お酒

アメリカは日本より「下半身スキャンダル」に厳しい!?

アメリカの名優であるケヴィン・スペイシーや、大物映画制作者のハーヴェイ・ワインスタインのセクハラスキャンダルから始まった性暴行告発キャンペーン『Me too(私もやられた)』が、有名人たちの“墓場”と化している。 「ゴールデングローブ賞を6回も受賞したアメリカの俳優ダスティン・ホフマンも、32年前に撮影現場で、当時17…

つづきを見る

ラーメン屋でファミレスで!お気軽「チョイ飲み」のススメ

仕事で疲れた帰り道や、嫌なことがあったあと、またはちょっとうれしいことがあってひとりでお祝いしたいとき――。缶ビールを買って家で飲んでもいいけれど、生ビールをぐいっと飲みたいという気分になったら、実は“ラーメン屋”がおすすめだ。 ラーメン屋には、中華料理店や食券方式のチェーン店もあり、そもそも餃子やレバニラ炒めなど、中…

つづきを見る

なぜ消えた!? ビールの「水着キャンペーンガール」たち

真夏の暑さが少し和らぎ、秋の気配を感じるようになりました。しかしまだまだ仕事帰りに居酒屋へ寄り、ジョッキでビールをあおるのが何よりの楽しみ、という人も多いと思います。 ところで最近、その居酒屋で「何か足りないな~」っと感じたことはありませんか? ホラ、アレですよ。海辺で水着美女がビールジョッキ片手にニッコリと微笑んでい…

つづきを見る

太ることを気にしないで飲める酒の種類とは?

“夏へ向けてのダイエット”というと、まず禁酒をするという人も多いはず。確かに酒はダイエットの敵。なぜなら、アルコールを摂取すると、肝臓がアルコールの分解を第一に働くので、血糖値のコントロール能力が低下し、空腹感を感じて、いつもより食べ過ぎになってしまうからだ。 飲酒後のシメに、ラーメンやお茶漬けなどを食べたくなってしま…

つづきを見る

ダイエット本を出版した伊藤かずえの「酒豪伝説」

女優の伊藤かずえが先日、東京都内でダイエットレシピ本『伊藤かずえが12キロやせたレシピ』の発売記念イベントに出席した。 昨年11月のテレビ番組でダイエットに挑戦したのがきっかけで、200日で12キロの減量に成功したという。昨年まで高校1年生の長女に「デブ! 顔デカ」と毒づかれていたそうだが、53.5キロをキープする現在…

つづきを見る

世界で高評価を得ている日本の「甲州ワイン」

ワインの本場といえばフランスだが、最近になって世界中から注目されているワインの品種がある。それは、日本の『甲州ワイン』だ。 甲州(Koshu)は、2010年に欧州連合(EU)でブドウの品種として登録され、それ以来、着々と世界中に甲州ワインのファンを増やしている。甲州で作ったワインは、穏やかで爽やかな味わい。成分的には欧…

つづきを見る

Beautiful couple drinking rose wine

フランスで「ロゼワイン」が定番になりつつある理由

白でも赤でもないロゼワインに対して、日本人が持つイメージは“ワインビギナー向け”、“甘ったるい”というものが多い。ところが、フランスでは、いまやロゼワインの消費量が白ワインを抜くほどの人気だ。席に着き、最初の1本(1杯)にはロゼを頼むのが定番になっているという。どうしてロゼが人気になのか? フランスだけでなく世界のワイ…

つづきを見る

美容にもダイエットにも!お酒を飲むなら「マッコリ」を

お酒は好きだけど糖質やカロリーが気になる…という人におすすめなのが、韓国のマッコリだ。マッコリは、もち米、麦、小麦粉などを蒸して、麹と水を混ぜて発酵させた酒で、美容効果が高いのだ。 マッコリは乳酸菌、タンパク質やビタミンB、食物繊維が豊富で、1ミリリットルに含まれる乳酸菌の数は1億個ともいわれる。乳酸菌の量はヨーグルト…

つづきを見る

「二日酔い防止」に効く意外な果物と野菜

アサヒグループのイノベーション研究所の発表によると、お酒を飲むときにトマトやマンゴーを一緒に食べると、アルコールの吸収が緩やかになり、二日酔い防止にもなるのだという。 そもそも、なぜ酔うかというと、肝臓で分解しきれなかったアルコールが血液に流れ、血液中のアルコール濃度が高くなるからだ。これにより、脳内のアルコール濃度も…

つづきを見る

飲みすぎ防止に知っておきたい「カロリーの高いお酒ランキング」

お酒の席でまずはビールで乾杯の人も、最初からチューハイを飲む人も気を付けたいことがある。お酒には、意外と高カロリーのものが多いということだ。 そこで、100mlあたりのカロリーではなく、“1杯で飲む量”を基準にしてお酒の種類別に10位まででランキング。何かとお酒を飲む機会の多いいまの時期の参考にしてみてほしい(カロリー…

つづきを見る