スタジオジブリ

ジブリ最新作『アーヤと魔女』大爆死!「世界最強の駄作」と酷評続出…

スタジオジブリの最新作『劇場版 アーヤと魔女』が、8月27日から全国で公開。しかし同作の幸先はあまりよくないようだ。 「アーヤと魔女」は、巨匠・宮崎駿監督の息子である宮崎吾朗がメガホンを取った作品。ダイアナ・ウィン・ジョーンズのファンタジー小説を原作にした映画で、主人公のアーヤが魔女のベラ・ヤーガとの暮らしを通じて、成…

つづきを見る

金ロー『猫の恩返し』EDカットに批判! 空いた時間で謎の「ジブリヒロイン特集」

「見どころはエンディング」と評されることも多いジブリ映画『猫の恩返し』。8月20日の『金曜ロードショー』(日本テレビ系)で同作が放送されたのだが、いつも通りの暴挙で視聴者を悲しみの底に突き落としていた。 「猫の恩返し」といえば、シンガーソングライター・つじあやのの名曲『風になる』と共に語られることの多い作品。しかし「金…

つづきを見る

『金ロー』“ジブリ”をカットして放送!? 「不穏な予告」にファンから落胆の声

8月の『金曜ロードショー』(日本テレビ系)のラインナップが発表されたが、その放送スタイルをめぐって、さっそく落胆と怒りの声があがっている。 8月は毎夏恒例の〝ジブリ祭り〟ということで、今年も3週連続で『スタジオジブリ』の作品がオンエアーされる。8月13日は『もののけ姫』、8月20日は『猫の恩返し』、8月27日は『風立ち…

つづきを見る

金ロー『ゲド戦記』の“検索関連ワード”がヤバすぎる…「私だけじゃなかった」

4月9日の『金曜ロードショー』(日本テレビ系)にて、スタジオジブリのアニメ映画『ゲド戦記』が放送された。宮崎吾朗監督による渾身の一作なのだが、視聴者からは困惑の声が殺到。「ゲド戦記」の検索補助ワードが、とんでもないことになってしまった。 「ゲド戦記」の原作は、宮崎駿監督も多大な影響を受けた世界的なファンタジー文学の傑作…

つづきを見る

金ロー『ハウルの動く城』物語序盤の“伏線”に感動「号泣」「最高すぎんか?」

4月2日の『金曜ロードショー』(日本テレビ系)は、『スタジオジブリ』の大人気アニメ映画『ハウルの動く城』をノーカット放送。地上波で放送されるたびに話題を呼ぶ同作だが、今回で作品の伏線に気づいた視聴者が多く、ネット上で盛り上がりを見せている。 同作は、荒地の魔女の呪いで90歳の老婆に姿を変えられてしまった少女・ソフィーと…

つづきを見る

ゲド戦記の悪夢再び!? 年末アニメ『アーヤと魔女』に不安しかない理由

宮崎吾朗監督の最新作で、『スタジオジブリ』としては初の全編3DCG制作となる長編アニメーション『アーヤと魔女』が、12月30日にNHK総合で放送される。 同アニメは、自分が魔女の娘とは知らずに育った少女・アーヤが、ある日、奇妙な家に引き取られ、そこで意地悪な魔女と暮らすことになったことから始まる物語。今年6月にカンヌ国…

つづきを見る

鬼滅の刃vsジブリ!? 歴代興行収入ランキングを巡って議論が白熱

10月16日の公開以降、躍進を続けている『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』。興行収入が『スタジオジブリ』の『千と千尋の神隠し』に迫っていることもあり、ネット上では、ファン同士が仁義なき戦いを繰り広げているようだ。 11月24日、『鬼滅の刃』の公式ツイッターが、「無限列車編」公開から39日間の観客動員数と興行収入を発表。観…

つづきを見る

金曜ロードSHOW!『コクリコ坂から』のEDカットに激怒「情緒も余韻もない」

8月21日の『金曜ロードSHOW!』(日本テレビ系)は、スタジオジブリ作品で〝感動の名作〟と名高い映画『コクリコ坂から』を放送。しかし、エンディングがまるまるカットされるという編集が施され、視聴者たちからのブーイングが殺到している。 前週に放送された映画『となりのトトロ』を皮切りに、3週間連続でジブリ作品を放送する夏の…

つづきを見る

『金曜ロードSHOW!』放送予定作品に辛辣…「何やこのくそラインアップ」

来る夏本番に向けて『金曜ロードSHOW!』(日本テレビ系)のラインアップが発表されたのだが、ネット上では「弱過ぎる!」と嘆く声が上がっている。 それは以下の通り。 7月17日『今日から俺は!スペシャル』 7月24日『ジュラシック・ワールド/炎の王国』 7月31日『聲の形』 8月 7日『打ち上げ花火、下から見るか?横から…

つづきを見る

ジブリ映画と新海誠映画の「エロ」についての比較ツイートに共感の嵐

アニメ映画のヒットメーカーといえば、『風の谷のナウシカ』や『となりのトトロ』を生み出したスタジオジブリを思い浮かべる人も多いと思われる。最近では、『君の名は。』や『天気の子』で知られる新海誠監督を推す人も多いだろう。 その2者の〝エロ〟について触れた、あるツイッターユーザーの投稿が、「ものすごく共感できる!」などとして…

つづきを見る