サッカー

スペイン、豪州…本田圭佑が移籍を模索するチーム名

本田圭佑の“強気の逆オファー”は、オーストラリアリーグのクラブがレギュラーを保証したからか…。 サッカーのイタリアリーグ、セリエAのACミランに所属する本田圭佑が、移籍に向けて動き出したという。日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督も、ACミランで出場機会をなくしていた本田に対して、試合感覚が鈍るのを懸念し、何度も移籍を…

つづきを見る

浦和レッズ森脇良太「差別発言」曖昧な裁定

サッカーJリーグの浦和レッズに所属する森脇良太が、5月4日の鹿島アントラーズとの試合中に、鹿島の選手に対し「口がくさい」と発言した件で、Jリーグは森脇を2試合出場停止の処分を下した。一応の決着がついたのだが、いまだに森脇と浦和に対しての批判の声は沈静化していない。 その理由として、森脇が過去にもそうした言動を行っていた…

つづきを見る

長友佑都の劣化で平愛梨に「サゲマン」疑惑

今年1月にサッカー選手の長友佑都と結婚した平愛梨に、よくない評判が出ている。長友のサッカー人生が、平と交際を始めてから暗転しているためだ。先日も、敗戦を決定づける失点に絡む大きなミスを犯してしまった。妻にかけられた疑惑を晴らすためにも、長友の奮起が期待されている。 “アモーレ婚”として世間から祝福された長友と平だが、幸…

つづきを見る

本田圭祐にJリーグ復帰の可能性浮上

イタリアサッカーリーグのセリエAでACミランに所属し、ロシアワールドカップ(W杯)のアジア最終予選を戦う日本代表で欠かせない戦力となっている本田圭佑に、Jリーグ日本復帰の噂が出ている。 本田は現在、ACミランでレギュラーを確保できていない。今季の出場は、わずか6試合で計131分にとどまっている。この状況を見たサッカー日…

つづきを見る

JFA会長巻き込み捲土重来を窺う「なでしこジャパン」の多難

サッカーの女子日本代表『なでしこジャパン』の高倉麻子監督は、4月9日に熊本県のえがお健康スタジアムで行われた、キリンチャレンジカップのコスタリカ代表戦に3-0で快勝した。 「熊本震災から1年が経った同地へのエール、そして世界に“熊本は元気”だとアピールする目的もありました」(専門誌記者) この試合には、日本サッカー協会…

つづきを見る

中村俊輔の移籍がきっかけで「合コン禁止令」に

Jリーグの横浜F・マリノスに所属し、チームの顔を長年勤めていた中村俊輔が、今季開幕前にジュビロ磐田へ移籍をし、その磐田はここまで1勝1敗1分けと、J1残留争いに巻き込まれた昨季と比べて、まずまずのスタートを切っている。3月11日の大宮アルディージャ戦では、中村がフリーキックでゴールを決め、自身の持つJ1最多の直接フリー…

つづきを見る

「DAZN」によってファンが阿鼻叫喚に陥ったJリーグ開幕

2月25日にサッカーのJリーグが開幕した。ファンやサポーターはこの日を待ち望んでいたのだが、試合中継を楽しみにしていた人々は悲鳴をあげることになった。その原因は、今季からJリーグの試合中継を独占解約した動画配信サービス『DAZN(ダ・ゾーン)』の不備が原因だ。 DAZNはイギリスのパフォームグループが提供するスポーツ専…

つづきを見る

サッカーJリーグ中継のカメラ増で困るのは「審判ではなくて選手」の声

2月25日、サッカーJリーグが開幕する。今季から新たに放映権契約を交わしたイギリス動画配信大手パフォーム社のサービス『DAZN(ダ・ゾーン)』によって、中継カメラ数が従来に比べ大幅に増える予定だ。迫力のある映像が期待できるが、サッカー関係者は「選手の本性が暴かれるかも」とこぼす。 「まずは審判のミスジャッジが少なくなる…

つづきを見る

サッカーW杯出場国数増加で生まれた構想「日中韓共催」

サッカーFIFAワールドカップ(W杯)は2026年開催の大会から出場国数が32から48に増えることが決定した。 欧州は反対だったが、日本は賛成票を投じた。この拡大案に、日本サッカー協会はある“野望”を重ねていた。2回目の国内W杯開催を狙っているのだ。 「2002年は日韓共催大会でした。日本は単独開催を狙っていましたが、…

つづきを見る

1月に移籍をしなかった本田圭佑と長友佑都のラストチャンス

サッカー日本代表に常連として招集されている本田圭佑と長友佑都が、所属チームのスタメンから名前を消して久しい。こうした状況にバヒド・ハリルホジッチ監督は「試合に出られるチームへ移籍しろ」と伝えていたが、欧州リーグの移籍可能期間は1月末で終了してしまった。そのため、今季が終了する5月までは、本田も長友もいまのチームに残留す…

つづきを見る