エイリアン

恐竜の先祖か?火星で「コモドドラゴン似の化石」発見される

アメリカ航空宇宙局(NASA)の火星探査ローバー『キュリオシティ』からまたまた衝撃の写真が送信されてきた。それは火星表面をとらえた画像だが、上記の画像を御覧いただきたい。どう考えてもただの石ではなく、動物の化石のようにみえるではないか! この化石らしき物体には、背骨のような凹凸が無数にあり、上部には大きな頭蓋骨まで見て…

つづきを見る

なぜ?火星表面から「ビッグフット」激似の頭蓋骨が発見される

また火星からビッグニュースが飛び込んできた。この画像はアメリカ航空宇宙局(NASA)の火星探査ローバー『キュリオシティ』から送られてきたものだが、赤丸の部分をよく見ると“人の頭蓋骨のような物体”が無造作に転がっているではないか! この物体の発見し、報道したYoutubeチャンネル『Paranormal Crucible…

つづきを見る

アポロ11号が月面でとらえた「ロケット型UFO」の正体とは!?

「アポロ11号の月面着陸」は日本の教科書にも書いてある歴史的な大偉業だ。なんと、そのアポロ11号から月面を撮影した写真の中にロケットのようなUFOが映り込んでいたというのだ! この写真は月面を初めて歩いた2人の宇宙飛行士ニール・アームストロング船長とバズ・オルドリン操縦士を乗せた月着陸船『イーグル』の船内から撮られたも…

つづきを見る

「魂と魂の交流」指を喉まで…女性がエイリアンとの交流告白

またもや「私はエイリアンと人類のハーフです」と主張する女性が現れた。本サイトでこれまで紹介してきた、エイリアンとのハーフを自称する若い女性たちは、注目を集めてアクセスを稼ぎ、ユーチューブなどで儲けようとしていた可能性もある。今回はオーストラリアのクイーンズランド州ブリスベン出身の64歳のジュディ・キャロルさんだ。 幼少…

つづきを見る

偉大なギタリストが「シリウス星エイリアン」との交流を告白!

アメリカの雑誌『ローリングストーン』が選ぶ“最も偉大なギタリスト100人”のなかのひとりであるデイヴ・デイヴィスが、長年にわたってエイリアンと交流してきたことを明かした。3月末にニューアルバム『オープン・ロード』をリリースし、メディアのインタビューを受けた際の発言だ。 1964年に結成されたロックバンド『キンクス』はロ…

つづきを見る

火星表面で発見された「指輪」が古代ローマ時代のものと一致?

NASAの火星探査ローバー『キュリオシティ』から、またまた目を疑いたくなる画像が送られてきた。 報道したのはUFOや宇宙人の研究で著名なYouTubeチャンネル『Paranormal Crucible』で、NASAが公式に発表した火星表面の表面写真をよく確認すると、“指輪のような人工物”が写っているというのだ。 拡大し…

つづきを見る

火星でパーフェクトな三角錐が発見される

この画像は火星無人探査車『スピリット』により撮影され、NASAが公式に発表した物である。UFOや宇宙人の研究で著名なYouTubeチャンネル『Paranormal Crucible』よると、白い矢印の部分にピラミッドの頂上によく似た、小さな三角錐があるというのだ。 これはオリジナルをそのまま拡大した画像だが、なるほど「…

つづきを見る

世界各国で次々に公開され始めたUFO情報

まもなく世界中にエイリアンの存在が公表されるかもしれない。 エイリアンの真実を公開するための国際ロビー団体『ザ・ディスクロージャー・アクティビスツ(情報開示の活動家)』は、「驚くべきことに、世界各国の政府は『地球外知的生命体が存在するどころか、すでに地球に住んでいる』という緊急声明を出す準備に追われているのです」と明か…

つづきを見る

ミステリーサークルを20年研究した科学者が明かす「真実」

いまでは、人の手によって作られたという説が濃厚になっている『ミステリーサークル』だが、最近になって科学者が「未来のエイリアンによって作られた、地球人への秘密のメッセージだ」と発表し、騒動になっている。 ここ数年、イギリスでもっとも多くできるパターンのミステリーサークルを、ホレス・ドリュー化学博士が研究した結果、「エイリ…

つづきを見る

写真に写っていた土偶にそっくりの「未知の存在」

スコットランド中西部のローランド地方に住む男性が「未知の存在を撮影した」と主張している。 男性が甥と森を歩いていたときに、前を歩く甥を撮影した。 「そのとき、何者かがいる気配はしていたんですが、デジカメのモニターには特に人らしきものは写っていないし、肉眼でも誰も見えなかった」と男性は語る。 しかし、帰宅してパソコンに画…

つづきを見る