ごめん、愛してる

「ごめん、愛してる」が不満続出で最終回迎えた理由

9月17日に最終回を迎えた『TOKIO』の長瀬智也主演の連続ドラマ『ごめん、愛してる』(TBS系)は、2004年に韓国KBSテレビで制作され、『冬のソナタ』(2002年)をしのぐ最高視聴率を記録したドラマをリメイクした作品だ。元となったドラマはその年の韓国ドラマ界の各賞を総なめにしていることもあり、放送前は高い前評判だ…

つづきを見る

「ごめん、愛してる」最終回前に離脱者が続出した理由

『TOKIO』の長瀬智也が主演している連続ドラマ『ごめん、愛してる』(TBS系)がいよいよ最終回を迎える。 このドラマは、韓国マフィアとして汚れた半生を過ごしてきた主人公の律(長瀬)が、母親を探し出し、心臓の悪い弟に自分の心臓を捧げるというストーリーだ。律は韓国で銃弾を頭に受けたときの後遺症で、長く生きられないのだ。 …

つづきを見る

ストーリーが陰鬱すぎる「ごめん、愛してる」リタイア視聴者続出

現在放送中の連続ドラマ『ごめん、愛してる』(TBS系)で、長瀬の演技力の低さと、古臭い演出の影響で、視聴を”リタイア”する人が続出している。 8月13日に放送された第5話では、三田凛華(吉岡里帆)がアメリカに出発する直前に、岡崎律(長瀬智也)が自動車のなかで苦しみだし、それ気がついた凛華は岡崎を家まで送って看病すること…

つづきを見る

「ごめん、愛してる」撮影現場で火花を散らす吉岡里帆と大西礼芳

『TOKIO』の長瀬智也が主演する連続ドラマ『ごめん、愛してる』(TBS系)の撮影現場では、ヒロインの吉岡里帆と大西礼芳のあいだに凄まじい“緊張関係”があるという。 「吉岡と大西は役柄上、坂口健太郎が演じるピアニストを取り合うという関係なのですが、吉岡の方は坂口に告白できず、いつも一緒にいる付き人なのに振り向いてもらえ…

つづきを見る

長瀬智也「ごめん、愛してる」視聴率ひと桁スタート!厳しい見方

『TOKIO』の長瀬智也が主演するドラマ『ごめん、愛してる』が7月9日に初回放送を迎え、平均視聴率は9.8%と、ふた桁に届かない結果に終わった。 「このドラマの放送されている『日曜劇場』の枠は、2013年に『半沢直樹』が空前の人気作品になり、伝統の日曜劇場の名を改めて認識させました。長瀬は問題の多いジャニーズ事務所にあ…

つづきを見る

「ごめん、愛してる」で長瀬智也以上の存在感を放つ吉岡里帆

『TOKIO』の長瀬智也が主演する連続ドラマ『ごめん、愛してる』(TBS系)の第1話が7月9日に放送され、初回平均視聴率は9.8%だった。 「このドラマは韓国で人気だったドラマのリメイク作品です。韓流ドラマのブームが去り、時間が経ってひと回りしたことで『久しぶりに韓国ドラマが楽しめる』と、主婦層を中心に視聴者が集まった…

つづきを見る

「ごめん、愛してる」初回放送で酷評された長瀬智也

7月9日に放送された連続ドラマ『ごめん、愛してる』(TBS系)は、初回放送で25分の拡大版で放送された。そのなかで、主演の長瀬智也の演技や、韓国語が下手すぎると話題になっている。 原作は、韓国KBSで制作された純愛ドラマで、今作は舞台を日本に移したリメイク版だ。韓国版は日本でも大ヒットとなった『冬のソナタ』の記録を抜い…

つづきを見る

10代男子が抱く長瀬智也のイメージ「むっつりスケベ」本人反論

7月6日に放送された『夏ドラマ開幕直前祭!』(TBS系)で、夏からの連続ドラマ3作品のひとつ、日曜劇場『ごめん、愛してる』の見どころが紹介された。 原作は、韓国KBSで制作された純愛ドラマ。名作『冬のソナタ』の記録を抜く、最高視聴率29.2%を記録した作品で、今回は、舞台を日本に移したリメイク版だ。主演する『TOKIO…

つづきを見る

「あなそれ」の成功で泥沼恋愛ドラマの復権なるか

ドラマ『あなたのことはそれほど』(TBS系)の成功で、泥沼の恋愛を題材にした作品は視聴率が高くなることが明確になった。そこで、この7月からスタートする連続ドラマのなかで注目されているのが、『TOKIO』の長瀬智也が主演する『ごめん、愛している』(TBS系)だ。 「韓国で大ヒットしたドラマを原作としています。幼いころに母…

つづきを見る