サッカー

本田圭佑「代表招集」に賛否両論渦巻く

6大会連続のワールドカップ(W杯)出場を決めたサッカー日本代表。これから本大会へ向け、バヒド・ハリルホジッチ監督はメンバーの選考と代表強化のスケジュールに入る。そこで関心が高まるのが、代表をけん引してきた本田圭佑の処遇だろう。 アジア最終予選のホーム・オーストラリア戦では試合に出場できず、ベンチを温めた。その後のW杯出…

つづきを見る

W杯決めたハリルホジッチ監督に「解任論」出た理由

サッカー日本代表が2018年に開催されるワールドカップ(W杯)ロシア大会出場を決める勝利を収めたアジア最終予選のオーストラリア戦後、記者会見に臨んだバヒド・ハリルホジッチ監督は意味深な発言をした。 「もしかしたら残るかもしれない。もしかしたら残らないかもしれない」 6大会連続の出場決定を誇るかと思いきや、なぜか自身の進…

つづきを見る

試合解説まで!? 小柳ルミ子がサッカー知識豊富な理由は…

小柳ルミ子が7月15日に放送された『Jリーグワールドチャレンジ2017 浦和VSドルトムント』(フジテレビ系)で、副音声ながら解説を担当した。その際に。12年間つづってきたA4版100冊以上の“自作観戦ノート”をもとに、「サッカーはただクソ真面目にやってもだめ。ずる賢くないと。サッカーは人生の縮図、社会の縮図、人間関係…

つづきを見る

本田圭佑が新天地のメキシコでゴール!W杯予選にも期待

サッカーのイタリア1部リーグのACミランからメキシコのパチューカへ移籍した日本代表の本田圭佑が。デビュー戦でゴールを決めた。 8月22日にホームで行われた第6節ベラクルス戦で、ベンチスタートだった本田は58分から途中出場。73分にカウンターの場面で左サイドから縦へ抜けると、ペナルティーエリア外から左足でグラウンダーのシ…

つづきを見る

Jリーグで「違う選手を退場」させる大誤審

8月16日に行われたサッカーJ2のFC町田ゼルビア対名古屋グランパスの試合でとんでもない誤審があった。 「3-3で迎えた87分に、相手ゴール前へ抜け出そうとした名古屋MF青木亮太が、町田DF深津康太と奥山政幸に挟まれる形で倒されました。これを見た家本政明主審はレッドカードを提示しました。この流れであれば、レッドカードは…

つづきを見る

サッカー・ブラジル代表ネイマール「290億円移籍」の舞台裏

世界のサッカー界でとんでもないビッグマネーでの移籍が成立した。 今夏のヨーロッパの移籍市場で、ブラジル代表選手のネイマールが、所属するスペインのバルセロナからフランスのパリ・サンジェルマン(PSG)へ移籍を果たした。発生する契約解除に伴う違約金は2億2200万ユーロ(約290億円)にも及ぶとみられる。 「移籍金で小さな…

つづきを見る

上西小百合議員の「炎上政治」浦和レッズの次はFC東京が標的に…

サッカーJリーグのFC東京に所属する石川直宏が、現役引退を発表した。アテネ五輪のU-23日本代表に選ばれ、Jリーグ通算で300試合以上出場して49得点を挙げた一流プレーヤーだ。近年は怪我の影響もあり出場機会が減っていたが、彼のレプリカユニフォームを着てFC東京の応援に行くサポーターも少なくない。 「石川は引退することを…

つづきを見る

V・ファーレン長崎の「観客数水増し発表」が発覚した理由

サッカーのJリーグでJ2に所属するV・ファーレン長崎が、2015年から今季序盤までのホーム開催試合で、スタジアム入場者数を約2万4000人あまり水増しして発表していたことが発覚した。Jリーグの村井満チェアマンは、けん責と制裁金300万円を科す処分を発表。通販大手のジャパネットホールディングス(長崎県佐世保市)創業者で、…

つづきを見る

本田がメキシコリーグで活躍する可能性は?

サッカー日本代表の本田圭佑の新天地が、メキシコの名門チームであるパチューカに決まった。7月14日に本田が自身のインスタグラムとツイッターで発表した。 ACミランとの契約が6月30日に満了して以来、本田は無所属で移籍先を探している状態だったが、“集大成”と位置付ける来年のワールドカップロシア大会(W杯)に向け、北中米カリ…

つづきを見る

満足な結果のでない高倉なでしこ「澤穂希待望論」に拍車

元女子サッカー選手の澤穂希が、古巣であるINAC神戸の試合(7月2日=対マイナビ仙台)を観戦した。その隣には女子代表の高倉麻子監督の姿もあった。 澤は1月に誕生した長女を抱っこし、完全にリラックスムード。しかし、高倉監督はそうではなかった。ふたりの再会には“裏”がありそうだ。 「なでしこジャパンは6月の国際親善試合で、…

つづきを見る