コンフィデンスマンJP

コンフィデンスマンJP最終回「だまし演出」が思わぬ問題に!

連続ドラマ『コンフィデンスマンJP』(フジテレビ系)が6月11日に最終回を迎えた。視聴者をもだます展開で、ドラマの内容は高く評価されていたが、だまされた視聴者は先週告知された映画化まで「罠ではないか」と疑念と疑惑の声が出ている。 最終話は佐藤隆太がゲスト出演し、ダー子(長澤まさみ)、ボクちゃん(東出昌大)、リチャード(…

つづきを見る

一度もふた桁視聴率ない「コンフィデンスマンJP」なぜ映画化?

6月11日に最終回を迎える長澤まさみ主演のフジテレビ“月9”ドラマ『コンフィデンスマンJP』が映画化される。4日放送の第9話の最後に発表があった。最終話の予告が終了した直後に、《コンフィデンスマンJP 映画化決定!》のテロップが表示され、番組の公式ツイッターでも映画化が告知されている。 #コンフィデンスマンJP 映画化…

つづきを見る

小ネタ攻勢も空振り?「コンフィデンスマンJP」の視聴率危機

長澤まさみ主演のフジテレビ“月9”ドラマ『コンフィデンスマンJP』が、5月14日放送の第6話で平均視聴率8.2%、21日放送の第7話で同8.9%と停滞している。このままではふた桁視聴率は夢のまま終わりそうな気配だ。 「今回の月9には当初から『ゲストに金を惜しげもなく使う』という噂が出ていました。実際に第7話には中尾明慶…

つづきを見る

長澤まさみ「月9ドラマ主演」に特別な気合いを入れる理由

長澤まさみ主演のフジテレビ“月9”ドラマ『コンフィデンスマンJP』が、初回の平均視聴率9.4%から第2話で同7.7%に下がったことで心配されて以降、第3話9.1%、第4話9.2%、第5話9.3%とふた桁に迫る勢いを見せている。 「第2話の数字を見たとき、『長澤でもだめか…。このまま“月9”も打ち切りだ』と、フジテレビ局…

つづきを見る

コンフィデンスマンJP「ゲイで笑い取るな」演出に批判

4月30日に連続ドラマ『コンフィデンスマンJP』(フジテレビ系)の第4話が放送され、演出を批判する意見が出ている。 この日のゲスト出演者は佐野史郎で、うなぎを国産と偽る食品会社の社長役を演じた。今回は会社の悪事を暴くために長澤まさみの演じるダー子らが奮闘。会社にまつわる映画を制作するなかで告発することに成功した。 佐野…

つづきを見る

長澤まさみ「コンフィデンスマンJP」の視聴率が乱高下する謎

長澤まさみを主演に起用したフジテレビ“月9”ドラマ『コンフィデンスマンJP』が、初回平均視聴率9.4%、2回目同7.7%、3回目同9.1%とアップダウンを繰り返している。 「2回目で2ポイント近く下げたときは、一体どこまで下がり続けるのかと、現場は半ば諦めムードだったといいます。しかし3回目でまた9%台に戻したことで、…

つづきを見る

「月9ドラマ」長澤まさみで失敗のあとは上戸彩で最後の勝負?

先ごろ一部のスポーツ新聞が、今年の7~9月期のフジテレビ“月9”ドラマに、女優の上戸彩の出演が内定したと報じた。 フジテレビの連続ドラマを代表する放送枠である“月9”は現在、長澤まさみが主演する『コンフィデンスマンJP』を放映中だが、初回の平均視聴率は9.4%と最初からふた桁を割り込んだ。4月16日放送の第2回では、い…

つづきを見る

長澤まさみ「コンフィデンスマンJP」が低視聴率でも問題なし

長澤まさみ主演の“月9”ドラマ『コンフィデンスマンJP』の初回放送が4月9日にあり、平均視聴率は9.4%だった。ふた桁に届かなかったことで早くもあちらこちらで「長澤でもダメなのか」という声が出ている。 「いま、フジテレビの“月9”は10%割れが常識になっています。そのため、満を持して人気者の長澤を起用したのですが、長澤…

つづきを見る

長澤まさみでもダメ!「月9凋落」数字が示すフジテレビ離れ

長澤まさみ主演の“月9”ドラマ『コンフィデンスマンJP』(フジテレビ系)の第1話が4月9日に放送され、初回の平均視聴率は9.4%(ビデオリサーチ調べ=関東地区)だった。 このドラマは、長澤の演じる“ダー子”、東出昌大演じる“ボクちゃん”、小日向文世演じる“リチャード”の3人が、信用詐欺師(コンフィデンスマン)となり、悪…

つづきを見る

東出昌大「棒な感じ」月9演技にザンネンな評価

4月9日にフジテレビの月9ドラマ『コンフィデンスマンJP』がスタートした。主演の長澤まさみの脇を固める東出昌大のルックスが評判となっている一方で、肝心の演技の出来には疑問符が付いている。 このドラマは長澤の演じる“信用詐欺師”が金融業者、キャビンアテンダント、芸能人ら、さまざまな業界人に変身しながら金をだまし取っていく…

つづきを見る