わいせつ教師事件簿

殴打数十回、露出強要、ゆすり…鬼畜の所業【平成わいせつ教師事件簿】

1995年、奈良県奈良市の県立高校で、演劇部顧問だった当時32歳の男性教諭Iが〝演技指導〟と称して暴行や性的虐待を繰り返し、逮捕された。Iには2年7カ月の〝激甘〟な実刑判決が下されている。 このIは、少なくとも1992年から3年間にわたり、演劇部の指導の際、複数の部員に暴行やわいせつ行為を繰り返していた。被害にあった1…

つづきを見る

服を脱げ、床を舐めろ…虐待認定に12年【平成わいせつ教師事件簿】

平成に起こった教師のわいせつ行為で、12年後に裁判で性的虐待が認定された事件がある。 大阪市南部の市立中学校に1996年、保健体育科教諭として男性教諭Y(当時32歳)が着任した。Yが剣道部顧問となったことで、部は全国大会に出場するほどのレベルアップを果たしたが、生徒に対する指導が問題だった。 Yは女生徒らに対して「全国…

つづきを見る

女子中学生を高速道路に手錠放置プレイ【平成わいせつ教師事件簿】

〝わいせつ教師〟による犯罪は、平成の時代にも一向に減ることはなかった。 中でも「悪質極まりない」と今でも語られているのが、2001年7月24日に兵庫県神戸市北区の中国自動車道で起こった『中国自動車道女子中学生手錠放置事件』だ。この事件は文部科学省が教師によるわいせつ行為に、原則懲戒免職で臨む方針に転じたきっかけとなった…

つづきを見る

あまりに多過ぎる教師&教育関係者の性犯罪 ~その2~

(その1からの続き) わいせつな犯罪を起こす教師が多過ぎる。文科省の『2015年度 公立学校教職員の人事行政状況調査』によると、わいせつ行為等で懲戒処分を受けた教師は、計224名(女性1名)。そのうち免職になったのは118名だが、裏を返せば残りの106名は教育現場へ復帰し、教壇に立ち続けている可能性が高い。 ちなみに、…

つづきを見る

あまりに多過ぎる教師&教育関係者の性犯罪 ~その1~

2017年も教師、教育関係者の性犯罪が多発した。その一例を見てみよう。 大阪府の市立小教諭の男(42)が、女子中学生をホテルに連れ込んで暴行し逮捕(5月20日) 奈良県の県立養護学校教諭の男(44)が、女性の下着を盗んで逮捕(5月27日) 埼玉県の市立中教諭の男(45)が、女子生徒の着替えを盗撮して逮捕(5月31日) …

つづきを見る

高校生イメージ

未成年への「性犯罪歴」がある教師が他県で再雇用されるカラクリ

教師による性犯罪は、相変わらず枚挙にいとまがない。 4月27日、愛知県教育委員会は50代の男性主事を懲戒免職処分とした。8年以上前に複数の教え子に対してわいせつ行為を行っていたことが、投書により発覚したためだ。5月20日には、大阪の市立小教諭の男が、女子中学生をホテルに連れ込んで暴行をして逮捕された。同27日には、奈良…

つづきを見る