コウノドリ

コウノドリ「出産子育てマニュアル」として大注目

10月27日に放送された連続ドラマ『コウノドリ』(TBS系)の第3話は、“産後うつ”という重いテーマを扱っていた。 無事に出産を終えたキャリアウーマンの母親が、生後2カ月半を迎える赤ちゃんの心室中隔欠損の診察のため、新生児科を訪れる。診察しているあいだ、赤ちゃんの顔を見ずに自分の仕事復帰の話をする母親を見て、新生児科医…

つづきを見る

綾野剛と星野源「コウノドリ」の白熱の議論に大きな反響

現在放送中の連続ドラマ『コウノドリ』(TBS系)は、何と言っても綾野剛と星野源の掛け合いが見どころだ。10月20日放送の第2話では、母体を助けるか、赤ちゃんを助けるか、という難しい判断がテーマになっていた。 診察に来た妊娠19週の妊婦に、産婦人科医の鴻鳥サクラ(綾野)は「赤ちゃんは順調だが、子宮頸部腺がん」だと伝える。…

つづきを見る

「コウノドリ」が抱える惜しいポイント3つ

10月13日からスタートした連続ドラマ『コウノドリ』(TBS系)は、2015年に放送されて話題を呼んだ“出産”をテーマにした医療ドラマの第2シリーズだ。今作では前シリーズの1年半後が描かれる。 同ドラマは、患者に寄り添う産婦人科医と天才ピアニストというふたつの顔を持つミステリアスな主人公、鴻鳥サクラを綾野剛が演じている…

つづきを見る

星野源「コウノドリ」第2弾も前作との違いに心配の声

10月13日にスタートする連続ドラマ『コウノドリ』(TBS系)の特別試写が東京都内の映画館で行われ、主演の綾野剛、俳優で歌手の星野源らが登壇した。 コウノドリは週刊漫画誌『モーニング』(講談社)で連載中の鈴ノ木ユウ氏が描く漫画が原作で、2015年10月クールに一度ドラマ化している。産婦人科医療の現場をリアルに描き、人気…

つづきを見る