オカルト

《閲読注意!》まるで拷問? 江戸時代のオゾマシイ歯医者さんの実態

現代の虫歯治療は麻酔をするので痛くはないが、江戸時代の歯医者は「歯が痛い」とやって来た患者を、屈強な歯科助手が後ろから押さえつけ、ヤットコのような抜歯器具をグイグイと口の中に突っ込み、麻酔もなしで痛い歯を挟み込むと、そのまま無慈悲に〝引っこ抜いていた〟というからオゾマシイ! これは考えただけでも冷や汗が出てくる…しかも…

つづきを見る

地球を監視し続けている『地球外人工衛星』ついにその存在が明らかに!

地球を監視しているエイリアンの人工衛星『ダークナイト・サテライト』の存在がマニアの間で議論されているが、アポロ10号(1969年打ち上げ)のミッション中に撮影された画像に〝それ〟がバッチリ写り込んでいたという。 このダークナイト・サテライトとは、地球の極軌道を周回している謎のサテライト(人工衛星)らしきもの。あるUFO…

つづきを見る

完全コピー人間も? 最新の3Dプリンター技術が作り出す“恐怖”の未来

今年の4月、イスラエルにあるテルアビブ大学の研究チームが、驚愕の研究論文を発表した。何と人間の組織サンプルをもとに3Dプリンターで〝人間の心臓のミニチュア〟を世界で初めて作り上げたというのだ。 研究チームを率いるタル教授によれば、このミニチュアの心臓は本物と全く同じ構造と機能を持っており、今後10年以内に「移植用の心臓…

つづきを見る

NASA国際宇宙ステーションのライブカメラに映り込んだ「なんじゃこりゃ!?」

6月10日、NASA(アメリカ航空宇宙局)の国際宇宙ステーションのライブカメラに、非常に奇妙な物体が映り込んでいることが分かった。 UFO研究家のスコット・C・ワーリング氏は「これらは藻類のプランクトンに似ています。動物プランクトンではなく、植物プランクトンと思われるので、動きがとても遅いです。これらは光合成を行って生…

つづきを見る

『地球にいる宇宙人の存在』を真面目に語るオックスフォード大の学者

今上天皇、皇后雅子さまの留学先としても知られるイギリスのオックスフォード大学の学者が、「宇宙から来たエイリアンは地球に住み着いており、優れたハイブリッド種を生み出すために人間と繁殖している」などと主張している。奇妙な話だが、世界トップクラスの名門大学、オックスフォード大学の博士が言っているのだから、無視はできないだろう…

つづきを見る

《閲読注意!》200年前にあったホンモノの「八つ裂きの刑」とは

昭和の古い映画やドラマなどでは、憎い相手を「あんな奴! 八つ裂きにしてバラバラにしても飽き足らないわ!」などと言う女性がよく出てきたものだが、実はこの八つ裂き、200年ほど前までは世界各国で実際に行われていた処刑方法だったのである。 例えば中世フランスで八つ裂きの刑は、最も重い刑罰であり、フランス国王や王族の命を奪った…

つづきを見る

「2028年に地球外生命体の存在が公になる」と明かしたタイムトラベラー

2075年からやって来たタイムトラベラーが、今から44年後にロサンゼルスをとてつもない大洪水が襲うと警告している。 キャスパーと名乗るタイムトラベラーがユーチューブ専門のオカルトチャンネル『アペックスTV』に顔面モザイク、音声加工で登場した。 2075年からやって来たキャスパー氏によると、タイムトラベルテクノロジーは2…

つづきを見る

テレビで検証された“座敷わらし”の存在が「リアル過ぎる」と話題に

5月9日に放送された『OH!バンデス』(ミヤギテレビ)の「解決!リョウ様」のコーナーで、座敷わらしのウワサを検証する企画が放送され、ネット上で話題になっている。 番組では、宮城県角田市にある業務食材専門店『マルセン』の蔵に〝座敷わらしがいる〟というウワサを検証。暗視カメラを3台設置し、おもちゃの音を鳴らしたり、話し掛け…

つづきを見る

UFO? 江戸時代に日本中で目撃された「うつろ舟」と浦島太郎

江戸時代、日本各地の沿岸で「丸く奇妙な物体」が海の上に浮いているのを多数の漁師が目撃したという。それを人々は「虚舟」(うつろぶね)と呼んだ。 その伝説は地域により微妙に違うが、ほぼ共通しているのは以下の通りだ。 《 言葉の通じない異国の女性が乗っていて、小箱を持っていた》 《 その舟は円形でガラス窓があり、船体には奇妙…

つづきを見る