スポーツ

現役No.1美人プロゴルファー イ・ボミの「食事会競争率」はなんと10倍!

日本国内を主戦場にしている韓国人プロゴルファーのイ・ボミ(27)の人気が急上昇中だ。 イ・ボミは国内賞金女王として、初の2億円台を突破するかが注目されている。今季はこれまで5勝し、現在までの獲得賞金は約1億9000万円。2位のテレサ・ルー(28)とは、約5000万円の差を付け、トップをひた走っている。 「女子の残りは5…

つづきを見る

阪神・金本新監督 ベテラン選手に対し「泣いて馬謖を斬れ」るか?

前代未聞の珍事! 金本知憲阪神新監督(47)が、ドラフトで当たりクジを開かなかったことは記憶に新しい。新監督の初仕事がドラフトのクジ引きなら、来季ペナントレースの主テーマは“世代交代”だ。 金本は10月20日、一軍選手と対面した。その後、個別ミーティングで、打撃成績を落としたキャプテンの鳥谷敬に「物足りなさすぎ!」と厳…

つづきを見る

GK・川島永嗣の再招集で「サッカー日本代表」が内部分裂危機

サッカー日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督(63)が“爆弾”を投下する。GKの川島永嗣(32)の代表招集を検討しているというのだ。 「2010年、川島はリールセ(ベルギー)に移籍し、12年夏からはスタンダール(同)と3年契約を結んだ。在籍2年目まではレギュラーだったが、昨季は出場機会が激減し、契約満了とともに退団しま…

つづきを見る

テレビの仕事がない!安藤美姫「私生活切り売り」の裏とは

これも、浅田真央(25=中京大学)の復帰余波だろうか。安藤美姫(27)が『私生活』の切り売りを始めた。 「新恋人とのツーショットだけではなく、愛娘を加えたスリーショットがブログ等で公開されました」(スポーツ紙記者) 新恋人とは、スペインのフィギュア選手のハビエル・フェルナンデス(24)のこと。カレの胸もとに顔を埋めるア…

つづきを見る

箱根駅伝から“山の神”が消える!? 密かに練られるルート変更「江の島駅伝」

いまだ噴火活動が収まらない神奈川県・箱根山。この状況に頭を抱えているのが関東学生陸上競技連盟と読売新聞社、かつ生中継を担当する日本テレビの面々。箱根駅伝(来年1月2~3日に開催予定)の開催を危ぶむ声が内外から上がり始めている。 実は、往路ゴールとなる新・小田原から箱根・芦ノ湖までの通称5区、さらに復路スタートとなる箱根…

つづきを見る

アニキ金本「初代“阪急タイガース!? ”監督」ようやくの船出!

10月19日(月)、坂井信也オーナー、南信男社長、四藤慶一郎専務同席の下、来季の阪神一軍監督に金本知憲氏(47)の就任がようやく決まった。 就任会見で金本は、「不安と希望が入り混じっています。しかし、今は『やってやろう!』という強い気持ちがあります。本当に身が引き締まる思いです。勝つこと、優勝させること、立て直すこと、…

つづきを見る

巨人・原監督が「満面笑顔の辞任会見」全真相

10月19日、巨人・原辰徳監督(57)が辞任会見で見せた笑顔とは――。 結論を先に言えば、“してやったり!”だろう。原監督の望み通りの次期監督案が決まったからだ。自身の意見が渡辺恒雄球団最高顧問、白石興二郎オーナーに認められたのである。 本サイト『まいじつ』の記事「巨人監督要請を秘かに待ち続けた江川卓「老境の名言」(1…

つづきを見る

白鵬出場して!年間全場所「大入り満員記録達成」がかかる九州場所

 疑問符が取れるのはいつのことか。秋場所、左ひざを痛めて横綱になって初めて休場し、改めてその抜けた穴の大きさを痛感させた白鵬(30)。休場中は関東近辺の温泉地に行ったり、自分のいない場所のテレビ中継を見たりしてノンビリ過ごしたそうだが、やはり土俵のことが気にかかっていたようだ。 10月6日に初めて移転前の旧宮城野部屋の…

つづきを見る

悲劇のヒロイン・田中智美の不参戦は吉か凶か「さいたま国際マラソン」の行方

 女の情念がさいたまの空を焼き焦がすかもしれない――。 11月15日、『第1回さいたま国際マラソン』が開催される。来年夏のリオデジャネイロ五輪の女子マラソン選手の選考会を兼ねているが、注目の田中智美(27)は出場を見送るようだ。 さいたま国際マラソンは、『横浜国際女子マラソン』を引き継いだもの。昨年、財政難を理由に終了…

つづきを見る

関東一・オコエを狙うロッテと巨人に「致命的な縁故」の差

「彼が出てくるだけで、球場の雰囲気が変わった!」 千葉ロッテの林信平球団本部長は今夏の甲子園大会を直接視察し、オコエ瑠偉外野手(右投右打/関東一高)をそう絶賛していた。 確かに、オコエは甲子園大会で評価を上げた選手の1人だ。ドラフト会議(10月22日)を直前に控えた今では、「外れ1位ではなく1位指名もあり得る」(在京球…

つづきを見る