島東洋カープの前田健太投手(27)のポスティング制度による大リーグ挑戦が容認された。 すでにダルビッシュ有(テキサス・レンジャーズ)、田中将大(ニューヨーク・ヤンキース)が海を渡ったように、いずれは日本ハムの大谷翔平投手(21)も憧れの舞台であるメジャーへ移籍する流れはできている。 表面的に日本球界とメジ…

つづきを見る

【吉見健明のダッグアウト取材メモ】掛布阪神の時代は必ずくる!

「監督要請きた?」 「僕にはきませんよ」 阪神金本監督誕生前のことだ。私が掛布雅之(60)と交わした携帯電話での短い会話である。 結果的には掛布は二軍監督に就任できたものの、9月23日に急逝したGMの中村勝広氏の悲願だった「カケを監督にしたい!」は実らなかった。 だが、中村GMの執念が通じての二軍監督であると私は思う。…

つづきを見る

高橋由伸新監督すでに四面楚歌! 原前監督が画策する「傀儡政権」

「まさか原さんが欠席とは…。退団後は会ってもいないし、話もしていない」 原氏が欠席したのは、高橋新監督の引退式となった11月23日の『ジャイアンツフェスタ2015』(東京ドーム)。背番号24を付けた高橋新監督は「由伸コール」の中で引退スピーチを行ったが、原氏の姿はそこになく、両氏の亀裂が明らかになった。 「10月19日…

つづきを見る

福原愛が石川佳純に完敗! 迫る「世代交代」でリオ五輪が危うい

ここ数年の女子卓球界は、福原愛(27)、石川佳純(22)、平野早矢香(30)の3人が牽引し続けてきた。しかし、ここ最近は伊藤美誠(15)、平野美宇(15)をはじめとする、有力な新世代達が続々と登場してきている。 11月17日に卓球ワールドツアー・スウェーデンオープンの準々決勝で、福原愛(27)が敗退した。そして、決勝戦…

つづきを見る

リオ五輪までに一枚岩になれるか?サッカー協会とJリーグの「深まる溝」とは

Jリーグと日本サッカー協会の対立が続いている。 11月30日に日本サッカー協会は、12月7~13日にカタールとUAEで行うU-22代表遠征に参加する候補メンバー23人を発表した。この遠征は最終的に26人の招集を予定しているという。 だが、これに先駆けて行われた11月23~26日の日程で行われた国内トレーニングキャンプで…

つづきを見る

5万人収容スタジアムに1万3千人… 五郎丸が危機感を抱くラグビーW杯

「まだ、チケットあるよと書いてほしい」 11月28日にエコパスタジアム(静岡県袋井市)でジャパンラグビートップリーグ『ヤマハ発動機ジュビロ対NECグリーンロケッツ』が行われた。 その試合前、日本代表フルバック(FB)でヤマハ所属の五郎丸歩(29)が、前述のように訴えていたのである。 「国内のトップリーグはワールドカップ…

つづきを見る