グッとラック!

『グッとラック!』小林麻耶の“代役”に不満噴出「モラハラのイメージ…」

元フジテレビアナウンサーの大島由香里が11月19日、情報番組『グッとラック!』(TBS系)に生出演した。 以前の木曜レギュラーはフリーアナウンサーの小林麻耶だったが、先週12日に同番組を欠席。その後、コメンテーターを降板することが発表された。 大島は18日に自身のブログを更新し、《明日朝8:00~9:55 TBS『グッ…

つづきを見る

フワちゃんにガッカリ!“小林麻耶の騒動”で保身に走る「中途半端だ」

情報番組『グッとラック!』(TBS系)を降板し、所属事務所との契約を突然終了した元TBSでフリーアナウンサー・小林麻耶。これについて、夫でタレントの〝あきら。〟は小林のYouTubeに登場し、大人の発言とは思えないような〝罵詈雑言〟で志らくや番組を批判しており、小林もイジメを訴えるなどカオスな展開になっている。するとつ…

つづきを見る

小林麻耶の“瞑想”生配信にドン引き「洗脳されてる感ヤバい…」

情報番組『グッとラック!』(TBS系)を降板し、所属事務所との契約を突然終了した元TBSのフリーアナウンサー・小林麻耶が11月13日、自身のYouTubeチャンネル『コバヤシテレビ局』を更新。ライブ配信で15分の〝瞑想〟を行い、ネット上をざわつかせている。 この日、小林は恒例となっている早朝からのライブ配信を開催。夫婦…

つづきを見る

小林麻耶“降板報道”は夫も関係していた!? 立川志らく糾弾動画が物議

フリーアナウンサーの小林麻耶が11月12日、木曜コメンテーターを務める『グッとラック!』(TBS系)を欠席。番組公式サイトの木曜レギュラー欄からも名前が消えており、彼女は「番組降板を言い渡された」と主張している。 同番組は10月29日放送回で、乳がん治療を中断して不妊治療を再開したタレント・だいたひかるを特集。MC・立…

つづきを見る

立川志らくが“坂上忍”を痛烈批判!?「バイキング見てたのかな…」

情報番組『グッとラック!』(TBS系)の総合司会を務める噺家・立川志らくが、同じく情報番組の総合司会・坂上忍を暗に批判したと話題になっている。 アメリカの大統領選挙について、一挙手一投足にわたり詳細に報じている日本の大手マスメディア。テレビ各局は24時間体制で選挙情報に右往左往し、MCやコメンテーターがコメントを述べて…

つづきを見る

母親がいない子どもは不幸!? 立川志らくの発言が物議「最低だわ」

フリーアナウンサーの小林麻耶が10月29日、『グッとラック!』(TBS系)に出演。「不妊治療」をめぐる問題で、MCの立川志らくと見識の違いを見せたことが話題になっている。 今回番組では、乳がん治療を中断し、不妊治療に取り組んでいるお笑い芸人のだいたひかるのインタビューを放送した。だいたの状況は、乳がんの治療のためには女…

つづきを見る

小林麻耶“『2ちゃん』創設者”にやつ当たり! 生放送で怒り爆発も呆れ声

フリーアナウンサーの小林麻耶が10月15日、『グッとラック!』(TBS系)に出演。ネット上の匿名での誹謗中傷問題について、涙ながらに私見を述べたところ、視聴者から戸惑いの声が多くあがっている。 コトの発端は、「ホリエモン」こと堀江貴文氏が起こした餃子店でのマスクの着用を巡るトラブル。番組の取材によると、トラブル以降、お…

つづきを見る

TBSアナ・国山ハセンに“モラハラ”疑惑!? 古い考え方に「恥ずかしいよ」

10月6日に放送された情報番組『グッとラック!』(TBS系)における、TBSアナウンサー・国山ハセンの〝モラハラめいた発言〟が物議を醸している。 この日、元テレビ東京アナウンサー・大橋未歩のインスタグラムが話題に。大橋は自身が料理好きであるとした上で、《料理は女性がするものと考える方にはドン引きします》と性別を切り分け…

つづきを見る

立川志らく『グッとラック!』追い出しへ? 新MC候補の人物とは…

9月8日、TBSがオンラインで10月期の番組改編説明会を行った。さまざまな番組のリニューアルが発表される中、注目されているのが朝の情報番組『グッとラック!』だ。 毒舌で人気の落語家・立川志らくがMCを務める同番組だが、28日からは『ロンドンブーツ1号2号』の田村淳が新レギュラーに加入。同局の編成部企画総括・三島圭太氏に…

つづきを見る

上地雄輔の”家事やらない”発言に賛否「奥様えらいな」「仕事の方が大変」

9月8日に放送された朝の情報番組『グッとラック!』(TBS系)に、俳優業もこなすアーティストの〝遊助〟こと上地雄輔がゲスト出演。その中で〝家事〟に対する独自の見解を示す一幕があり、ネット上で賛否の声が続出している。 今回の放送では、別番組でタレントのSHELLYが語った〝ゴミ出し論争〟の反響を受けて、放送作家の野々村友…

つづきを見る