キモい

高橋真麻“両親の性生活”ニオわせでドン引き「ちょっと気持ち悪い」

3月18日、フリーアナウンサーの高橋真麻とお笑いコンビ『霜降り明星』が、都内で行われたブルドックソースの新商品発表会に登場。真麻が両親の仲の良さを明かしたのだが、「言い方が気持ち悪い」とドン引きされている。 3月15日に、真麻の父・高橋英樹と母で元女優の小林亜紀子は結婚記念日を迎えたばかり。両親について聞かれた真麻は「…

つづきを見る

NHKの“性教育”番組に賛否! 女優とディレクターの会話が「キモすぎる」

月イチで放送されている『不可避研究中』(NHK)が、2月26日の放送で性教育について特集。NHKらしい真面目さが称賛される一方、性にオープンすぎるとの批判もあがった。 同番組は、環境やお金・選挙といった、人生で避けられない「不可避」なテーマを、番組ディレクター独自の視点で研究していく教養番組。今回は、『今だから教育を考…

つづきを見る

浜辺美波『ウチカレ』に「キモい」の声殺到! 誰も見たくない展開にドン引き…

女優の菅野美穂と浜辺美波がW主演を務めるドラマ『ウチの娘は、彼氏が出来ない!!』(日本テレビ系)第5話が、2月10日に放送された。ある一組の男女の恋愛に、視聴者から「気持ち悪い」とドン引きする声があがっている。 主人公・水無瀬碧(菅野)は、かつて〝恋愛小説の女王〟として一世を風靡したが、今ではすっかり落ちぶれて〝オワコ…

つづきを見る

視聴者悲鳴! ドラマ『青のSP』セクハラ女教師にドン引き「リアルにキモい」

2月3日、藤原竜也主演のドラマ『青のSP(スクールポリス)-学校内警察・嶋田隆平-』(フジテレビ系)の第4話が放送された。作中に登場した〝セクハラ女教師〟があまりにも気持ち悪すぎるとして、視聴者をドン引きさせてしまったようだ。 学校内に警察官が常駐し、トラブル対応や予防活動を行う「学校内警察(スクールポリス)」制度。こ…

つづきを見る

アニメ『犬夜叉』続編が炎上!「思い出までクソまみれ」「気持ち悪い…」

『うる星やつら』や、『めぞん一刻』を生み出した漫画家・高橋留美子による『犬夜叉』。同作の続編であるアニメ『半妖の夜叉姫』(日本テレビ系)第15話が、1月16日に放送された。しかし、人気キャラクター・殺生丸の〝節操〟のなさが明らかになり、ファンを騒然とさせている。 同アニメは、殺生丸の双子の子ども・日暮とわ、せつなをはじ…

つづきを見る

吉田鋼太郎“セクハラ三昧”で好感度ダダ下がり「職権乱用」「キモい」

ドラマ『おっさんずラブ』(テレビ朝日系)の〝ヒロイン役〟で一躍女性人気を獲得した俳優の吉田鋼太郎が、ここのところ好感度を下げまくっている。 12月21日放送の『ごごナマ』(NHK)に出演した際も問題発言が飛び出した。番組で吉田にまつわるウワサとして、〝台本に書かれていないのにキスをする〟という話が持ち出された。具体的な…

つづきを見る

『恋あた』ロリコンおじさん・中村倫也に女性視聴者が怒り「気持ち悪い…」

12月22日に最終回を迎えるラブコメドラマ『この恋あたためますか』(TBS系)。ついにカップル誕生目前にして、ネット上では引き気味の声があがっている。 主演の森七菜が演じているのは、アイドルという夢に破れ、コンビニでバイトをしている女性・樹木。ある日、働いているコンビニチェーンの社長・浅羽(中村倫也)と出会ってスカウト…

つづきを見る

ミキ・昴生“18歳モデル”にしつこく求愛! 芸人もドン引き「しばらく笑えない」

12月8日放送の『華丸大吉&千鳥のテッパンいただきます!』(フジテレビ系)に、人気モデルの〝めるる〟こと生見愛瑠が出演。お笑いコンビ『ミキ』の昴生に「胸キュンした」とのエピソードを明かした。 この日は、女性芸能人が「共演者の一言で胸キュンした瞬間」を再現ドラマで紹介する人気企画が放送され、生見は「若手芸人K」として、昴…

つづきを見る

ブラザートム“退所”はゲス不倫が原因?「だいぶ気持ち悪いイメージだからね」

ミュージシャンのブラザートムが11月30日付で、芸能事務所『スターダストプロモーション』を退所していたことがわかった。双方話し合いの上、円満に契約終了へいたったという。 ブラザートムは1983年、Bro.KORNと『バブルガム・ブラザーズ』を結成。1990年に発売した『WON’T BE LONG』がミリオン…

つづきを見る

“性獣”宮崎謙介氏の不倫テレビ謝罪に嫌悪の声「異様にキモい…」

元衆院議員の宮崎謙介氏が11月27日、金曜MCを務める情報番組『バラいろダンディ』(TOKYO MX)に生出演し、30代女性との不倫問題について謝罪した。29日には、妻で同じく元衆院議員の金子恵美氏とそろって『サンデージャポン』(TBS系)に生出演。あらためて〝詳しい経緯〟を解説した。 宮崎氏は『文春オンライン』で報じ…

つづきを見る