アメリカ

異星飛来物体が伝える「メッセージ」の謎を描くSF映画

映画評論家・秋本鉄次のシネマ道『メッセージ』 ソニー配給/5月20日よりTOHOシネマズ六本木ヒルズほかで公開 監督/ドゥニ・ヴィルヌーヴ 出演/エイミー・アダムス、ジェレミー・レナーほか 一言で言えば“異星人接近遭遇もの”である。『未知との遭遇』(1977年)などの友好的な来訪もあれば、『インディペンデンス・デイ』(…

つづきを見る

米軍「横田基地」北朝鮮のせいで返還遠のく

東京都福生市など、5市1町にまたがる在日米軍横田基地に、対北朝鮮情勢をにらんでアメリカ空軍の無人偵察機『グローバルホーク』1機が、5月1日夜に飛来した。10月末まで暫定配備され、北朝鮮の弾道ミサイルや核施設などを監視し、情報収集するのが目的だ。 「横田基地には計5機が配備される予定で、関係整備士ら約110人が駐留します…

つづきを見る

トランプ米大統領「金正恩と会見してもいい」発言の真意

5月1日、トランプ米大統領がインタビューのなかで、北朝鮮の金正恩労働党委員長との会見をしても構わないと表明した。ただし、“状況が適切ならば”という条件付きだ。 どのような付帯条件かは不明だが、国際社会が北朝鮮に要求しているのは、核実験の停止と弾道ミサイル発射の中止だろう。恐らくこれを受け入れてからの話ということではない…

つづきを見る

R・デ・ニーロの狂気演技が際立つ「熱狂野球ファン」心理映画!

映画評論家・秋本鉄次が往年の名作傑作を探る『昔の映画が出ています』 作品目『ザ・ファン』 アメリカ/1996年 監督/トニー・スコット 出演/ロバート・デ・ニーロほか プロ野球シーズンもたけなわで、子供のころから野球ファンの僕は、サッカーよりも相撲よりも断然プロ野球である。それもワールド・ベースボール・クラシックとかで…

つづきを見る

台湾で激しさを増す「親中国派」と「親米親日派」の激突

台湾の烏山頭(うさんとう)ダムの建設に貢献した日本人、八田與一(はった・よいち)氏の銅像の頭部が切り落とされるという事件が起きた。 台湾は現在、2つの勢力に分かれている。親日親米派で、日本が台湾を統治する以前から台湾に移住して定住していた人々と、その子孫からなる“本省人”と呼ばれる勢力。そしてもう一方は、中国大陸で毛沢…

つづきを見る

カーチェイス映画ブームを起こしたS・マックイーンの代表作

映画評論家・秋本鉄次が往年の名作傑作を探る『昔の映画が出ています』 作品目『ブリット』 アメリカ/1968年 監督/ピーター・イエーツ 出演/スティーブ・マックイーンほか ゴールデンウィーク最大のカーアクション大作『ワイルド・スピード アイスブレイク』の公開に呼応して、半世紀近く前、カーチェイス映画ブームを巻き起こした…

つづきを見る

シリーズ第8弾「ワイルド・スピード」家族崩壊&技術攻防戦!

映画評論家・秋本鉄次のシネマ道『ワイルド・スピード アイスブレイク』 東宝東和配給/4月28日よりTOHOシネマズ日劇ほかで公開 監督/F・ゲイリー・グレイ 出演/ヴィン・ディーゼル、シャーリーズ・セロンほか もともとは路上暴走集団を描いた“B級アクション”だったが、あれよあれよと大ヒットし、シリーズ化もされ、積み上げ…

つづきを見る

競馬ファンは必見!夢の単勝転がし「一攫千金」映画

映画評論家・秋本鉄次が往年の名作傑作を探る『昔の映画が出ています』 作品目『のるかそるか』 アメリカ/1989年 監督/ジョー・ピトカ 出演/リチャード・ドレイファスほか 本格的な競馬シーズン到来で、天皇賞、オークス、ダービーとこれから目白押し、というわけで競馬映画をチョイス。名馬や名騎手などの作品よりあえて“馬券映画…

つづきを見る

「オバマは原生林の猿」北朝鮮アナウンサーの激ヤバ語録

北朝鮮で政治体制や主体思想を称えるプロパガンダの役割を果たしているのが『朝鮮中央テレビ』だ。朝鮮中央放送委員会の“おばさんアナウンサー”李春姫(リ・チュンヒ)の絶叫放送は、日本のお茶の間でも“人気”だ。 同テレビや労働新聞が発する敵対勢力へ向けての“暴言”は凄い。というよりも、論評に値しないと言った方がよいかもしれない…

つづきを見る

トランプ大統領の娘イヴァンカさん「大統領補佐官」就任へ

ホワイトハウスの発表によると、ドナルド・トランプ大統領の長女イヴァンカさんが大統領補佐官になるという。 アメリカには、公職者は自分が務めている政府機関に親族を任命、採用及び昇格をさせてはならないという『反縁故法』がある。しかし、トランプ大統領は同法の抜け穴をついて、親族であるにもかかわらずイヴァンカさんの夫のクシュナー…

つづきを見る