サッカー

『高校サッカー』本田望結“応援マネ”起用に疑問「売り出し枠なのに…」

フィギュアスケーターで女優の本田望結が、1月11日に自身のインスタグラムを更新。16代目応援マネージャーを務めた『第99回全国高等学校サッカー選手権大会』について熱い思いを語った。 本田は《選手の皆様、ご家族、各御関係者の皆様、お疲れ様でした。選手の皆様の最後の最後まで諦めない強い気持ち自分を信じ、そして何よ…

つづきを見る

原幹恵“9時間デート報道”は復帰への布石!? ネット上で憶測広がる…

元サッカー日本代表で『浦和レッズ』の柏木陽介と、元グラビアアイドルの原幹恵が親密デートしていたと11月6日付の『FRIDAY DIGITAL』が報じている。 柏木はイケメンMFとして、チームの中心選手として活躍。2016年3月に、元TBSアナウンサーの佐藤渚と結婚し、今年3月には第一子となる男児が誕生していた。 一方の…

つづきを見る

『ベガルタ仙台』解散危機!?“隠蔽体質”発覚で宮城県民&サッカーファン大荒れ

10月20日発売の『週刊FLASH』にて、サッカーJ1『ベガルタ仙台』の道渕諒平が、傷害容疑で逮捕されていたと報じられた。その後の対応をめぐって、チームの〝隠蔽体質〟も明らかとなり、ネット上で激しいバッシングが巻き起こっている。 報道によると、道渕と交際していた女性が、110番通報したことで事件が発覚。女性は2019年…

つづきを見る

『ベガルタ仙台』“DV騒動”被害者女性は誰!? ネット上からは同情の声…

サッカーJ1『ベガルタ仙台』のMF・道渕諒平が、交際相手の女性に暴行したとして、9月7日に傷害罪容疑で逮捕されたことを、ネットメディアの『Smart FLASH』が報じている。 記事によると道渕は、2019年5月、大手芸能事務所に所属するタレント・H美さんとSNSで知り合い、1カ月後に交際に発展。当初は順調に交際してい…

つづきを見る

『やべっちF.C.』最終回で思わぬハプニング!?「違和感しかない…」

18年以上にわたって日本サッカー界を盛り上げてきた長寿番組『やべっちF.C.』(テレビ朝日系)が、9月27日をもって終了。最終回の放送には大きな注目が集まったが、番組の終了間際に意外なハプニングが起こってしまったようだ。 『やべっちF.C.』は、日韓W杯が開催された2002年に始まった番組。『ナインティナイン』矢部浩之…

つづきを見る

本田圭佑が大胆イメチェン!“ガングロガンメッシュロン毛”に仰天の声

サッカー選手の本田圭佑が9月1日、自身のインスタグラムを更新。金髪メッシュを入れたヘアスタイルを公開し、ネット上では「昔のギャル男」「ムカつくがカッコいいわ」などと、称賛の声が上がっている。 カンボジア代表の実質的な監督として指揮を執る一方で、今年1月にブラジル1部『ボタフォゴ』に選手として加入するなど、二足のわらじを…

つづきを見る

明石家さんまに暴言!“サッカー選手の嫁”に批判「性格悪すぎ」「調子のるな」

8月18日放送の『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)に、プロサッカー選手・宇佐美貴史の妻、宇佐美蘭が登場。今回の企画のせいもあってか、配慮に欠けた発言が目立ってしまい、ネット上に批判の声が殺到していた。 この日の番組では、「強烈キャラ集結!! 関西妻が世の夫に物申すSP」と題した企画を放送。冒頭で早速、宇佐美は「関…

つづきを見る

『やべっちF.C.』が大炎上! サッカーファンを激怒させた理由とは…

6月28日深夜に放送されたサッカー情報番組『やべっちF.C.』(テレビ朝日系)が、当のサッカーファンの反発を招く構成で炎上してしまった。 同週の土日は、新型コロナウイルスにより中断していたJリーグ・J2が再開し、J3も開幕を迎えたサッカーファンにとって待望の日。番組も前日の放送では、再開と開幕に対しての期待をあおってい…

つづきを見る

本田圭佑の“顔面激変”に心配の声「目がヤバイんだけど…」「ヒドくなってる」

6月20日の深夜に放送されたサッカー番組『FOOT×BRAIN』(テレビ東京系)に、サッカー選手の本田圭佑が出演。ネット上では本田の顔の変わりように、心配の声が相次いでいる。 本田は2週にわたり出演予定で、今回が1週目の放送。ブラジルから緊急リモート出演し、番組MCの勝村政信、竹崎由佳アナウンサー、元サッカー日本代表・…

つづきを見る

『行列』ヒロミが紹介したエピソードに批判「胸クソ悪すぎる」

5月17日に生放送された『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)に、ゲストとしてタレントのヒロミが出演。過去に出演した番組のエピソードを語り、ネット上では批判の声が上がっている。 この日の番組では「消したい過去あります&生告白SP」と題し、出演者たちが消したい過去などを生放送で告白していくことに。ヒロミは「僕自身じゃ…

つづきを見る