イギリス

北朝鮮が史上初の外国人暗殺を目的に「乱数放送」再開

昨年7月、イギリスの北朝鮮大使館から韓国に亡命した太永浩(テ・ヨンホ)元公使を手助けしたとして、英米国籍のビジネスマン2人の暗殺指令が出ていると、イギリスの新聞サンデー・エクスプレスの電子版が伝えた。 同紙は《3月初頭、約8分間の北朝鮮の平壌放送のなかで暗号を伝達する手法で行われた》としており、脱北者の支援を得て暗号を…

つづきを見る

写真に写っていた土偶にそっくりの「未知の存在」

スコットランド中西部のローランド地方に住む男性が「未知の存在を撮影した」と主張している。 男性が甥と森を歩いていたときに、前を歩く甥を撮影した。 「そのとき、何者かがいる気配はしていたんですが、デジカメのモニターには特に人らしきものは写っていないし、肉眼でも誰も見えなかった」と男性は語る。 しかし、帰宅してパソコンに画…

つづきを見る

イギリスでウシを拉致するUFO写真が撮影された!

イギリス南西部のデヴォン州のダウリッシュ・ウォーレンで、遺伝子実験のためにウシを拉致するUFOが撮影された。複数のイギリスメディアが報じている。 先月、UFOチェイサー(追跡者)で、『ワールド・UFO・フォトズ』というグループの主任撮影者のジョン・ムーナー氏がUFOを撮影した。ムーナー氏は「これはエイリアンが遺伝子実験…

つづきを見る

世界中で昔ながらの「葉巻型UFO」目撃が増えている

イギリスで9月中旬に、非番の警官2名が、イングランド北東部のダラム州コンセットで、葉巻型UFOを撮影した。 空高く、銀ピカに光る葉巻のような物体が縦に浮いているように見える。周囲には何も存在していないので、独立して浮かんでいる。 UFOマニアは「動画では、手ぶれのせいか物体が動いているように見えるが、実際は動いておらず…

つづきを見る