トピックス

映画評論家・秋本鉄次のシネマ道『クライム スピード』

“愚兄賢弟”、兄弟で襲う銀行強盗&カー・アクション! 『クライム スピード』 東京テアトル、日活配給/有楽町スバル座ほかで11月7日より公開 監督/サリク・アンドレシアン 出演/エイドリアン・ブロディほか タタキのカツオも大好きだが、タタキ(強盗、強奪もの)の映画もイイねえ。洋画なら往年の『黄金の七人』(1965年~)…

つづきを見る

体長3mの未確認生物「ビッグフット」はエイリアン新説

 10月中旬、アメリカのマサチューセッツ州で、ニューイングランドUFO会議が開催され、ビッグフットのことが議論された。 体長約3mとされるビッグフットは地球生まれの未確認生物(UMA)として扱われてきたが、最新のビッグフット研究によると、ビッグフットはエイリアンという説が浮上した。 マジシャンの視点から霊能力者や超能力…

つづきを見る

バカ騒ぎ?バレンタインを抜いたハロウィーン市場約1220億円

今週末あたりから、日本各地でハロウィーンパーティーが行われる。ハロウィーンは古代ケルト人(ヨーロッパ系)が豊作祝いや、悪霊払いの儀式のためにはじめたとされる。それがアメリカに伝わり、日本では単なる仮装パーティーのようになった。 「日本でいつからはじまったのか定かではないが、東京ディズニーランドでイベントとして行われたの…

つづきを見る

同性愛者のメッカ・新宿二丁目でたしなむ「ハロウィーンの楽しみ方」

街はオレンジ、紫、黒とハロウィーンカラーで溢れかえっている。国内でハロウィーンの行事が浸透し始めたのは、ここ5年くらいだろうか。 恋人と過ごす定番の日となって久しいクリスマスに比べ、友人同士が気軽に集まることができて、「仮装」という日常を忘れて楽しめる一大イベントがすっかり日本人の心を魅了し、定着した。 都内では、特に…

つづきを見る

伝説の未確認生物「ジャージーデビル」撮影に成功か!?

アメリカでビッグフットやチュパカブラと並ぶメジャーなUMA(未確認生物)「ジャージーデビル」と思われる不思議な飛行生物が10月、アメリカのニュージャージー州ギャロウェイで撮影された。 ジャージーデビルとは、ニュージャージー州一帯で18世紀ごろから目撃されている。体長は2m以下で、ウマのような顔に、コウモリのような翼、ヘ…

つづきを見る

リケジョ、テツコ、レキジョ…いまのトレンドは「ソラジョ」なんだとか

女心と秋の空ではないけれど、秋はソラジョのシーズンなんだとか。漢字で書けば、『空女』。リケジョ(理系女子)やレキジョ(歴史女子)、スージョ(相撲女子)と同じように、お空大好き女性と思われがちだが、みつめているのは空模様ではない。彼女たちの“恋心”は飛行機、それも戦闘機に向いているのだ。 「鉄道好きのテツコ(鉄子)にちな…

つづきを見る

空前の猫ブーム! 癒やしビジネスのチャンスは無限大

働き盛りの現代人の多くは、男女問わずアロマテラピー、ヨガ、エステ、マッサージ、岩盤浴など美容や健康維持と同時にヒーリング(癒やし)のためにお金を使うことを惜しまない。 中でも普遍的な癒やしの1つに、ペットの存在は欠かせない。しかし、実際には、マンションやアパート暮らし、核家族やひとり暮らしが増加し続ける中で、ペットを飼…

つづきを見る

女子アナの一大ブランドとなった断トツ1位青学、2位早稲田…転落の慶応

一般学生はそろそろ“就活”も終わりの時期だが、女子アナの世界はいまからが本番だ。しかも、再来年の入社を目指すというのだから、異質な世界だ。とにかく、その競争率は想像を絶する。 「地方局を含めて1000倍以上の倍率はザラ。キー局だけなら数千倍じゃないですか。宝くじに当たるみたいなものです」(テレビライター・小林タケ氏) …

つづきを見る

映画評論家・秋本鉄次のシネマ道『ギャラクシー街道』

三谷幸喜流スペース・ロマコメはエロスのスパイスが薄口? 『ギャラクシー街道』 東宝配給/TOHOシネマズ新宿ほかで10月24日より公開 監督/三谷幸喜 出演/香取慎吾、綾瀬はるか、優香、遠藤憲一ほか 来年のNHK大河ドラマ『真田丸』の脚本も手掛けて、相変わらず売れっ子ぶりの三谷幸喜の新作映画は、今回で7本目となる監督作…

つづきを見る

ペットを飼う単身高齢者の急増で脚光を浴びる「ペット信託」サービス

犬猫を飼育する人は年々増加している。全国犬猫飼育調査によると、10年前に比べてペットを飼育する人が倍増。とくに50~70歳代の単身高齢者の伸びが顕著だという。 現在は犬猫の室内飼いが一般的で、寂しい一人暮らしの生活、精神的に癒やされるペットとの関係はより深いものとなっている。また、医療技術の進歩で寿命が伸びているのは人…

つづきを見る