のん

新垣結衣の紅白歌合戦審査員出演の裏にあったのん潰し

12月20日に最終回を迎えた連続ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)で主演した新垣結衣(28)が、大みそかの『NHK紅白歌合戦』にゲスト審査員として出演することが、21日にNHKから発表された。急きょ、新垣の出演が決まった背景には“ある意図”が見え隠れしている。 「新垣が星野源との契約結婚夫婦を演じた逃げ恥は、…

つづきを見る

映画「この世界の片隅に」をヒットに導いた功労者のんに触れないテレビ局

12月8日に放送されたニュース番組『報道ステーション』(テレビ朝日系)で、アニメ映画『この世界の片隅に』が異例のヒットになっていることが紹介された。しかし、それに貢献したのん(23)については触れられることはなかった。 番組内では片渕須直監督のインタビューを通して、その製作の過程で起こったことを明かしていく内容だった。…

つづきを見る

宮藤官九郎が脚本を担当する大河ドラマで「あまちゃん」出演者の有村架純とのんは共演しない?

2019年のNHK大河ドラマは、脚本家の宮藤官九郎が担当することがNHKの公式サイトで発表された。 オリンピックの歴史を題材にして、1964年の東京五輪開催までの人間ドラマを描き、2020年に開催される予定の東京五輪・パラリンピックを盛り上げていく内容にするという。これに際し、宮藤が脚本を担当し、2013年に放送された…

つづきを見る

出演映画が好調なのんのことをテレビ局が一切取り扱わない理由

昨年4月に所属芸能事務所に無断で個人事務所を設立していたことが報じられ、演技指導の女性による洗脳や独立などで世間を騒がせた女優の能年玲奈(23)は、今年7月に芸能事務所との契約が満了となったことを機に『のん』と改名した。 そして、自ら代表取締役を務める個人事務所『株式会社non』を設立し、芸能活動を再開させている。 1…

つづきを見る

能年玲奈時代の芸能事務所がのんの穴を埋めるために抜擢したタレント

昨年1月に、所属芸能事務所には無断で個人事務所を設立したことでトラブルになり、そのあいだほぼ長期休業になった末、今年7月から能年玲奈から改名した、のん(23)に気になる“刺客”が現れた。 ファッション誌『MORE』 の専属モデルとして活躍する一方で、『仮面ライダードライブ』(テレビ朝日系)など女優で女優として活躍し、日…

つづきを見る

開店休業状態ののんを救うのはNHKの朝ドラか?

能年玲奈改め、のん(23)が、久方ぶりにテレビ番組へ登場した。 10月19日に、彼女が声優を務めるアニメーション映画『この世界の片隅に』(片渕須直監督)について、NHKのニュース番組『おはよう日本』が放送したのだ。 いよいよ本格的な芸能活動が再開するのかとも思わされたが、まだまだすんなりとはいかないようだ。 同映画は、…

つづきを見る

黒柳徹子の協力でのんが紅白歌合戦を復活の舞台に

  所属芸能事務所からの独立と個人事務所設立をめぐって、7月からに改名し、個人事務所で再出発した能年玲奈改めのん(23)に、頼もしい味方が現れた。 「のんは10月9日に自身のインスタグラムで、黒柳徹子と初対面した写真を公開したのです。黒柳の出演舞台『レティスとラベッジ』(EXシアター六本木)を観劇したあとに対面したとの…

つづきを見る

芸能界引退寸前だった能年玲奈に現れた「和解仲裁人」

7月に芸名を変更したのん(本名:能年玲奈=23)が、芸能活動を続けていくうえで、大きな味方を作ることに成功した。 のんは8月8日、2013年に放送された朝の連続テレビ小説『あまちゃん」(NHK)の舞台である岩手県を訪れた。 「のんは岩手県の達増拓也知事を表敬訪問しました。これに対して知事は『おかえりなさい』と歓迎したの…

つづきを見る

能年玲奈改め「のん」が笑福亭鶴瓶経由での松竹芸能入りを頼る

7月24日に放送された、上沼恵美子(61)が司会を務めるバラエティー番組『上沼・高田のクギズケ!』(読売テレビ)のなかで、能年玲奈(23)の問題が取り上げられ、能年がこの7月に、芸名を『のん』に変えたことについて触れた。 「離婚評論家の池内ひろ美が、改名についていきなり『大凶運字画数』だと発言。上沼も進行しにくかったよ…

つづきを見る

能年玲奈の事務所問題決着のカギを握る大物女優

昨年4月に東京スポーツで“洗脳騒動”が報じられてから、その行く末が心配された女優の能年玲奈(22)。 懸念された通り、SNS以外ではその姿をすっかり目にしなくなった。そして、能年の近況を知ることができる唯一のものとも言っていい彼女のブログが、久しぶりに注目を集めた。 5月10日に能年は、自身の出世作であるNHK朝の連続…

つづきを見る