エリア51

ガンダムの超兵器『ソーラ・レイ』が現実化!? 人類滅亡へ一直線か

アメリカ海軍が配備する指向性エネルギー兵器『AN/SEQ-3レーザー兵器システム』通称『LaWS』は、米軍が2014年に開発した世界初となる艦船搭載型の〝赤外線レーザー〟だ。命中精度は高いが最大射程距離が5キロほどと短く、現在はせいぜい接近してくる不審船を焼き払うぐらいしか使い道がないらしい。 だが、この「LaWS」に…

つづきを見る

60年で2,000機が空中消滅!?『ネバダ・トライアングル』の謎

“魔の三角地帯”『ネバダ・トライアングル』が注目されている。何とここ60年で2000機の飛行機が消失しているというのだ。 昔から「魔の三角地帯」といえば、米フロリダ半島の先端とプエルトリコ、バミューダ諸島を結んだ海域『バミューダ・トライアングル』が有名だ。そこに入った船や飛行機は“消失する”とされている。 ブラックホー…

つづきを見る

世界中が騒然! エリア51付近で撮影された「巨大UFO母艦」画像

いま世界中のUFOマニアの間で大きな話題となっているのが、アメリカのネバダ州の『エリア51(グルーム・レイク空軍基地)』近くで撮影されたUFO画像だ。 10月30日、カリフォルニア州サンノゼ発テキサス州ヒューストン着のアメリカン航空機の男性乗客が、機内から撮影したものである。 男性は「砂漠にまばゆいばかりの明るい光に気…

つづきを見る