さくらももこ

アニメ主題歌「超名曲」の多くが原作者によって産み出されてきた理由

静岡県清水市に住む小学校3年生の女の子の、1975年ごろの日常生活を描いた漫画『ちびまる子ちゃん』の作者・さくらももこさんが、8月15日に亡くなった。モデルはさくらさん自身の少女時代だ。 作品のアニメ主題歌である『おどるポンポコリン』は、『B.B.クィーンズ』が歌うオリジナル版がリリースされた後、『E-girls』や『…

つづきを見る

『ちびまる子ちゃん』ロバート山本が熱弁した「神回」がメモリアルDVDに収録?

9月2日に放送されたアニメ『ちびまる子ちゃん』(フジテレビ系)が、視聴率14.3%(ビデオリサーチ調べ/関東地区)を獲得した。原作者・さくらももこさんの訃報が伝えられてから初めての放送ということで、ここ最近の中ではかなりの高視聴率となった。ちまたでは“メモリアルDVD”販売のウワサも浮上している。 「アニメ『ちびまる子…

つづきを見る

小倉智昭のブログは「ゴーストライターが書いている!」とバレた?理由

8月29日放送の『とくダネ!』(フジテレビ系)で、MCの小倉智昭がアニメ『ちびまる子ちゃん』(同局)を見たことがないと告白。無神経な一言にネット上で批判の声が相次いだ。 『ちびまる子ちゃん』の作者・さくらももこさんが、乳がんのため53歳でこの世を去った。フジテレビではアニメ『ちびまる子ちゃん』を28年にわたって放送し続…

つづきを見る

さくらももこ逝去で「ちびまる子ちゃん」新作映画急遽製作か

国民的アニメ『ちびまる子ちゃん』の作者・さくらももこさんの訃報が突然にもたらされた。   去る8月15日、さくらさんは乳がんのため、53歳という若さで亡くなったという。あまりに急な悲しい知らせに、各界から追悼の声が相次いでいる。 さくらさんは静岡県出身で、漫画は「ちびまる子ちゃん」の他『コジコジ』『神のちから…

つづきを見る