アメリカ

アメリカVS中国「貿易戦争」が勃発!中国市民に大打撃が思わぬ影響へ…

米中貿易戦争の可能性が高まる中、習近平中国国家主席が奥の手を使うようだ。それは最大の報復手段、消費者によるアメリカブランドの不買運動だ。これは“独裁国家”中国にしかできない作戦だ。 ただし、中国経済も大きな打撃を受ける可能性があるという。 「不買運動は中国自体にも打撃を与える恐れが大です。コカ・コーラやマクドナルド、ウ…

つづきを見る

ついに北朝鮮・崩壊の第一歩となるか「米朝会談の大敗北」

先の米朝首脳会談で、アメリカは米韓軍事演習を停止するなど大きく譲歩した。さらに、ドナルド・トランプ大統領は金正恩政権に対する“安全の保証”までも約束している。 これに対して北朝鮮は「朝鮮半島の完全な非核化に向けて努力する」と述べたにすぎない。あとはミサイルエンジンの試験場を破壊するとの“口約束”がなされたと伝えられてい…

つづきを見る

トランプ大統領「在日米軍撤退」なら第七艦隊を買っちゃえ!

在韓米軍の規模縮小は、アメリカのドナルド・トランプ大統領が言い出すまでもなく、その規模は1990年代から約3分の1にまで削減されている。しかも板門店(朝鮮戦争停戦のための軍事境界線上にある地区)付近からは大きく後退しており、北朝鮮の火砲の射程に入らない南方へ下がっている。 「2004年のブッシュジュニア政権下、ドナルド…

つづきを見る

本木雅弘の長男があえて「いばらの道」のモデルデビュー

俳優の本木雅弘の長男、雅楽(うた)が、『UTA』の名でモデルデビューを果たした。このほど行われた『コム デ ギャルソン・オム プリュス』と『アンダーカバー(UNDERCOVER)』の2019年春夏パリコレクションに出演したのだ。 UTAはアメリカのカリフォルニア州にある大学に在学中で、190センチメートルの長身を生かし…

つづきを見る

イラン「核兵器開発」で「原油輸入停止」再び日本経済に大打撃か

  2018年6月26日、トランプ政権は、日本などに対して11月4日までにイランからの原油輸入を停止することを要求した。これは、4月30日、イスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ首相がイランが核兵器開発計画を有していたことを証明する大量の文書を入手したとを発表したことに発する。これによって、中東情勢に新たな火種が…

つづきを見る

シルベスター・スタローンの旗色が悪くなってきた「16歳・性暴力捜査」

映画『ロッキー』シリーズで有名なハリウッド俳優のシルベスター・スタローンが、27年前に16歳の少女をレイプしたという容疑でロサンゼルス地検の捜査を受けていると報じられた。ロサンゼルス地検の広報がアメリカの放送局CNNに明かしたもので、スタローンの弁護士は無実を主張しているという。 報道によると、スタローンは告発者の女性…

つづきを見る

セクハラ、アルハラ

当然か?やり過ぎか?最新「セクハラ防止ルール」

性被害に声を上げる『#MeToo運動』が世界的な広がりを見せるなど、セクハラは現在、社会問題の最重要テーマのひとつだ。日本においても、財務省の福田前事務次官のセクハラ発言はもとより、それを追求していた朝日新聞社内でも上司が女性記者にセクハラをしていたと週刊誌が報じるなど、次から次へと表面化している。 そんななか、アメリ…

つづきを見る

金正恩委員長「マクドナルド誘致」で朝鮮半島に開発ブームが来るか

6月12日にシンガポールで開かれる史上初の米朝首脳会談。表向きは北朝鮮の非核化プロセスとその見返りがテーマだが、水面下で交渉が進められているのが大規模開発を伴う対北経済支援だ。 「6月3日付のワシントンポスト紙によると、金正恩委員長が北朝鮮にハンバーガーチェーン『マクドナルド』の誘致を希望しているらしいのです。実はニュ…

つづきを見る

テレビニュースに「爬虫類型エイリアン」が出演!?

テレビニュースに人類を食糧とする爬虫類型エイリアン『レプティリアン』が映っていたとして、UFOマニアのあいだで騒動となっている。   アメリカのフォックスニュースの女性キャスターであるマーサ・マッカラムが60年前の殺人事件を番組上で取り上げ、中継で女性にインタビューした。その女性の瞳孔は縦に黒いスリットが入っ…

つづきを見る

北朝鮮が崩壊して困るのは「地上で唯一」金正恩だけ

6月12日に予定されていた米朝首脳会談は、アメリカ政府が5月24日に北朝鮮の“約束違反”を理由に会談中止を発表した。アメリカ国内の世論では、北朝鮮が“人権蹂躙国家”と認識されていることも影響しているとみていいだろう。 「首脳会談の中止が発表されましたが、アメリカ政府関係機関は米朝記念メダルを製作していました。このメダル…

つづきを見る