社会

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

山口組分裂余波か 名古屋「挟み撃ち」殺人事件で外国人犯罪グループ抗争連鎖の危惧

昨年12月20日に名古屋市中川区の路上で、イラン国籍のアナミ・シルマルド・ミラードさん(27)が複数の男から暴行され死亡した。 走行中の乗用車の前後を別の乗用車が塞ぎ、挟み撃ちにした事件といえばお分かりになる方も多いだろう。入国管理局に問い合わせた結果、ミラードさんは不法入国者だったと判明している。 「東京の薬物密売の…

つづきを見る

電車痴漢しても「諭旨解雇」は無効判決!裁判官の人材不足の恐ろしさ

昨年12月25日に大手新聞も驚く意外な裁判判決が出た。 電車内で痴漢をしたとして略式命令を受けた東京メトロの元男性社員が、諭旨解雇は不当だと訴えた裁判で、東京地裁は解雇を無効とする判決を言い渡した。 「男性は2013年12月、出勤のため乗車していた東京メトロ車内で、当時14歳の女性のお尻などを服の上から約5分間触った疑…

つづきを見る

高校生イメージ

芸人仲間がピンときた!「キングオブコメディ」高橋健一にロリコン癖の数々

警視庁捜査3課は12月末、都内の高校に忍び込んで女子生徒の制服などを盗んだとして、お笑いコンビ『キングオブコメディ』の高橋健一容疑者(44)を窃盗及び建造物侵入の疑いで逮捕した。 高橋容疑者は「性的欲求を満たすため、20年くらい前からやっていた」と供述してるという。容疑者の自宅からは大型のポリ袋約70袋に入った制服など…

つづきを見る

国産の木材で賄えるのか? 新国立競技場建設「仏作って魂入れず」の疑念

昨年12月22日、迷走を続けてきた新国立競技場建設問題がようやく決着した。優先交渉権者として、大成建設、建築家の隈研吾氏、梓設計のA案に決定した。 「旧国立競技場の施工会社も大成建設でしたね。偶然とはいえ、新旧の国立競技場を同じ建設会社が施工するので『出来レースでは?』と穿った見方をする人もいます」(永田町関係者) 最…

つづきを見る

澤穂希、浜口京子、吉田沙保里… 参院選出馬「女の格闘バトル」

女子サッカー日本代表の澤穂希(37)が今季限りで現役引退を発表し、そのニュースは日本中を驚かせた。澤が“引退を表明せざるを得ない”何かが起きたのかだろうか。 「憶測を呼んだのが妊娠説。今年8月に結婚した澤は、『子供がほしい』と話していました。しかし、妊娠なら理由を隠す必要がない。自民党から参院選出馬のゴーサインが出たの…

つづきを見る

初日の出にトラブル続出? 10年で5倍に増えた暴走集団「旧車會」とは

『旧車會』という暴走集団の数が、この10年で5倍に増えているという。 旧車會というのは、基本的には暴走集団だが、暴走族とは違う。大人バージョンの走り屋だ。 暴走族は少年主体で無免許が当たり前だが、旧車會は免許を所有しているのが大きな違い。そして、「旧車」と呼ぶように1980年代に発売された古いバイクを改造して乗り回すの…

つづきを見る

申年に起きた政変、天変地異、大災害…そして、近代五輪もスタートした!

まもなく申年とオリンピックイヤーの2016年を迎える。加えて東日本大震災から5周年。政変や天災が多いとされる申年はどういう1年なのか。 まずは政治。『壬申の乱』(672年)という歴史的事件が起きたように、申年は政治の世界も大荒れだ。 「サル社会でのボスザル争いと連動しているのかは分かりませんが、申年に政変が多いのは事実…

つづきを見る

舛添都知事を脅かす猪瀬直樹氏大阪府・市特別顧問就任

突然の一報だった。松井一郎大阪府知事が、猪瀬直樹前東京都知事に大阪府市特別顧問への就任を要請したことで、舛添要一都知事周辺が騒々しくなってきた。 「最初は『次の都知事選の布石か?』という、うがった見方も飛び出したほどでした。しかし、猪瀬氏は公民権停止中の身で、次の2018年の都知事選出場は不可能です。それでも、舛添知事…

つづきを見る

セーラー万年筆お家騒動 社長はかつて話題になった事件の関係者

100年の歴史を持つ、老舗文具メーカーのセーラー万年筆に“お家騒動”が勃発した。同社は12月12日に中島義雄社長(73)の解任を発表したが、これに中島氏は猛反発し、「決議は無効」として東京地裁へ地位保全の仮処分を申請したのだ。 同社は昨年12月期まで8期連続で赤字を出し続けている。これでさらにドロ沼抗争が長期化するよう…

つづきを見る

杭打ちデータ偽装、解決へ…国交省すら「及び腰」

建築業界の杭(くい)打ちデータ偽装問題で、滋賀県は14日、県有施設4件でデータ流用が判明したと明らかにした。 この4件は県営住宅や県立高校などで、うち3件の施工業者はジャパンパイル、残り1件は日本コンクリート工業が請け負っていた。いずれも杭は地盤(支持層)に到達しており、安全性に問題はないという。 データの流用が次々と…

つづきを見る