アメリカ

米大統領上級顧問クシュナー氏が中国を「出し抜いた」方法

米中首脳会談の夕食会が行われていた4月6日に、アメリカはシリアに対してミサイル攻撃を実行した。アメリカ海軍の駆逐艦が、化学兵器を用いた空爆を行ったシリア政府軍の飛行場に、59発の巡航ミサイルを撃ち込んだのである。 夕食会の冒頭でトランプ大統領は、「個人的な関係は深まった。合意に至らない点もあったが、概ね良好な関係を築け…

つづきを見る

キングコングも影響された?廃物飛行機を利用した脱出映画の名作

映画評論家・秋本鉄次が往年の名作傑作を探る『昔の映画が出ています』 作品目『飛べ! フェニックス』 アメリカ/1965年 監督/ロバート・アルドリッチ 出演/ジェームズ・スチュアートほか 春休み&ゴールデンウィーク映画大作の中では一番の面白さ! と僕も吹聴しまくっているのが『キングコング 髑髏島の巨神』。以前に新作紹介…

つづきを見る

トランプ政権の暴走を暗示か?映画「パージ:大統領令」

映画評論家・秋本鉄次のシネマ道『パージ:大統領令』 パルコ配給/4月14日よりTOHOシネマズ日劇ほかで公開 監督/ジャームズ・デモナコ 出演/フランク・グリロ、エリザベス・ミッチェルほか 1年に一晩の12時間だけ、すべての犯罪が合法となる法律が施行された世界を舞台にしたサスペンスドラマで、『パージ』(2013年)、『…

つづきを見る

世界各国で次々に公開され始めたUFO情報

まもなく世界中にエイリアンの存在が公表されるかもしれない。 エイリアンの真実を公開するための国際ロビー団体『ザ・ディスクロージャー・アクティビスツ(情報開示の活動家)』は、「驚くべきことに、世界各国の政府は『地球外知的生命体が存在するどころか、すでに地球に住んでいる』という緊急声明を出す準備に追われているのです」と明か…

つづきを見る

予選落ちだらけの石川遼が米ゴルフツアーに出場できている理由

アメリカ男子プロゴルフツアーのシェルヒューストンオープン(3月31日)で第2ラウンドが行われ、石川遼がトータル145とスコアを乱して予選落ちした。これで2周連続の予選落ちになった。 「クラブを交換したり、フォームをマイナーチェンジするなど試行錯誤の連続です。迷いがあるというか…」(専門誌記者) 石川に好意的な取材記者に…

つづきを見る

Beyonce wins an award at the 59th annual Grammy Awards in Los Angeles

ビヨンセが「妊娠中のエクササイズ」ハマっている

双子を妊娠していることを発表し、インスタグラムで世界最多の“いいね”を記録した人気シンガーのビヨンセ。5年前に長女のブルーアイヴィーちゃんを出産後、約30kgの減量に成功したといわれる彼女だが、今度は妊娠中からエクササイズに励んでいるところを目撃されている。 関係者がアメリカの雑誌『Us Weekly』に語ったところに…

つづきを見る

Brad Pitt attends Allied premiere in Madrid

離婚で傷心中のブラッド・ピットが目覚めた「新しい趣味」

昨年9月に人気女優のアンジェリーナ・ジョリーとの突然の離婚を発表して、世間に衝撃を走らせた俳優のブラッド・ピット。世界中が憧れる家族が一転、まさかの泥沼という思わぬ展開に発展し、世間がその行方に注目している。 今年のアカデミー賞授賞式では、ブラッドがステージに登場すると、会場にいる多くのセレブリティたちからは、まるで彼…

つづきを見る

絶品裸体にも注目!? 「攻殻機動隊」ハリウッド版が日本上陸

映画評論家・秋本鉄次のシネマ道『ゴースト・イン・ザ・シェル』 東宝東和配給/4月7日よりTOHOシネマズ新宿ほかで公開 監督/ルパート・サンダース 出演/スカーレット・ヨハンソン、ビートたけしほか 原作は士郎正宗のコミックスで、押井守監督のアニメでも世界的に知られる『攻殻機動隊 GHOST IN THE SHELL』。…

つづきを見る

ネタの一環なの?ピース・綾部祐二が渡米後即「緊急帰国」画策か

お笑いコンビ『ピース』の綾部祐二が、いつ渡米するのかに注目が集まっている。アメリカでの具体的な活動プランがはっきりしないため、本当に渡米するのか訝しんでいるメディアも多い。 4月2日に放送された、ピースのふたりがレギュラー出演しているスポーツ情報番組『追跡LIVE! Sports ウォッチャー』(テレビ東京系)では、相…

つづきを見る

金正男氏暗殺事件で暗躍した「スパイ」は日本にもいるのか?

金正男氏暗殺事件で暗躍したとされる“スパイ”という存在。中国では日本人がたびたびスパイ容疑で逮捕されるという報道を目にする。だが、日本で同様の事件が起きると、逮捕ではなく“国外退去”と報じられる。 つまり無罪なのだ。なぜなのか。 「海外の民主主義国では、“国民の知る権利”を保障するための情報公開法を整備しているのと同じ…

つづきを見る