キックボクシング

元西武・相内誠“格闘家デビュー”も2分TKO負け「打たれることしか能がない」

元『埼玉西武ライオンズ』の投手・相内誠が、2月28日に行われた『RISE ELDORADO 2021』で、キックボクサーとしてプロデビューを果たした。しかし、2分でTKO負けを喫し、ネット上から「1回KOって投手より向いてない」といった声があがっている。 試合の内容はというと、相内が為す術もないまま、モンゴル出身のDe…

つづきを見る