ゆりやんレトリィバァ

ゆりやんレトリィバァの“恋愛観”に「なんか怖い」「良い女ぶってる」

お笑いタレントのゆりやんレトリィバァが、6月14日放送の『痛快! 明石家電視台』(MBSテレビ)に出演。現在の恋愛事情を明かしたが、ネット上ではシラケ声があがっている。 この日、番組では「さんちゃん・稲ちゃん・ゆりやんの悩める令和カップル大集合!」というテーマのもと、3組のカップルの恋愛トークを展開。それぞれが出会いの…

つづきを見る

えなり&ゆりやん『Uber Eats』CMが不気味で不評「ホラー番組かと…」

日本における〝出前ブーム〟の立役者として知られる宅配サービス『Uber Eats』。4月からは、俳優・えなりかずきとお笑いタレントのゆりやんレトリィバァを起用した新CMも放送開始され、ますます勢いを増している。しかし彼らが出演するCMの内容に、ネット上では不評が続出しているようだ。 新CMは「バス停編」と「ものまね編」…

つづきを見る

ゆりやんレトリィバァの“業界評価”はナゼ高い? 世間に刺さらない天才芸人

お笑い芸人・ゆりやんレトリィバァをめぐり、業界評価と世間の評価がやたらとかけ離れてしまっている。 業界でのゆりやんの評価は〝天才〟。4月30日深夜放送の『NEWSの全力!!メイキング』(TBS系)では、『千鳥』の大悟が〝こいつには勝てないなと思った芸人〟でゆりやんの名をあげ、その度胸や根性を讃えていた。5月9日放送の『…

つづきを見る

中条あやみ出演『GU』特別CMに難癖!「理念をまったく理解していない」

ファッションブランド『GU』の新テレビCM『ファッションは自由だ。』篇が3月8日に公開され、ネット上で物議を醸している。 同CMは女優・中条あやみ、松本まりか、斉藤美和、ゆりやんレトリィバァ、海音、佐藤かよ、AYA、福士マリをキャストに迎え、ファッションを通して女性のエンパワーメントと『SDGs推進』に貢献することを目…

つづきを見る

『R-1』過去“最低”視聴率! 壊滅的な番組構成でオワコン化が加速

ひとり芸No.1を決めるお笑いコンテスト『R-1グランプリ2021』(フジテレビ系)の決勝戦が3月7日に、大阪で開催された。ゆりやんレトリィバァがチャンピオンに輝いたが、ネット上では番組全体に大ブーイングが起きている。 同番組は2002年に『R-1ぐらんぷり』としてスタート。19回目となる今回からは、『R-1グランプリ…

つづきを見る

女性芸人がどんどん社会派に…容姿イジりから卒業した女性芸人は…?

令和に入り、明らかに〝お笑い〟に対する考え方が変わりつつある。その流れが顕著に見えるのが、女性芸人の変化だろう。 ゆりやんレトリィバァは、これまで体型や容姿をネタにしてきて いたが、直近2年で約36キロの減量に成功して〝重要な笑いの要素〟を自ら捨て去った。しかし痩せたあとの彼女は、韓国のメーカー『サムスン電子』社から人…

つづきを見る

ゆりやん・36キロ痩せの“水着姿”に賛否「どこ目指してるの?」

お笑いタレント・ゆりやんレトリィバァが12月22日、ファッション&カルチャー誌『NYLON JAPAN』の公式インスタグラムに登場。大胆な水着姿に、賛否の声があがっている。 インスタグラムには《人々を笑いの渦に巻き込む国民的女芸人、ゆりやんレトリィバァがディーバとなって登場!》とつづられており、減量に成功したゆりやんが…

つづきを見る

唐田えりかのショートカットにツッコミ「ゆりやんレトリィバァに似てる」

芸能活動を自粛していた女優・唐田えりかが、カメラ月刊誌『日本カメラ』2021年1月号で、新連載をスタート。自粛していた活動を再開させた。 唐田は今年1月に俳優・東出昌大との不倫が発覚。当時、出演中だった連続ドラマ『病室で念仏を唱えないでください』(TBS系)の出演を自粛した。その後は目立った芸能活動はなく、雲隠れを決め…

つづきを見る

『THE W』今年も陰謀論者が発狂! ゆりやんの採点をめぐり「忖度だろ!」

12月14日に『女芸人No.1決定戦 THE W』(日本テレビ系)が放送された。その中で、出場者のゆりやんレトリィバァに審査員が忖度したとヒステリーを起こす視聴者がいるようだ。 予選Bブロックには『Aマッソ』、ゆりやん、吉住、『はなしょー』、『ぼる塾』が登場。勝ち残り方式とし、まずAマッソとゆりやんが競うことになった。…

つづきを見る

ゆりやんと志尊淳に疑問の声! スキンケアブランドの起用に「萎えた」

ピン芸人のゆりやんレトリィバァと、俳優の志尊淳がスキンケアブランド『KIEHL’S SINCE 1851(キールズ)」のブランドパートナーに就任したことがわかった。ネット上では、ブランドと起用タレントの〝ギャップ〟に、疑問の声が多くあがっている。 ブランドパートナー起用は、実はこの2人が日本初。起用理由は、…

つづきを見る