みやぞん

ブルゾン、みやぞん、りんごちゃん… 日テレ“ゴリ押し”芸人が消え過ぎ!?

各テレビ局は、日夜〝推し芸人〟を紹介しているが、半年後に見掛けなくなることも少なくない。特に目立つのが、日本テレビが〝ゴリ押し〟していた芸能人だ。 まずは、ブルゾンちえみ。彼女は今年の3月に芸人を引退しており、現在は〝藤原しおり〟という名前で活動している。元ブルゾンは『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系)のコーナ…

つづきを見る

『CDTV』平井大を芸人に見間違える視聴者続出!「みやぞんかと思った」

優しい歌声と癒しのメロディーで人気急増中のシンガーソングライター・平井大。歌唱力に定評のある平井だが、7月13日放送の『CDTV ライブ!ライブ!』(TBS系)へ出演した際は、歌よりも〝顔〟に注目が集まってしまったようだ。 この日の番組で平井は、全国各地の中継先から熱い歌声を届ける〝出張ライブライブ〟のコーナーに登場。…

つづきを見る

『志村どうぶつ園』みやぞんの“保護犬”企画に批判…「虐待を見てるよう」

6月27日放送の『天才!志村どうぶつ園』(日本テレビ系)で行われた企画が、人間のエゴを感じさせる行動で視聴者の批判を招いたようだ。 批判が向けられたのは、『ANZEN漫才』のみやぞんが保護犬を引き取る企画だった。みやぞんが訪れたのは、70匹以上の保護犬がいるという都内の施設。犬たちは引き取り手が見つかるまで施設の会員が…

つづきを見る

みやぞん“ディスった”後輩芸人が大炎上! 今週の芸能ニュースTOP5

いろんな事件が相次いだ今週の芸能界。旬の話題をお届けする『まいじつ』で、今週最も話題となった芸能記事をご紹介します(1/16配信まで、独自ポイントで集計)。 1位 みやぞんディスりまくる後輩芸人の態度が大炎上「クズ過ぎ」「最低だ」 270pt. みやぞんディスりまくる後輩芸人の態度が大炎上「クズ過ぎ」「最低だ」 2位 …

つづきを見る

みやぞんディスりまくる後輩芸人の態度が大炎上「クズ過ぎ」「最低だ」

1月14日に放送された『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)に、『宮下草薙』の草薙航基が出演した。先輩に当たる『ANZEN漫才』のみやぞんとともに2人旅に出掛けたが、草薙はみやぞんとケンカ寸前に。草薙を「クズ」と批判する視聴者が続出している。 人と接するのが苦手な草薙と、前向きで明るいみやぞんの2人は静岡・伊東市で合流し、…

つづきを見る

みやぞんを売名に利用!? ゆきぽよの“言い訳”に「あり得ない」「失礼だ」

ギャル系モデルとして人気のタレント・ゆきぽよが、12月13日放送の『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)に出演。過去に自ら「結婚したい」「大好き」などと公言していた芸人『ANZEN漫才』みやぞんへの思いをあらためて語った。 番組内の話題が恋愛トークに及ぶと、ゆきぽよは朝日奈央から「みやぞん大好きじゃん!」と話を振られ、「…

つづきを見る

『イッテQ!』衝撃“うんち食べる”企画に大批判「放送すべきじゃない」

9月22日に放送された『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)の一部内容に対し、視聴者から批判的な声が続出した。 批判されたのは、『ANZEN漫才』みやぞんによる大紀行シリーズ「みやぞん絶景の旅in南アフリカ」。今回はヨハネスブルグから南アフリカを10日間かけて半周し、総移動距離4000キロにも及ぶキャンピングカー…

つづきを見る

『イッテQ!』みやぞんの“骨折シーン”放送に悲鳴「見てられない」

『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)で9月1日、『ANZEN漫才』のみやぞんが骨折したシーンが放送された。視聴者からは果敢に企画に挑んだみやぞんを称賛する声が続出していたが、「見ていて心が痛む」との声も。放送したことに賛否両論が噴出した。 みやぞんは自身のVTRに入る前、「ポキッって(骨が)折れちゃった」「ケガ…

つづきを見る

『イッテQ!』みやぞん“虫ドッキリ”に視聴者絶叫「食事中にふざけんな!」

6月23日放送の『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)にみやぞんが出演。メキシコを車で2500キロ横断するロケに挑戦した。番組途中、スタッフがみやぞんの食事に虫を入れるドッキリを仕掛けたが、「虫でドッキリを仕掛けるなんて」「メキシコの人に失礼」などと批判する声が殺到している。 普段の過酷なロケと比べてみやぞん本人…

つづきを見る

骨折は? みやぞん『イッテQ!』出演に疑問の声「放送していいの?」

『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)が6月2日に放送され、『ANZEN漫才』のみやぞんがアメリカロケを敢行。視聴者から好評を博していた。しかしこの日の放送は、みやぞんが中国ロケで骨折したと報じられてから初の放送。番組で骨折について触れられなかったことに首を傾げる視聴者もいた。 この日は『みやぞん はじめてのおつ…

つづきを見る