イノシシ

畑が荒らされる「獣害」がひど過ぎてオオカミを放つ計画が進行中

野生のシカやイノシシが、畑の作物や植林の樹皮を食い荒らすことに頭を悩ませている地域で、駆除の切り札として、海外から輸入したオオカミを野に放つ計画が浮上している。 福岡県添田町では、住民グループなどが10月23日に、聴衆200名を集めて『オオカミフォーラム』を開催した。そこで演壇に立った添田町役場の担当者はこう訴えた。 …

つづきを見る