ウルトラマン

「ウルトラマン」のデザインは当時どれほど斬新だったのか

1966年にテレビで『ウルトラマン』が初登場したとき、芸術家の成田亨による宇宙人やウルトラマンのデザインがあまりに先鋭的過ぎたため、当時の子供向け雑誌や絵本などで仕事をしていた絵師たちは、その顔の構造が全く理解できなかったようだ。 わたしたちは見慣れているからすぐに“ウルトラマン”として認識できるが、当時、初めてこの姿…

つづきを見る

あまりにガチ過ぎる!昭和の男児向け「料理玩具」

幼児の定番遊び「おままごと」に革命をもたらしたのが、アサヒ玩具が1969年に発売した『ママレンジ』でした。 おもちゃに家庭用AC電源を使用し、市販のホットケーキミックス粉を付属の小型フライパンに垂らし、電熱ヒーターの熱で実際にホットケーキが焼ける、というのがウリでした。子供が本物のホットケーキを焼いて食べるという斬新さ…

つづきを見る

首都圏JRで開催されているウルトラマンスタンプラリー「必勝法」

放送開始から半世紀を迎えた『ウルトラマン』シリーズ。この冬もJR東日本(1月12日~2月26日)と、コンビニチェーンのファミリーマート(1月19日~2月8日)がそれぞれキャンペーンを行っている。 JRは東京を中心にしたスタンプラリー(10駅集めてオリジナルステッカーやピンバッジなどがもらえる)、ファミリーマートは全国の…

つづきを見る

新年早々おじさんを熱くさせる・JR東日本の「ウルトラマンスタンプラリー」

「へえ~、2016年はピンバッチなんですか。15年はすぐなくなっていたので、16年は頑張ろうかな。とにかく、先手必勝ですよ」 こう話すのは東京・新橋のサラリーマン(54)。根っからのウルトラマンファンなんだとか。 1月12日から開催されるJR東日本の『帰って来たぞ!我らのウルトラマンスタンプラリー』がウルトラマン世代を…

つづきを見る