スポーツ

プロ野球スカウトが頭を悩ます関東一・オコエのドラフト指名順位は?

プロ野球ドラフト会議(10月22日)を目前に控えたこの時期、各球団のスカウトたちは1位指名と並行して“外れ1位”のリスト作りでも頭を抱えている。 「オコエ(瑠偉/18=関東一高)が良いとは聞いていたが、これほどとは思わなかった。群を抜いた俊足ぶりはもちろんだが、あの強肩と存在感の大きさは全盛期の新庄剛志を彷彿させるもの…

つづきを見る

福岡ソフトバンク・工藤公康監督 あえて選手を怒らせ力を引き出す手腕

工藤公康監督(52)は現役時代、西武の広岡達朗、森祇晶両監督の管理野球に反発したスター選手たちを大勢見てきた。その体験がホークス監督として、選手たちの反発にも全く動じない原動力に繋がったのだ。 主力選手からの批判を怖がらない――こんなエピソードがある。 西武時代、当時の東尾修、大田卓司、田淵幸一、石毛宏典といったスター…

つづきを見る

白鵬休場の裏真相 場所前から指摘されていた2つの心の重荷

9月13日から東京の両国国技館で幕を開けた大相撲秋場所。本命は横綱白鵬(30)だったが、初日からの2連敗で15日から休場となった。 場所後には史上最多優勝記録更新を祝うパーティーが開かれることもあって、2場所連続36回目の優勝に意欲を燃やしていたが、休場に追い込まれるような不安材料も転がっていた。 「白鵬の場所前の稽古…

つづきを見る

中日・落合GMが“責任転嫁”した谷繁兼任監督の現役引退

21年ぶりの8連敗を喫するなど、最下位争いする中日に『激震のオフ』が襲い掛かる。オフといえば、GM就任以来、容赦ない減額査定と解雇劇を続ける落合博満GM(61)の独壇場だが、今年は事情が違うようだ。 「昨年オフは目立った補強はしませんでした。ドラフトも社会人、大学生だけの指名でしたが、最下位争いでは編成統括者も何かしら…

つづきを見る

ジャニーズ人気にすがる女子バレー リオ五輪出場は大丈夫か

『FIVBワールドカップバレー2015』は女子が5位と伸び悩み、リオ五輪(2016年)の切符は来年5月の世界最終予選兼アジア予選まで持ち越しとなった。また、目下開催中の男子バレーも苦戦中である。 「バレーボールの競技人口は減っており、代表チームの国際試合はともかく、男女ともに国内リーグは火の車。日本バレーボール協会は打…

つづきを見る