エイリアン

仰天!「身長120cmのエイリアン」が高速道路でヒッチハイクする動画

テキサス州コルシカーナ高速道路は非常に交通量が多い。そんなところで、奇妙な姿のエイリアンのような人型生物がヒッチハイクしているようなシーンが映像に収められた。 車のフロントに付けられたドライブレコーダーの映像で、右車線を順調に走っていたところ、道路の右のガードレールにエイリアンとしか表現しようのない細身で暗い緑色で裸っ…

つづきを見る

身長3メートル以上の「女性エイリアン」がロシアのクレムリンに!

奇妙な動画がUFOマニアを驚かせている。 ユーチューバーのイゴール・クライアン氏が『ネフィリウム・ノルディック女性』という動画を投稿。ネフィリウムとは旧約聖書に登場する巨人で、ノルディックとは北欧という意味。しかしUFOマニア界では、金髪、色白、長身の北欧人のようなエイリアンのことを指すことがある。 今回投稿された動画…

つづきを見る

古代ロマン「土偶=宇宙人説」をこの目で確かめる大チャンス!

東京・上野の東京国立博物館で、特別展『縄文―1万年の美の鼓動』が9月2日まで開催されている。夏休みも残りわずかということもあり、連日、親子連れで大いににぎわっているようだ。 今回の展示では縄文時代草創期から晩期まで、日本列島の多様な地域で育まれた土器や土偶などを展示しているが、土偶と聞いてまず思い浮かべるのが、青森県つ…

つづきを見る

エイリアン「地球パラダイス化」を西暦4000年のタイムトラベラーが明かす

西暦4000年の世界に送られたタイムトラベラーが、地球を“パラダイス化”しようと計画しているエイリアンと出会ったという。 このタイムトラベラーは元KGBエージェントのロシア人、ヴォイナッチ・ジョコビッチ氏だ。1980年代のソ連時代にエンジニアとして働いていたとき、タイムトラベル実験の被験者になったのだという。この人物が…

つづきを見る

テレビニュースに「爬虫類型エイリアン」が出演!?

テレビニュースに人類を食糧とする爬虫類型エイリアン『レプティリアン』が映っていたとして、UFOマニアのあいだで騒動となっている。   アメリカのフォックスニュースの女性キャスターであるマーサ・マッカラムが60年前の殺人事件を番組上で取り上げ、中継で女性にインタビューした。その女性の瞳孔は縦に黒いスリットが入っているかの…

つづきを見る

イタリアで公開「UFO内部暴露本」の真偽

世界で初めてUFOの内部で撮影されたエイリアンだという写真が公開された。 イタリアの出版社『フライング・ディスク・プレス』が2月1日に出版する本『UFOコンタクツ・イン・イタリア』に掲載される写真が、このUFO内部のコントロールパネルや座席のようなものと、サングラスらしきものを掛けている人間そっくりのエイリアンの白黒写…

つづきを見る

エイリアンを妊娠させた!? 74歳の老人の記憶

「わしは17歳のとき、エイリアンに童貞を奪われたんじゃ。そのエイリアンは妊娠し、エイリアンと人間のハイブリッドの子供が生まれたんじゃ」 アメリカのニュージャージー州ホーボーケン在住の自称芸術家、デビッド・ハギンス氏が、衝撃的な告白をしている。同氏はエイリアンと数多く遭遇し、その体験を絵にする芸術家だ。イギリスのドキュメ…

つづきを見る

謎深まるメキシコ西部沖「超巨大構造物」エイリアン基地か

先日、アラスカ沖で発見された直径4キロに及ぶ巨大なUFOについてご紹介したが、今度はメキシコ西部のカリフォルニア湾の海底で、なんと全長が125キロメートルにも及ぶ超巨大な構造物が発見され、いま世界中でUFOマニアの注目を集めている。 問題の地点は『Google Earth』の座標検索で「26°38’29.03″N 11…

つづきを見る

衛星写真に映る「月面を歩く巨人」友好的ルナリアンか

話題のネットサービス『Google Moon』から衝撃のニュースが飛び込んできた。なんと月面を歩く“謎の巨人”が偶然に映り込み、いまUFOマニアを中心に、さまざまな憶測が飛び交い、大きな話題となっているのだ! こちらが問題の地点(北緯27度34分26秒、西経36度4分75秒)を拡大した画像だ。少々不鮮明だが、確かに2本…

つづきを見る

闇サイト発「エイリアン人体実験」の真偽

一般人は、インターネット上にあるウェブサイトの4%しか見ることができていないという。残りの96%はネット検索で出てこない闇サイトで『ディープ・ウェブ』と呼ばれている。そのなかでも、ウイルス売買や人身売買、スナッフ動画など犯罪性の高い闇サイトが『ダーク・ウェブ』と呼ばれている。 そのダーク・ウェブ上にエイリアンが人体実験…

つづきを見る