ゴルフ

観客が減り続ける国内ゴルフで起死回生の奇策!?

国内の女子ゴルフLPGAツアー『樋口久子 三菱電機レディスゴルフトーナメント』は、大会最終日が荒天の影響で中止になり、第2ラウンド終了時点が最終成績とされた。主催側は2週連続となった荒天中止に「これでまた、ギャラリーが集められなかった」と肩を落としていたが、初日に起死回生のヒントがあったという。 「アン・シネの“ご指名…

つづきを見る

ゴルフ東京五輪コーチを要請された宮里藍の指導方針は?

先日引退したゴルフの宮里藍が、東京五輪で日本代表のコーチに要請されるという。 「リオデジャネイロ五輪でコーチを務めた丸山茂樹プロも引き続きコーチを務める方針です。宮里が引退を表明した直後から、日本ゴルフ協会などがその知名度や海外で戦ってきた経験を生かしてしてほしいと、コーチ就任の可能性を探っていました。引き受ける意向も…

つづきを見る

松山英樹と石川遼が抱える「明」と「暗」

ゴルフの石川遼と松山英樹は今季のツアー成績で明暗を分けたが、ラウンド外ではともに“暗”のようである。 アメリカPGAツアー1部からの落選が決まった石川は、来季について「日本のトーナメントにも出場したい」と語っていた。しかし、日本をホームグラウンドにするつもりはない。PGAツアーへの未練も口にしていたが、1部復帰は並大抵…

つづきを見る

石川遼の弟・航「プロ入り」躊躇の理由

プロゴルファーの石川遼は現在。来季のPGAツアー出場権をかけた入れ替え戦で奮闘中だ。全4試合を終えて25位以内ならばツアー1部に残留だが、第3戦終了時点で33位。残り1試合で順位を上げなければならない状況に陥っている。この石川の苦戦は、進路問題に揺れる高校3年生の弟、航(わたる)にも影響していた。 「航は国内のアルファ…

つづきを見る

石川遼意気消沈で「入れ替え戦」苦戦

プロゴルファーの石川遼がアメリカのPGAツアーの入れ替え戦で苦戦をしている。 石川は今季、PGA1部の20試合に出場したものの、予選通過は8回のみで、1部残留に必要なポイント数が確保できず、2部ツアーとの入れ替え戦に回ることになった。 「入れ替え戦は全部で4試合あり、その初戦で石川は50位と散々な結果でした(現地時間9…

つづきを見る

宮里藍現役最終戦決定「引退後」の生活は…?

今季限りでの引退を表明している女子プロゴルファーの宮里藍が先ごろ、現役最後となる試合を今季メジャー最終戦のエビアン選手権(9月14日開幕/フランスのエビアン・リゾートGC)に決めたとブログで発表した。これに関して日本のゴルフ関係者は苦笑いしている。 「宮里が引退を表明した直後にあった6月の国内ツアーのサントリーレディー…

つづきを見る

松山英樹の「強さの秘密」をアメリカメディアが分析

松山英樹が全米ゴルフ界の頂点に立とうとしている。 2016-17年のアメリカツアーポストシーズンが8月24日に開幕した。これはアメリカツアーの年間王者を決めるもので、4試合が行われる。ランキングの125位までが出場できる脱落式で、最後のひとりに残ればボーナス1000万ドル(約11億円)が付与される。下馬評通り、現在ラン…

つづきを見る

宮里藍に「引退前に出場を」各大会主催者が懇願中

女子プロゴルファーの宮里藍が“引退特需”に悩まされているようだ。 「国内大会の主催者からの出場オファーが殺到しています。でも、海外メジャー優勝の目標は失っていないので、できれば海外ツアーに集中したいと思っているようです」(専門誌記者) 国内大会からのオファーが殺到したのは、宮里の人気にあやかりたいとの思いもあるだろう。…

つづきを見る

米メディアが「全米OP2位」松山英樹より石川遼に注目した理由

先月行われたゴルフの全米オープンで、松山英樹が日本人史上最高となる2位を記録した。しかし、アメリカのメディアは松山よりも石川遼を大きく扱っていた。石川は同大会で本大会に進めなかったにもかかわらずだ。 「最終日の松山は14位タイからのスタートで、猛チャージをかけての2位でした。初日にスコアを崩して出遅れたのが悔やまれます…

つづきを見る

石川遼が米ツアー予選落ち直後に漏らした衝撃的な言葉

男子プロゴルファーの石川遼は、松山英樹、池田勇太らと共に、6月4日が最終日のPGAツアー『ザ・メモリアルトーナメント』(オハイオ州)に挑戦したが、予選落ちだった。そして、そのラウンド後の会見ではいつもと様子が違ったという。 「これまでの石川は、予選落ちを重ねても、前向きというか、ポジティブな発言が多かったのですが…」(…

つづきを見る