サンデー・ジャポン

『サンジャポ』元櫻坂46・松平璃子がイタイ…?「ボロが出るの早すぎ」

11月7日放送の『サンデー・ジャポン』(TBS系)に、元『欅坂46』『櫻坂46』の松平璃子が出演。グループ卒業後初のテレビ出演だったが、幼稚な発言で視聴者から辛辣な声を浴びせられてしまったようだ。 この日の番組では、10月31日に投開票が行われた衆院選挙について特集。その中で政府与党が打ち出した「18歳以下の子どもや若…

つづきを見る

壇蜜『サンジャポ』でパニック状態に! 視聴者からもクレーム「鳥肌が…」

10月24日放送の『サンデー・ジャポン』(TBS系)に、タレントの壇蜜が出演。生放送中に〝パニック状態〟になるハプニングが発生し、視聴者を騒然とさせている。 同日の番組では、間近に迫った衆院選のニュースが取り上げられ、さまざまな会社が行っている選挙の〝見える化〟についても特集。議員の当選回数などを可視化したシステムが紹…

つづきを見る

カズレーザーが菅田将暉らを一刀両断!? 投票推進動画に「つまんない」

10月17日放送の『サンデー・ジャポン』(TBS系)に、お笑いコンビ『メイプル超合金』のカズレーザーが登場。投票期日を間近に控えた「第49回衆議院議員総選挙」の〝投票推進動画〟に苦言を呈し、ネット上で称賛の声が続出している。 同日の放送では「衆議院議員総選挙」について取り上げ、各党が若者世代の票を狙うべく行っているSN…

つづきを見る

木梨憲武“乱入芸”で再び炎上!「老害」「気の毒なくらい古い」

お笑いコンビ『爆笑問題』が司会を務める『サンデー・ジャポン』(TBS系)が、今年10月で21年目を迎えた。記念すべき10月3日の生放送では『とんねるず』木梨憲武が乱入するサプライズがあり、番組は大きな盛り上がりを見せることに。 通常どおり、ニュースを紹介し、『嵐』櫻井翔と相葉雅紀のW結婚について取り上げていった同番組。…

つづきを見る

『サンジャポ』宮本亞門の“パラ反対”に賛否「ド正論」「ダブスタ」

演出家の宮本亞門が、8月22日放送の『サンデー・ジャポン』(TBS系)に出演。コロナ禍で子どもたちに東京パラリンピックを観戦させることの是非について言及したが、ネット上では賛否の声があがっている。 この日、レギュラーコメンテーターのテリー伊藤は「パラリンピックは特別だと思う。なかなか普段、障害のある方と接することはでき…

つづきを見る

カズレーザーがEXITを完全論破!“小山田圭吾”擁護に「息の根を止めた」

東京五輪の開会式で、作曲を担当する小山田圭吾の過去の〝いじめ問題〟が大きな話題を呼んでいる。浅はかなコメントをした『EXIT』が批判にさらされる中、『メイプル超合金』カズレーザーが対照的に称賛を集めているようだ。 小山田は過去に、障害者の同級生に対して排泄物を食べさせたり、全裸にして自慰行為を強要する、マットレスで巻い…

つづきを見る

『サンジャポ』太田光のメディア批判に賛同の声!「至極真当なコメント」

7月11日放送の『サンデー・ジャポン』(TBS系)は、新型コロナウイルスの感染拡大に伴って東京都に発令された、4度目の緊急事態宣言について特集。司会の『爆笑問題』太田光がメディア報道へ苦言を呈し、視聴者の賛同を集めている。 この日の番組では、他のワイドショーと同じく新型コロナ関連の話題が中心に。さまざまなトピックが取り…

つづきを見る

『サンジャポ』ひろゆきが爆問・太田を完全論破!「世間と感覚がズレてる」

6月20日放送の『サンデー・ジャポン』(TBS系)に、2ちゃんねる(現・5ちゃんねる)の創始者で知られる西村博之(以下、ひろゆき)が出演。番組MCである『爆笑問題』太田光の〝フリ〟に見事に応え、番組に爪痕を残していた。 最近ひろゆきは、YouTube配信で視聴者からの質問にズバズバ回答する様子が注目を集めている。そこで…

つづきを見る

賛同続出!『サンジャポ』ひろゆきと爆問・太田が小池都知事をメッタ打ちに

6月6日放送の『サンデー・ジャポン』(TBS系)に、〝ひろゆき〟こと実業家の西村博之氏がリモート出演。司会の『爆笑問題』太田光と共に小池百合子東京都知事のコロナ対策を批判し、視聴者の賛同を集めていた。 この日、小池都知事が新たに打ち出した新型コロナ対策の「8時だヨ! 全員(みんな)かえろう」に関するニュースが取り上げら…

つづきを見る

太田光が楽天・三木谷会長の“矛盾”を指摘!「筋違いの批判」と物議

5月16日放送の『サンデー・ジャポン』(TBS系)で、東京五輪の開催を巡って議論が勃発。司会である『爆笑問題』太田光の発言が、ネット上で物議を醸している。 番組では、五輪開催にあたってアスリートが矢面に立たされている現状を取り上げた。太田は、アスリートへ五輪開催について意見を聞くことは「良いと思う」と賛同。しかし、イン…

つづきを見る