社会

東京・小平市美人看護師殺害事件「NEWS ZERO」が被害者の鍵付きTwitterアカウントを放送の“...

9月28日放送の「NEWS ZERO」(日本テレビ系)が、被害者と思しき看護師の“鍵付き”Twitterアカウントの投稿を放送した。だが、このTwitterアカウントは、外部に非公開とする“鍵付き”であることを示すアイコンが付されていた。これは承認を得たユーザーのみが閲覧可能のはずなのだが…。番組は、被害者と男の関係が…

つづきを見る

韓国でヒートアップ! 売春は「犯罪」か「職業選択の自由」か…年内に下される憲法裁判所の判決

韓国・ソウル市鍾路区(チョンログ)の普信閣(ポシンカク)前で9月下旬、約700人の女性が売春の合法化デモを行った。ハント全国連合とハント女性従事者連盟が主催したもので、女性たちは性売買特別法の廃止と性売買従事者の労働者認定を求めた。 デモに参加した女性たちはサングラスとマスクで顔を隠し「売春禁止法を廃止しろ」「売春は生…

つづきを見る

こんな所でも中国マネー乱舞!「若い子爆買い」で飛田新地が高齢化!?

中国人観光客が日本で購入する4大商品は「魔法瓶」「セラミック包丁」「洗浄便座」そして「電気炊飯器」だといわれているが、番外でダントツ人気なのが実は“風俗”なのだという。 中国人の“爆買い”が、大阪の遊郭・飛田新地にも押し寄せている。夜ともなれば、団体から離れ、別行動でやって来たと思われる観光客が出没。スマートフォンの翻…

つづきを見る

ステロイド剤でさらに悪化…それでも安倍首相が画策する「憲法改正への執着」

ドタバタの国会劇場は閉幕した。歴代の政権が禁じてきた集団的自衛権の行使を可能にする安全保障関連法が9月19日未明に可決成立し、とりあえず安倍晋三首相は胸をなでおろしたといったところ。ただ、周囲は「採決が近づくにつれて顔色が青ざめていき、今にも倒れるかと思った。政権を放り投げた8年前とそっくりの表情だった」(自民党幹部)…

つづきを見る

熊谷・男女6人殺害 事件前にペルー人容疑者が新宿歌舞伎町で警察官と揉み合い目撃情報

ひょっとして新宿が血の海になっていたのかもしれない。埼玉県熊谷市で男女6人が無差別に殺された事件で、別の住居侵入の疑いで身柄を確保されたペルー人のナカダ・ルデナ・バイロン・ジョナタン容疑者(30)の関与が疑われている。しかし、ナカダ容疑者は確保前に住宅の2階の窓付近で包丁で自らの手首を切り、窓から落下し、意識不明の重体…

つづきを見る

Exif_JPEG_PICTURE

呑兵衛を狙い撃ち!軽減税率で「財務省の罠」にはまるビール業界

また、ささやかな庶民の愉しみを奪うつもりか。 酒税法改正と消費税軽減税率導入論議が同時に進む中、「財務官僚の陰謀か!?」との声が飛び交っている。 17年4月に消費税率が10%に引き上げられる際、財務省は「酒類を除く飲食料品」について年間4000円程度を上限に還付するシナリオを描いている。痛税感を少しでも和らげる苦肉の策…

つづきを見る

『太陽の塔』まさかの耐震工事入札業者ナシで世界遺産登録ピンチ!

開催から45年。日本万国博覧会(大阪万博=大阪府吹田市)のシンボルとなった『太陽の塔』がピンチだ。 『太陽の塔』は高さ70メートル、上部・胴体・背中にそれぞれ未来・現在・過去を表す“顔”を持つ、芸術家の故・岡本太郎氏の代表作で、万博終了後も万博記念公園に残された。 だが、芸術的すぎる太陽の塔だけに、内部は空洞で、生命の…

つづきを見る

一網打尽!大詰めを迎えたJKビジネス最終摘発シナリオとは

現役女子高生の接客を売り物にするJKビジネスが、最終局面を迎えている。 警視庁保安課は9月上旬、女子高生がマジックミラー越しに下着を見せる「JK見学クラブ」を無許可で営業したとして、興行場法違反容疑で、『アイドル学園すた☆ぷろ』の経営者(52)を逮捕した。同容疑者は容疑を認めている。 JKビジネス関連では、労働基準法や…

つづきを見る

山下財宝も出る!? ポーランドで「伝説のナチス黄金列車」発見

伝説の『黄金列車』が、ポーランド南西部の地中で発見されたという。 このお宝は、第2次世界大戦末期、ナチス・ドイツが略奪した宝石や芸術品などを積んだまま行方不明になったとされる、いわくつきのものだ。 この報告を受け、気の早いポーランド政府は国軍を同地に派遣したことから、現地では蜂の巣をつついたような大騒ぎになった。 「戦…

つづきを見る

安保法案を成立させた安倍首相を襲う離婚、健康、新国立競技場問題3つの火種

悲願の安全保障関連法案を成立させた安倍晋三首相。 「強行採決後の世論調査で内閣支持率が下がるのは織り込み済み。しかし、その幅はかなり限定的と安倍首相は読んでいました。官邸の情勢分析レポートでは、例えば『徴兵制につながる』という感情的な批判について、『冷静に論破して国民の理解も得られつつある』と自画自賛していた。法案を押…

つづきを見る