クソドラマ

『ちむどんどん』が止まらない…ヒロイン・黒島結菜にドン引き「共感できない」

9月22日放送のNHK朝の連続テレビ小説『ちむどんどん』では、主人公の比嘉暢子(黒島結菜)がふるさとの沖縄・やんばるに戻ることを決断。視聴者からは心配の声が殺到している。 同作は、まだアメリカ統治下だった1964年の沖縄「やんばる地域」を舞台に、暢子がふるさとから料理人を目指すストーリー。 タイトルの「ちむどんどん」は…

つづきを見る

クソドラマの法則?『オールドルーキー』『ユニコーン』最終回でやらかし…

9月14日、ドラマ『テッパチ!』(フジテレビ系)の第11話・最終回が放送された。あまりにもヒドイ最終回で炎上しているが、そもそも他の作品も最終回がヒドイと言われるケースが多い。 『テッパチ!』でまずヒドかったのは、ハッピーエンドにするための強引な展開だ。 「『テッパチ!』第11話では、退職届を出した隊員がいきなり現場復…

つづきを見る

令和最低のクソドラマ決定か…『テッパチ!』完結も「時間の無駄だった」

9月14日、ドラマ『テッパチ!』(フジテレビ系)の第11話・最終回が放送された。令和史上ワーストのクソドラマと言ってもいい出来で、ネット上では戦犯探しが行われている。 ケンカっ早い主人公・国生宙(町田啓太)はある日、幹部自衛官・教育隊中隊長の八女純一(北村一輝)に声を掛けられ、自衛隊に入隊する。 そして陸上自衛隊を舞台…

つづきを見る

『テッパチ!』最終回まで胸クソ展開…“雑魚キャラ”に呆れ「こいつ要らねー」

構想20年のクソドラマ『テッパチ!』(フジテレビ系)が9月14日、ついに最終回を迎えた。最後まで胸クソキャラが更生せず、怒りの声が上がっている。 ケンカっ早い主人公・国生宙(町田啓太)はある日、幹部自衛官・教育隊中隊長の八女純一(北村一輝)に声を掛けられ、自衛隊に入隊する。 そして陸上自衛隊を舞台に、若者たちが現実の厳…

つづきを見る

白石麻衣『テッパチ!』最終回で“史上最低キスシーン”披露「最悪な終わり方」

9月14日、構想20年ドラマ『テッパチ!』(フジテレビ系)の第11話・最終回が放送された。ドラマ史上、一番いらないキスシーンがあったと話題になっている。 ケンカっ早い主人公・国生宙(町田啓太)はある日、幹部自衛官・教育隊中隊長の八女純一(北村一輝)に声を掛けられ、自衛隊に入隊する。 そして陸上自衛隊を舞台に、若者たちが…

つづきを見る

夏ドラマ壊滅! クソドラマが史上最多の5作「本当に時間の無駄だ」

夏ドラマが軒並みクライマックスに突入しているが、視聴者からは「今期はクソドラマが多すぎ」との指摘が相次いでいる。 まず、今期ドラマの中でまごうことなきS級クソドラマと評価されているのが、綾野剛主演の日曜劇場『オールドルーキー』(TBS系)、永野芽郁×西島秀俊の『ユニコーンに乗って』(TBS系)、構想20年ドラマ『テッパ…

つづきを見る

『テッパチ!』防衛省“全面協力”なのに自衛隊要素ゼロ「脚本おかしいだろ」

9月7日、ドラマ『テッパチ!』(フジテレビ系)の第10話が放送された。防衛省全面協力のもと、相変わらず自衛隊に関係ない話が展開している。 ケンカっ早い主人公・国生宙(町田啓太)はある日、幹部自衛官・教育隊中隊長の八女純一(北村一輝)に声を掛けられ、自衛隊に入隊する。 そして陸上自衛隊を舞台に、若者たちが現実の厳しさ、夢…

つづきを見る

西島秀俊×永野芽郁でクソドラマ…『ユニコーンに乗って』まさかのオチにア然

俳優・永野芽郁が主演を務めるドラマ『ユニコーンに乗って』(TBS系)の第10話・最終回が、9月6日に放送された。最後まで西島秀俊の無駄遣いだったと話題になっている。 主人公・成川佐奈(永野)は5年前、大学に潜り込んで聞いた羽田早智(広末涼子)の講義をきっかけに、須崎功(杉野遥亮)ら仲間と共に3年前に起業し、教育系アプリ…

つづきを見る

“ちむどん”より酷い…構想20年ドラマ『テッパチ!』胸クソ脚本が大炎上

9月7日、ドラマ『テッパチ!』(フジテレビ系)の第10話が放送された。胸糞悪い展開で大炎上している。 ケンカっ早い主人公・国生宙(町田啓太)はある日、幹部自衛官・教育隊中隊長の八女純一(北村一輝)に声を掛けられ、自衛隊に入隊する。 そして陸上自衛隊を舞台に、若者たちが現実の厳しさ、夢や希望、友情や恋愛など、壁にぶつかり…

つづきを見る

『競争の番人』視聴率“だけ”良い謎現象…SNSは無風「誰もみてないだろ」

9月5日、坂口健太郎と杏がダブル主演する月9ドラマ『競争の番人』(フジテレビ系)の第9話が放送。どうやら最終回を目前にして〝失敗作〟だと確定してしまったようだ。 刑事の白熊楓(杏)は、ミスが原因で公正取引委員会審査局・第六審査へ異動させられてしまう。 そこには、天才で理屈っぽく、ひねくれ者の小勝負勉(坂口)など個性豊か…

つづきを見る