カンニング竹山

カンニング竹山“甲子園辞退”への異論に疑問の声「五輪反対してたじゃん」

カンニング竹山が、7月19日放送の『Abema Prime』(AbemaTV)に出演。新型コロナ感染対策のもと、全国で行われている「夏の甲子園」の地方大会を鳥取県の米子松陰高等学校が〝辞退〟したことについて、持論を展開し、賛否の声があがっている。 米子松陰高校は、学校関係者1人の新型コロナ感染が確認されたことから、地方…

つづきを見る

『有吉の壁』カンニング竹山“イジり”NG!? ぺこぱの暴露に「小せえな」

7月7日に放送された『有吉の壁』(日本テレビ系)で、カンニング竹山の裏の顔が発覚した。 この日は「一般人の壁を越えろ! おもしろ星野リゾートの人選手権」の企画で、熱海の星野リゾートでロケを敢行。芸人たちがリゾートホテルを舞台にしたネタを繰り出した。 ラウンジでは『ハナコ』の菊田竜大と岡部大が2人で席についており、「パン…

つづきを見る

『アッコにおまかせ』カンニング竹山に猛批判!“失言”謝罪も「反省してない」

4月4日放送の『アッコにおまかせ!』(TBS系)で男性アナウンサーが、タレント・カンニング竹山による前週放送での誤発言をあらためて謝罪した。 この日、番組エンディングで小林廣輝アナウンサーが「先週の放送で、東京都の新型コロナウイルスに関する啓発用YouTube動画について、出演者から『1本あたりの制作費4.7億円である…

つづきを見る

『オールスター感謝祭』ベテランなら断る? カンニング竹山が炎上発言

お笑いタレントのカンニング竹山が、『オールスター感謝祭』(TBS系)の出演オファーを断っていると明かし、批判の声があがっている。 3月27日に放送された『オールスター感謝祭』。同日に竹山は自身のユーチューブチャンネル「カンニング竹山プロダクション」で生配信をしていた。ここで、視聴者から『オールスター感謝祭』に出演してい…

つづきを見る

『バイキング』カンニング竹山がマジギレ!? 再び“都知事”批判に賛同の声

3月24日放送の『バイキングMORE』(フジテレビ系)で、カンニング竹山が再び東京都知事の小池百合子を痛烈に批判。忖度しない竹山の姿に、視聴者から歓喜の声が続出している。 この日の番組では、東京における新型コロナウイルスの〝変異株〟の検査数に関して特集。23日に行われた都議会で、小池都知事が掲げた変異ウイルス検査体制を…

つづきを見る

『バイキング』カンニング竹山の“小池都知事”批判に称賛「カッコいい」

3月10日放送の『バイキングMORE』(フジテレビ系)は、1都3県の緊急事態宣言に関するニュースを報道。そこでカンニング竹山が、東京都の小池百合子知事に苦言を呈し、称賛の声があがっている。 1月6日から、新型コロナウイルス感染拡大防止のために発令された緊急事態宣言。対象地域の飲食店は、20時までの時短営業に応じた場合、…

つづきを見る

児童ポルノ告発がおかしい? カンニング竹山“ユーチューバー”批判で大炎上

女優・今泉佑唯とのできちゃった結婚を発表した直後、15歳少女へのわいせつ画像強要が発覚し、世間を賑わせているユーチューバー・ワタナベマホト。この騒動に関し、告発者を批判したカンニング竹山に、疑問の声が噴出している。 ワタナベは少女が自身のファンであることを利用し、30枚で電話、50枚で直接会うなどの条件をつけ、裸や開脚…

つづきを見る

『バイキング』矢作兼とカンニング竹山の明暗クッキリ!「竹山は二度と出るな」

1月27日放送の『バイキングMORE』(フジテレビ系)に、コメンテーターとして『おぎやはぎ』矢作兼とカンニング竹山が出演。元『欅坂46』今泉佑唯との結婚を発表した人気ユーチューバー・ワタナベマホトの騒動についてコメントしたが、視聴者からの反響は明暗がクッキリと分かれてしまったようだ。 この日の番組では、ワタナベが女子高…

つづきを見る

後輩芸人が“硬直”!『水ダウ』説教ドッキリに「パワハラ」「かわいそう」

12月23日放送の『水曜日のダウンタウン』(TBS系)で、先輩芸人が後輩に対してキレるドッキリを仕掛けた。先輩芸人が怒るさまに視聴者は戦慄していた。 カンニング竹山や『FUJIWARA』の藤本敏史、『ダイアン』の津田篤宏、『バイきんぐ』の西村瑞樹らが後輩に電話越しで怒り、「今から行くから待ってろ!」と一喝。その後、風変…

つづきを見る

“不倫擁護”で大炎上!『バイキング』坂上忍に批判「モラル崩壊してる」

11月18日放送の『バイキングMORE』(フジテレビ系)では、歌手・近藤真彦の不倫騒動について特集。出演者たちが不倫を擁護するような意見を述べたことで、ネット上で非難の嵐が巻き起こっている。 「近藤と25歳年下の女社長による不倫が報じられたのは、11月12日に発売された『週刊文春』でのこと。近藤は報道を事実と認めている…

つづきを見る