キャンセルカルチャー

小山田圭吾“いじめ懺悔”も再炎上!「絶対に反省してない」「逆に不愉快」

過去のいじめが発覚し、東京五輪開会式直前に演出チームを辞任したミュージシャンの小山田圭吾が、騒動後週刊誌の取材に初めて応じたが、再び炎上している。 小山田は9月16日発売の『週刊文春』で、ノンフィクション作家・中原一歩氏のインタビューに120分にわたって答え、《今回の騒動について、どこかのタイミングで、自分から説明をす…

つづきを見る

『フジロック』に小山田圭吾の影? バンド仲間が手にしていたのは…

8月20日から3日間にわたって開催された『FUJI ROCK FESTIVAL ’21』。初日に6人組スペシャルバンド『METAFIVE』のメンバーが2人だけ出演。話題の人物の影が垣間見えたとして、ネット上で大きな話題を呼んでいる。 「METAFIVE」とは、ミュージシャンの高橋幸宏を中心に、LEO今井、ゴ…

つづきを見る

タモリの芸も放送禁止に? 大谷翔平への“差別発言”で現地メディアが炎上…

8月18日、MLB『ロサンゼルス・エンゼルス』の大谷翔平選手に対して、現地の解説者が〝人種差別をした〟として大問題になった。 この日の「タイガース×エンゼルス」では、タイガースの地元テレビ局でジャック・モリス氏が解説を務めていた。ここで、バッター・大谷に対してどのように攻めるべきか尋ねられたシーンで、「ベリー、ベリー、…

つづきを見る

パラ五輪でも“差別主義者”起用!? 女性蔑視で炎上した『WANIMA』の過去

8月24日開催の『東京パラリンピック』カウントダウンプロジェクトに、ロックバンド『WANIMA』が参加。人気アーティストではあるが、はたして彼らは「東京パラリンピック」に適切な存在なのだろうか? 「WANIMA」は「東京パラリンピック」のみならず、東京2020組織委員会による公式文化プログラム『東京2020NIPPON…

つづきを見る

アメリカの小山田圭吾? ラッパー・DaBabyの差別発言に世界中から非難殺到!

過去のいじめ問題で東京五輪開会式の音楽担当を辞任したミュージシャン・小山田圭吾をはじめ、ここ最近日本では悪行が掘り返され、キャリアを失う人物が後を絶たない。成功者を妬む陰湿な日本人たちが起こす騒動かと思われたが、どうやら海外でも似たような騒動はあるようだ。 先日、アメリカの有名ラッパー・DaBaby(ダベイビー)が差別…

つづきを見る

開会式辞任! 竹中直人だけ“許す”ネット民の大矛盾「日本の腐った部分だな」

7月28日付の『文春オンライン』にて、俳優の竹中直人が東京五輪の開会式出演を、前日になって辞任していたことがわかった。これを「英断だ」と褒める、矛盾だらけのネット民が相次いでいる。 竹中は1985年に『竹中直人の放送禁止テレビ』というオリジナルビデオを発表。これが障害者を過激に揶揄する内容であったそうだ。竹中のマネージ…

つづきを見る

キャンセルカルチャーを知らない日本人…五輪“やりすぎ解任”こそ日本の恥

東京オリンピック・パラリンピックの開会式・閉会式をめぐる〝辞任・解任騒動〟で、日本でも「キャンセルカルチャー」が話題になりつつある。 「ショーディレクター」の小林賢太郎氏は、1998年にリリースされたお笑いビデオ『ネタde笑辞典ライブ Vol.4』のコント内で、「ユダヤ人大量惨殺ごっこ」というフレーズを使っていたことを…

つづきを見る

小林賢太郎の“解任”は日本の恥! アメリカで猛批判「愚かなこと」

東京オリンピック・パラリンピックの開会式・閉会式「ショーディレクター」の小林賢太郎氏が解任されたことに対して、海外の人たちからは「やりすぎ」「呆れる」と苦言が殺到している。 小林氏が解任となった理由は、1998年にリリースされたお笑いビデオ『ネタde笑辞典ライブ Vol.4』のコント内で、「ユダヤ人大量惨殺ごっこ」とい…

つづきを見る