アメリカ

トランプ大統領の命を脅かす歴代アメリカ大統領の「ジンクス」

アメリカのドナルド・トランプ大統領が、1月20日の大統領就任後から、『オバマケア』の見直し、メキシコ国境の壁の建設、TPPからの離脱、中東とアフリカの7カ国からの渡航者の入国禁止と、次々と大統領令に署名し、世界に衝撃を与えている。 特に入国制限については、各地で反対デモが起こり、2月10日は連邦控訴裁が入国禁止令差し止…

つづきを見る

幼くして亡くなった娘が何度も起こす「怪奇現象」

息子のセルフィー(自撮り)画像に、亡くなった妹の霊が写り込んだと、母親のパトリシア・ウィンチェスターさんが涙している。妹の霊は、生前お気に入りだった白いドレス姿で、その写真が話題となっている。 アメリカのテキサス州に在住しているウィンチェスターさんの13歳の息子のハンター・バウンズくんが、上半身裸で自撮りをした。首に金…

つづきを見る

恐れてはいけない!? 新アメリカ大統領「ビジネスマン」ドナルド・トランプ

2016年11月8日にアメリカで行われた大統領選挙で、多くの予想に反してドナルド・トランプ氏が次期大統領に選ばれ、2017年1月20日には大統領就任式が執り行われた。大統領選挙では「メキシコとの国境に壁を築く」など物議を醸す発言を繰り返し、“米軍撤退”など、日本でも大きな影響を懸念される発言で多くの人がトランプ大統領の…

つづきを見る

トランプ大統領の誕生で世界的に広がる「自国ファースト」思想

欧州の極右派政治家は、ドナルド・トランプ新アメリカ大統領の就任を、あたかも自身のことのように歓迎している。その面々には、フランスの極右政党『国民戦線』のマリーヌ・ル・ペン党首、オランダの同『自由党』のヘルト・ウィルダース党首、英国の右派政党『独立党』の欧州議会議員ナイジェル・ファラージ、オーストリアの極右政党『自由党』…

つづきを見る

トランプ新大統領誕生でハリウッドから日本人俳優や女優も追放か

ドナルド・トランプ新アメリカ大統領は、「アメリカ ファースト!」と就任式で叫んだ。その意味は、アメリカ社会において、外国人を排除していく姿勢を端的に示している。 トランプ大統領は、アメリカ労働総同盟に外国人労働者の総数を減らせと指示したとされる。 「トランプ大統領は方針書で、外国人労働者に対するグリーンカードの新たな付…

つづきを見る

アメリカやキリスト教内で未だに論争になる「へそ問題」

2015年11月にアメリカのピュー・リサーチ・センターが公表した調査結果に次のようなものがある。 《アメリカ国民の約6割が、ようやく“進化論派”になった》 ということは“創造論派”がまだ4割もいるということなのだろうか? 「2004年にアメリカのCBSテレビが行った世論調査では、回答者の55%が創造論を信じていると答え…

つづきを見る

2016年に起きた「世論調査」と「国民投票」の死

2016年は、世論調査の結果がことごとく覆された年だった。 まず、アメリカ大統領選挙において、ドナルド・トランプ氏の勝利を予測したメディアは皆無だった。州にもよるが、全体としては、当初からヒラリー・クリントン氏の優勢だという調査結果が打ち出されていた。世論調査の結果が、国民投票の結果で覆る。このようなことはアメリカ大統…

つづきを見る

Smiling emoji

神風や津波以外にも英語で通用するようになっている日本語がある

アメリカのニューヨーク近代美術館(MoMA)は昨年10月、ピカソやジャクソン・ポロックと並んで、日本発祥の“絵文字”を常設展示することを明らかにした。 この絵文字は、1999年にNTTドコモが携帯電話やポケットベル向けに、176種類を編み出したものだ。いまでは世界中でデジタルメッセージとして使用され、『emoji』とし…

つづきを見る

SNSで拡散した「悪魔の写真」の正体は?

新年早々、不気味な“悪魔の写真”が世界のオカルトマニアの間で話題になり、SNSで拡散されている。 アメリカのどこかで、霧深いときに撮影されたとされる画像には、デビルマンのようなシルエットが写っている。巨大な人型で両腕には翼が生えているようだ。まさに悪魔の姿を思わせる。 画像を投稿したのはアリゾナ州在住のリチャード・クリ…

つづきを見る

「暴言王」ドナルド・トランプ大統領は北朝鮮と外交協力する可能性も

アメリカの大統領選挙は、事前の世論調査を覆す大逆転勝利でドナルド・トランプ氏が大統領に就任することが決定した。 日本ではこれまで、トランプの極端な外交政策のことを、他人事のように面白がって見ていたが、それが現実路線となる。 「トランプが優勢になるや、早速株式市場や外為のマーケットが反応しました。円高はしばらく続きそうで…

つづきを見る