アメリカ

アニメの影響?アメリカで「かつ丼」が流行するか

昨年、ニューヨーク・タイムズ紙が、アメリカで人気のある日本のアニメ『ユーリ!!! on ICE』を見て主人公の好きなかつ丼を作ってみたという人への取材記事を報じた。これが反響を呼び、実際にかつ丼を作るアメリカ人が急増しているという。 このアニメは、フィギュアスケートの特別強化選手である主人公の勝生勇利とその仲間たちの物…

つづきを見る

米国政府の陰謀か「ベルメハ島」忽然と消え失せた本当の理由

画像が表示されない場合はこちら また『Google Earth』からとんでもないニュースが飛び込んできた。まずは、この地図を見て頂きたい。一見すると何の変哲もない海底だが、なんとこの赤い印の地点には、1997年まで『ベルメハ』という名前の島が存在していたというのだ! 「存在していたはずの島がない? 何故?」と思った読者…

つづきを見る

アメリカ政府情報専門官による「金正恩最新プロファイル」

アメリカのドナルド・トランプ大統領が昨年11月に訪韓した折、青瓦台(韓国大統領府)で演説し、北朝鮮を「カルト国家だ」と断罪した。その骨子は以下の通りだ。 《北朝鮮は狂信的なカルト集団に支配された国である。この軍事的なカルト集団の中核には、朝鮮半島を支配し韓国人を奴隷として扱う家父長的な保護者として指導者が統治することが…

つづきを見る

驚異の的中率「イルミナティカード」予言したニュースの数々

アメリカのゲーム製作会社スティーブ・ジャクソン・ゲームズが1995年に『イルミナティカード』というカードゲームを発売した。正式名称は『イルミナティ・ニューワールドオーダー』といい、このカードには世界中で起こる数々の事件が予言されているといわれている。 最も有名なのは、2001年9月11日に起きたアメリカ同時多発テロを予…

つづきを見る

北朝鮮が「アジア系アメリカ人」を人質にしていた理由

北朝鮮に拘束され、アメリカのマイク・ポンペオ国務長官の訪朝に合わせて5月9日に解放された3名のアメリカ人。この人々は朝鮮系のアメリカ人で、そのうち2名は平壌科学技術大学の関係者だった。おそらく“対米カード”としてあえて拘束された人たちだろう。解放はディール(取引)なしに行われたが、日本の拉致被害者も落ち度はない人々なの…

つづきを見る

タイムトラベラーが見せた「3812年の火星」の証拠写真

アメリカでタイムトラベラーが急増している。写真やサプリメント剤など、未来から現代にやって来たという“証拠”を携えてタイムトラベルしてきた人も出てきているのだ。今回の女性タイムトラベラーは、現代から3812年にタイムトラベルし、火星の写真を撮って戻って来た。 タイムトラベラーを自称する37歳のメアリーは「3812年の火星…

つづきを見る

中国人留学生「日本の大学進学」を目指す理由

独立行政法人日本学生支援機構によると、2015年の中国人留学生数は約9万4000名と全外国人留学生中トップで、全体の約45%に上り、第2位のベトナム人(約3万9000名)を大きく引き離している。留学生のふたりにひとりが中国人という計算だ。 中国人の留学先における第1候補はやはりアメリカだ。アメリカ国際教育研究所の調査に…

つづきを見る

トランプ大統領「目前の敵」は金正恩ではなくメラニア夫人

アメリカ大統領に就任した当初から出ているドナルド・トランプ大統領夫妻の不仲説だが、いまだ事あるごとにメディアで取り上げられている。 昨年2月、フロリダでおこなわれた集会でメラニア夫人がトランプ大統領に腕を触られた瞬間、身震いするような嫌がる反応を示していた。また今年1月30日夜、議会で内外政策を盛り込んだ一般教書演説を…

つづきを見る

米FBIが中国「孔子学院」をスパイ活動容疑で捜査

北米で『孔子学院』の閉鎖が進んでいる。習近平政権は2016年までに139の国と地域に505の孔子学院、1008の孔子課堂(孔子学級)を設置すると公言しており、2020年までには全世界に孔子学院を普及させるとしている。 アメリカのシカゴ大学やペンシルベニア州立大学、カナダのマクマスター大学などが同学院を閉鎖した。しかもカ…

つづきを見る

Big Ben and the Palace of Westminster, landmark of London, UK

ロンドンの殺人件数がニューヨークを上回る事態に

メキシコの某非営利団体が、世界各地の“殺人発生率”を調査し、数字の高かった上位50都市を“世界で最も危険な都市”として発表した。トップ10を見ると、中南米の国々が数多くランクインしていることが分かる。 カラカス(ベネズエラ) サン・ペドロ・スーラ(ホンジュラス) サンサルバドル(エルサルバドル) アカプルコ(メキシコ)…

つづきを見る