オタク

Ado『紅白歌合戦』に出場!?「Ado以外に目玉ない」と期待の声

今年も残すところあと数カ月となり、ネット上では年末の恒例番組『紅白歌合戦』(NHK)の〝出演者予測〟が盛り上がっている。やはり昨年から今年にかけて話題になったアーティストに大きな注目が集まっており、中でもAdoの出演を期待する声が多いようだ。 Adoといえば昨年10月にメジャーデビューし、同月に配信された『うっせぇわ』…

つづきを見る

広瀬アリス“韓国好き”にキャラ変? ビジネスオタク発覚でシフトチェンジか…

漫画好きで知られ、オタク人気の高い俳優・広瀬アリスが、韓流ドラマにハマっていると明かした。この発言にネット上からは、〝キャラ変〟疑惑が浮上している。 「これまで広瀬は、いたるところで漫画・アニメ好きを公言しており、オタク売りをしていました。しかし、10月4日放送の『ネプリーグ』(フジテレビ系)で『新世紀エヴァンゲリオン…

つづきを見る

総額4000万円! 野田クリの“クラファン”でオタクのチョロさが明らかに…

今や深刻な社会問題と化しているオタクの宿痾が、またも明るみになっている。オタクの軽薄・浅薄さが、芸能界に影響を与えているのだ。 10月19日、『マヂカルラブリー』の野田クリスタルが募っていたクラウドファンディングが、達成率300%超、総額4000万円以上という結果で幕を閉じた。野田は『ニンテンドーswitch』用の自作…

つづきを見る

またゲームオタクが殺人事件…“理解不能な動機”に恐怖「そりゃ禁止するわ」

今年5月に大阪府柏原市で起きた放火事件に関して、ネット民が畏れおののいている。なんと、放火・殺人をした被疑者がゲームオタクだったことが発覚していたのだ。 「5月の事件では、火災のあった市内のアパートから男女2人の遺体が発見。居間の女性遺体に外傷はありませんでしたが、浴槽に倒れていた男性(33)の遺体には胸に刺し傷があり…

つづきを見る

浜辺美波が嫌われ女に!? “1人で外食”発言にオタク発狂「彼氏とでしょ?」

俳優の浜辺美波が窮地に陥っている。若手の人気トップから一転、何をしても叩かれる〝サンドバッグ状態〟になってしまったのだ。 きっかけは9月末の『週刊文春』による熱愛報道だった。浜辺は同誌にて、男女ポップデュオ『まるとりゅうが』のRyugaと交際している疑惑が浮上。これに彼女のファンは衝撃を受け、ネット上には嫉妬・怒り・悲…

つづきを見る

ドラマ『最愛』に海馬瀬人!? 刑事役で登場にアニメファン歓喜「地声なんだ…」

10月15日より、吉高由里子主演のドラマ『最愛』(TBS系)の放送がスタートした。作中に、あの人気アニメキャラクターが登場したと、ファンが喜ぶ一幕があった。 同作は、殺人事件の重要参考人となった実業家・真田梨央(吉高)と、梨央の初恋の相手であり事件の真相を追う刑事・大輝(松下洸平)、そして、あらゆる手段で梨央を守ろうと…

つづきを見る

『欅坂46』解散から1年…“亡霊オタ”が大量出現! 過去の美化に困惑

『欅坂46』が『櫻坂46』に改名して早くも1年が経ったのだが、ここ最近では過去を美化する〝亡霊オタク〟から、「欅坂46」を惜しむ声が続出しているようだ。 硬派なイメージや圧倒的な表現力などで、幅広い層から支持されていた「欅坂46」。ファンは今でも当時の彼女らの栄光が脳裏に焼き付いているようで、ネット上には、 《欅坂46…

つづきを見る

土屋太鳳“声優能力”が高すぎる! 歌声演技も完璧で「多才だな」

俳優の土屋太鳳が声優を務めるアニメ映画『アイの歌声を聴かせて』の劇中歌『ユー・ニード・ア・フレンド ~あなたには友達が要る~』の歌詞付きミュージックビデオが、10月12日に解禁されて好評を博している。 10月29日公開の同作は、「AI」と「人間」の関係がテーマ。土屋は抜群の運動神経と明るさでいきなり人気者となるも、実は…

つづきを見る

アニメ声優だらけ! 実写『カウボーイビバップ』吹き替え版に不安の声

11月19日からNetflixで配信される実写版『カウボーイビバップ』の日本語吹き替えキャストに、ものまねタレントの山寺宏一らが起用されることが発表された。 山寺が演じるのは、主人公のスパイク・スピーゲル。23年前のアニメ版でも同じキャラを演じているため、これでカムバックとも言える起用となった。他にも、吹き替えキャスト…

つづきを見る

青木裕子にゲームオタク激怒!“子育て論”に猛反発「偏見だな」「失笑です」

フリーアナウンサーの青木裕子が、一部メディアで自身の子育て論を語った。気の毒なことに、これがゲームオタクから猛烈なバッシングを浴びてしまっている。 子どもが幼い頃、スマホ育児には〝親が楽をするためのもの〟という批判的風潮が強かったと語る青木。それでも、当初はスマホでアニメを見せるなど、子育てにデジタルデバイスを活用して…

つづきを見る