イモトアヤコ

土屋太鳳よりイモトアヤコ!?『下町ロケット』キャスト格差に不満続出

10月21日に『下町ロケット』(TBS系)の第2話が放送された。第1話は視聴率13.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)と想定よりも数字が振るわず視聴者からの評判も微妙だったが、第2話はさらに下がって12.4%。視聴者からの評判も芳しくないようだ。 佃航平(阿部寛)率いる中小企業「佃製作所」の活躍を描く同ドラマ…

つづきを見る

失速!『下町ロケット』第2シーズンで視聴率が大暴落した理由とは?

10月14日からスタートした阿部寛主演のTBSドラマ『下町ロケット』の視聴率が判明。初回は13.9%と、シーズン1の平均視聴率18.5%に比べて大きく数字を落としてしまった。 同作は2015年に放送されたドラマの続編で、原作は池井戸潤氏の同名小説。シーズン1の視聴率は最高22.3%を記録しており、いわばヒットが確約され…

つづきを見る

イモトアヤコ『下町ロケット』で熱演も「アドリブ」やりすぎと批判

10月14日にドラマ『下町ロケット』(TBS系)がスタートした。2015年に放送された第1シリーズに出演した阿部寛や土屋太鳳、竹内涼真ら主要キャストは「続投」。痛快な逆転劇が描かれるストーリーに今回も「感動した」との声が相次いだ。一方、今シリーズもイモトアヤコらお笑い芸人が主要キャストを務めることに、批判的な声も一定数…

つづきを見る

イモトアヤコが絶賛された「安室奈美恵への愛」にあふれたインスタ投稿とは

7月29日に放送された日本テレビ『世界の果てまでイッテQ!』で、イモトアヤコがついに大ファンを公言している安室奈美恵との対面が実現した。 イモトは安室と対談を行ない、安室から「(イッテQを)ずっと見ていました」「いつも応援してくれてありがとう」と熱い感謝を示され、念願のツーショット写真を撮影した。ここに至るまで、番組内…

つづきを見る

イモトアヤコ「安室奈美恵と対面」ファンのお手本と讃えられるも怒りの声も

7月29日に放送された『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)で、かねてから安室奈美恵の熱烈なファンだと公言してきたイモトアヤコが安室と初対面を果たした。2人を対面させるまでにスタッフは次々とイモトに苛烈な課題を与えた。それに耐えて限りない愛を証明したイモトに視聴者から絶賛の声が飛び交った一方で、イモトの愛をもてあ…

つづきを見る

安室奈美恵「イッテQ」に登場!イモトアヤコへの祝福がネット中に溢れる

今年9月に引退を表明している歌手の安室奈美恵が、7月29日に放送予定の『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)に出演する。前回の22日放送分の次週予告で告知され、この1週間、大きな話題を呼んでいた。 インターネット上では、《みたーいっ!》《見ます!楽しみ!》《予告見た見た! 来週面白そう!!》などと、楽しみにしてい…

つづきを見る

イモトアヤコのパスポートが海外ロケだらけなのに「有効期間5年」な理由

7月22日に日本テレビ系列で放送された『世界の果てまでイッテQ!』の中で、お笑い芸人のイモトアヤコがベナン共和国を訪れた。ひょんなことからイモトが自身のパスポートをカメラマンに見せる場面があったが、そのパスポートが視聴者の間で話題になった。 イモトの説明によると、ベナン共和国は観光ガイド本『地球の歩き方』にも紹介されて…

つづきを見る

イモトアヤコがコスプレ挑戦も「クオリティが低い」と炎上

6月17日放送の『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)でイモトアヤコが中国でのロケ中にコスプレを披露した。「案外かわいい」と賞賛する声があった一方で「公共の電波に乗せるな」と批判する意見もあり、インターネット上では賛否両論が巻き起こっている。 イモトは中国で人気を博しているコスプレイヤーのもとを訪問。「あなたもコ…

つづきを見る

アゼルバイジャンで遭遇「激シブ日本語」にイモトアヤコ戦慄

12月10日放送の『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)で、イモトアヤコがアゼルバイジャンを訪問した。その際、現地の日本語学校の授業で読まれた例文が「面白すぎる」と視聴者から話題を呼んだ。 アゼルバイジャンの日本語学校を訪れたイモトは授業に参加。授業の中で教師は「日本の生活や日本の事や日本の文化が分かるようになり…

つづきを見る

イモトアヤコと内村光良「超過酷ロケ」を乗り越え驚愕の声

11月19日にバラエティー番組『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)が放送され、内村光良とイモトアヤコのコンビが22キロの山道を走り、5キロの遠泳をしてみせた。これに視聴者から絶賛する声が相次いでいる。 内村とイモトは鹿児島県屋久島の縄文杉登山ルート(距離22キロ、往復10時間)の踏破に挑戦。ロケの日はちょうど、…

つづきを見る