オワコン

『有吉ゼミ』激辛企画は時代遅れ?“フードハラスメント”との指摘相次ぐ…

バラエティー番組『有吉ゼミ』(日本テレビ系)の〝激辛企画〟が、ネット上で物議を醸している。 ここ最近、激辛企画を連続で放送している同番組。9月6日放送回では、お笑い芸人のおいでやす小田を進行役として、俳優の田畑智子、アイドルグループ『日向坂46』の齊藤京子、お笑いトリオ『四千頭身』の後藤拓実が登場。東京・池袋にある居酒…

つづきを見る

映画『HERO』に「CM多すぎ」と批判殺到! 地上波放送の映画はオワコン?

俳優・木村拓哉が主演を務めて大人気を博した伝説の月9ドラマ『HERO』(フジテレビ系)。その劇場版が9月20日に放送されたのだが、CMの多さに視聴者からブーイングが殺到しているようだ。 木村が出演する最新映画『マスカレード・ナイト』の公開を記念して放送された劇場版「HERO」。同作は型破りな検事・久利生公平(木村)の活…

つづきを見る

『東京リベンジャーズ』ブーム終息!? 実写映画大ヒットの裏でオワコン説浮上

アニメ化・実写映画化を大成功させた人気漫画『東京卍リベンジャーズ』。しかし同作に、早くもブーム終息の兆しが見えてきたようだ。 〝SF×ヤンキー〟というジャンルを開拓した同作。映画『東京リベンジャーズ』では、主人公の花垣武道を北村匠海が演じ、他にも山田裕貴、杉野遥亮、今田美桜、鈴木伸之、眞栄田郷敦といった、今をときめく若…

つづきを見る

Adoの評判ガタ落ち…最近の楽曲をファン酷評「らしくなくて微妙」

『うっせぇわ』で一世を風靡した歌手・Adoが、8月中旬に新曲『会いたくて』をYouTubeへ投稿。映画『かぐや様は告らせたい ~天才たちの恋愛頭脳戦~ ファイナル』の挿入歌に使用された話題の楽曲なのだが、再生数は振るわない。なぜメディア露出が増えているにも関わらず、人気が落ち込んでいるのだろうか? Adoの楽曲の再生数…

つづきを見る

『24時間テレビ』はオワコン! 視聴率低下の原因とは?

8月21日から22日にかけて、日本テレビのチャリティー番組『24時間テレビ 愛は地球を救う』が放送された。しかし今年の放送では視聴率が著しく低下したようで、ネット上で「オワコン化」が囁かれている。 福祉の実績や、支援の必要性を伝えて人々に推進する同番組。今年は「想い~世界は、きっと変わる。」をテーマに、両国国技館で無観…

つづきを見る

おいでやす小田の“キレ芸”はオワコン? 若槻千夏も苦言「どんどん嫌いに」

タレントの若槻千夏が7月20日放送の『ザ! 世界仰天ニュース』(日本テレビ)に出演。お笑いユニット『おいでやすこが』のおいでやす小田の芸風に困っていることを明かし、ネット上では多くの共感の声が寄せられている。 番組で若槻は、「うちの3歳の息子が、おいでやす小田さんの大ファンで」と切り出し、「家でやってくれるならいいんで…

つづきを見る

『AKB48』“復活”は絶望的か…新冠番組が大不評「乃木坂に失礼」

7月6日深夜、新番組『乃木坂に、越されました~AKB48、色々あってテレ東からの大逆襲!~』(テレビ東京系)が始まった。『AKB48』にとって、『AKBINGO!』(日本テレビ系)が2019年に終了して以降、初の冠番組だが、その評判は芳しくなかったようだ。 そもそも同番組のタイトルには、放送前から批判的な声が多く見られ…

つづきを見る

『東大王』オワコン化に拍車! くだらない問題にファン失望「知識で戦って」

東大ブーム・謎解きブームを牽引する人気番組『東大王』(TBS系)が、これまでのファンから徐々に見放されつつあるようだ。 周知の通り、同番組は現役東大生の並外れた知能が堪能できると、クイズマニアから人気の番組。東大生が難解な問題を瞬時に答える爽快感や、天才たちの頭脳戦が醍醐味となっている。しかし、今春の新シーズン突入以降…

つづきを見る

『THE FIRST TAKE』はオワコン?“迷走”ぶりに呆れ「特別感ない」

スーツにターバンを巻いた謎のシンガー・ソングライター、マハラージャンが一発勝負で歌を収録するYouTubeチャンネル『THE FIRST TAKE』に初出演し、話題となっている。 マハラージャンは、元会社員で今年3月にメジャーデビューしたばかり。社会人になってから感じた強烈な劣等感や、耐え難い苦悩、屈辱に苦しんだ結果、…

つづきを見る

古参ユーチューバー・MEGWINの“末路”が悲惨!「これが成れの果てか…」

かつてチャンネル登録者数100万人超を誇っていたユーチューバーのMEGWINが、『大金GET確定【詐欺か真実か】初心者が100万円をFX自動売買システムブチ込んで3ヶ月だぜMAJIDE』という動画を公開。怪しげなFX商材に誘導するような内容だったため、ネット上では「とうとう落ちるところまで落ちたか…」などと酷評されてい…

つづきを見る